銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

001 ~日常の終わり~

 聞き慣れた朝の喧噪、その中に快活な元気のよい声が響く。

 「おっはよー!! ミコチー!! 今日もかわいいねぇ~」

 自然と視線は声のほうへ向く。
 そこには──
 栗色のショートヘアにほどよく実った双丘。
 くりくりとした愛護心をかき立てる目、童顔といって差し支えないあどけない顔をした少女が立っていた。

 「ああ、おはよ。 愛菜マナ──て、かわいいっていうな!!」

 彼女の名前は"白詰シロツメ愛菜マナ"俺の幼馴染みだ。

 その容姿から俺たちのクラス──2ーC──でマスコットキャラとして扱われ、男女問わず愛されている美少女だ。

 「そうよ、愛菜。ミコトくんはこれでもれっきとした男の娘なんだから」

 と愛菜の後ろにいた少女がフォロー?をいれる。

 「おい柊、これでもってなんだよ。」

 彼女の名前は"ヒイラギ リン"。
 愛菜の親友で、実家は俺がお世話になっている柊流剣術道場を営んでいる。
愛菜とは対照的に、肩まで伸ばした艶のある黒髪のポニーテールに、鋭さと優しさが同居するキリッとした目。
 胸は控えめながらもその引き締まった体は抜群のプロポーションを形作っている。
 かわいいというよりはカッコイイと呼ばれる部類の美少女だ。
 また、女子からの人気がすごく、一部には〈お姉さま特選隊〉なるものがあるらしい。

 「そうだよ。凛、命は確かに可愛いけどはないんじゃないかな?」

 と、俺にズレた同調の意を示してくれた、気のいい少年の名は"三橋ミツバシ天哉テンヤ"茶髪のイケメンだ。
 とにかくイケメンだ。なにがイケメンって、運動、勉学共に優秀で、校内テストでは常に上位にいる。
 それでいて性格も超がつくほど善良で、男友達の少ない俺にとって唯一の小学校からの親友だ。

 「ん~? なんのこと?」

 柊め、白々しい。

 「それはそうとミコチー? 今日は髪くくってきたんだね」
 「ああ? ワルいかよ?」
 「いんや、ぜんぜん。むしろいい♪」

 愛菜、サムズアップしてんじゃねえ。

 「確かに、銀髪が映えるね」

 天哉が俺の髪を弄りながらいう。

 「うるせー。そろそろ席座れよ。チャイムなるぞ」

 周りをみればほとんどの生徒が教室におり、いないのは不登校の生徒や遅刻の常習犯だけだった。

 「ほんとだ。ミッチー、ヒイちゃん、席もどろっか?」
 「そうだね」
 「ええ」

 愛菜の言葉でそれぞれ席に戻っていった。
 はあ、やっと戻ったか……ん?なんか眠くn───

『うっわ~~。スッゴイ!! 綺麗な髪!! よし! おにーさん、君に決めた!!』

 ─────脳内にエコーする巫山戯ふざけたセリフを最後に、俺は意識を手放した。

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く