話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生しました。しかし、水でした。

狂乱さん

ただいま、そして回復実験

「そ……んな…………私達の御山に…………何が!?」

とりあえず俺達が通る所のみを解除した

「!?」

「あの雨が私達を避けた!?いや、解除された?、分からない、あなた達は一体…………?」

「眠い、早くやること済ませて巣で寝る」

そして俺たちは巣に戻った

「お?クトゥルフじゃねえか?もう戻ったのか?」

「ああ、思いの外スムーズに済んだ」

「龍種!?」

「ほほう?それが行った理由か?だが何故人族、いや、エルフと獣人か?」

おやおや?流石にアイツラには誤魔化せんか?

「まぁな、今は俺の体の一部を使って無理やり光を反射させて特徴を見えなくしてる」

「あいっ変わらずデタラメだなお前は」

まぁ、この世界だとまだ物理法則は完全に解明はされてはいなさそうだしな

さて、研究室《巣で作らせてもらった部屋》に行くか

「こんな所に連れてきて何をする気?」

「妾をこのような汚らしい場所につれてくるでないわ!」

解除

「ふん、何故解除をするのだ?」

「魔法を試して結果がみえんだろ?」

魔法と言ってもオリジナルの奴でそこまで能力は無いが

「魔法構築…………完了、構築魔法陣に魔力を供給…………完了、『細胞覚醒リバイブ』」

「ッ!?わ、妾の切断された耳と尻尾が!?」

「ッ!?再…生魔法…………失われた秘術!?」

ちょっと何を言ってるか分からんがまぁいいか

そして、俺は魔物の肉を調理する事にした、何故って?あの魔法、使った相手のエネルギーを大量に消費するっていう、欠点があるんだよ

まぁ、ほとんど魔力使わないから助かるけど

料理自体は生前、まともな栄養取らないと何にも思い付きそうに無いので先に栄養士を取っていたので完璧だ

ってな訳で魔物『イノシシっぽいの』と街で買った野菜と米のありあわせ定食モドキの完成だ 

まぁ、大した事はして無いためどっちかというと…ステーキに付け合せの野菜と、米をつけただけだけど

「!?」

「ッ?美味しい…………」

「お前はこんな美味いもの作れたんだな」

「何故!?何故妾が城に居た時の!?あの宮廷の料理よりも美味なのだ!?」

日本人舐めんな

「しかし、クトゥルフは生前は博士だったのに、見た目はそうでも中身で博士には見えないよね」

うるさいやい、サラッと気にしてる事言うなし、いや、むしろそれが原因で俺は殺されたのか………

「貴方は…何者?」

「どういう意味?」

「貴方は…明らかに人間ではない……かと言って魔物の気配もしない……でも話の内容を聞く限り貴方は一度死んでいる、けどアンデッドでも無い…………何者?」

まぁ、流石にあのエルフ、いや、ポワレは気付くか

「転生者とだけ言っておこう」

「貴方の所でなら、魔法の深淵に触れられそうだ」

「どっちかというと液体の深淵だがな?」

まぁ、いい、早速明日には俺の魔法を封じやすい特徴を利用した新しい液体を試す、精々モルモットとして働いてくれよ?おっと本音が…………



「転生しました。しかし、水でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く