話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生しました。しかし、水でした。

狂乱さん

O☆HA☆NA☆SHI by勇者視点

最悪だ、よりにもよってあんな化物と出会うとは

「さてと、ちょっち質問させてもらうが、君は龍を殺す時に、相手の気持ちを考えた事はあるか?」

うぐっ!言い返せない

「復讐なら良いだろう、だが、相手にとってもそれが復讐ならどうだ?」

何も言えない…………

「要はお前たちは魔物の気持ちを考えずに殺してきた、つまりは人殺しと同じさ」

「ッ!?そ、それは違…………」

「違わないさ、人殺しも同じ、自分の事しか考えず、自分がやりたいから殺す、お前たちは、この世界の人は全てが罪人だ」

「…………」

言われてみれば確かにそうだ…………私達は、魔物の事情も考えず、依頼だから、お金が必用だからと無差別に殺してきた…………

「あとは言っておくが、人は欲だけで生きている」

「そ、そんな事は…………」

「まぁ聞け、無欲なんて物は存在しない、俺達が体を動かすのは何故だ?無意識にそこへ動かしたいと思ったからさ、じゃあ、人助けとは何だ?それはお前たちが助けたいという欲から存在する、自己満足だ!」

何も言えない…………何も考えたくも無い…………自分がただ欲求を満たすためだけに人助けを…………魔物殺しをしてきた事を…………

「っとまぁ、難しい話はお終いにしよう、さてと、俺も欲求を一つ満たすかね」

何をする気だ?欲…………!?

「ななな、何を…………」

「安心しろ、ただ俺は面白い物が好きでねぇ、俺を笑わせてもらおうか」

「と言う訳でルーレット!」

どこからともなく氷のルーレットが出てきた

ん?見せしめマスや装備全部没収は分かるけど……餌マス!?それにクトゥルフのお仕置きタイム!?

「さてと、装備全部没収はそのままの意味で森に放り出すけど、餌はそのままの意味で、見せしめは、身に着けているものを全て没収して、街に放り出すよ、大丈夫、大事な所は俺の霧で1時間は隠すから、あとはクトゥルフのお仕置きタイムはお楽しみ☆」

「え!?ちょっと待って!?」

「ホイ、針、それではスタート!」

始まってしまった…………

というかろくなの無い!?しかも一部死ぬ奴あるし!?

「えーい!もうどうにでもなれ!」

そして…

「大当たり!クトゥルフのお仕置きタイム発動だぁ!ふふふふふ」

「あ!?え!?ちょっと待っ…………」

そして私はクトゥルフの氷でまる一日氷漬けにされて、さらに最大まで服を濡らせれて、武器防具を全て没収されて、近くにいたアシッドスライム(酸性のスライム)の集落に放り出された

私は服の大部分を溶かされてから仲間に助けられた…

唯一の救いは助けてくれたのが助けてくれたのが私達の中で、唯一の女性陣である、魔女のアメリだった…………

「あの鬼畜博士!覚えておきなさい!」

「とりあえず毛布渡すので待っててください…」


そして私は散々な二日間を終えた


「転生しました。しかし、水でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く