話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生しました。しかし、水でした。

狂乱さん

氷結…………怒り、そして神からの干渉

どうやらここは魔物、獣人、魔人、竜人、人が存在する異世界のようだ、しかし、俺はそのうちのどれでも無いらしい。

そもそも神水とは、長い年月をかけて変化して、鉱石を触媒として、何かをコーティングや作り変える力を持つ不思議な液体らしい。

あのドラゴンが族長さんに話しをしたら、ここについて来てくれたらしい、そして、この世界の事を教えてくれた。

俺は"クトゥルフ"、あいつは"クトゥグア"の名前をもらった、何故邪神の名前なのかは突っ込みたいけどやめておいた。

族長曰く、これは魔物の英雄と呼ばれる者の名前で、素質ある者以外はつけてはならぬ掟があるらしい。

嬉しいけど微妙だな…………

そしてこの姿のまま、4年が過ぎた、そんなある日

「神水を見つけたぞーーー」

なんだなんだ?

「やったぞ!これで俺たちはこれで救われる!これさえあれば、俺たちの町をいくらでも繁栄させられる!」

なんか凄い欲が分かるな

「この水を売れば俺は億万長者に…………フハハハハハハ」

はいはいそこ、丸聞こえですよ

「この瓶に入れてや・・・はぁ!?なんで瓶から逃げれんの!?クソが!これじゃ売れねえだろう!」

やらせるかよ

「なら凍らせてやる!おい!こっち来い!」

はい?

「おうよ!ただ、神水はかなり凍りにくい、だから本気で魔法を撃つぞ!」

おいちょっと待て、避けれる自信無いぞ!ならば!

俺は水で出来た龍を作って咆哮で威嚇をした

「ギャオォォォォォォォォォォォォォォォス!」

「んなもん構うか!喰らいやがれ!吹雪ブリザード!」

「オラァ!絶対零度コキュートス!」

そして結果的には食らい切れず、キャパシティオーバーにより、俺は凍らされた

「やったぞ!これで回収出来る!」

「大丈夫か!クトゥルフ!」

あのドラゴン…………あの姿…………あの声はクトゥグアか!

「チッ!ドラゴンか!一旦逃げるぞ!」

そしてあの野郎共は逃げていった

クソ!溶けろ!と言うか動け!凍らされるだけでなんでここまで勝手が違うんだ!

「待ってろ!クトゥルフ!精霊憑依!イフリート!」

あいつの全身が炎に包まれ、俺に向かって熱線が出た、しかし俺の氷は溶けなかった…………

「クソ!これでどうだ!」

熱線の熱量が増えた…………しかし溶けない、おそらくはほとんどの効果を無効化しているのか、俺自身が!なんでだよ!これでは!フザケルナ!俺ノ研究ヲ!俺ノ友ヲ奪ッテイキヤガッタ!砕ケロ!砕ケロ!砕ケロ!砕ケロ!!!

《個体スキルの開放条件が揃いました。進化を開始します、状態異常の解除を開始…………成功しました、続いて、個体スキルの開放…………成功しました、個体名:クトゥルフは個体スキル:水神之怒クトゥルフを開放しました。次に進化先を提示します、選択してください》

《ウォータードラゴンorクリスタルブリザードドラゴンor水人or氷人》

どうやら人か竜かの選択肢が与えられたようだ、しかし体の決まったドラゴンや氷などは論外だ、ならば

《承認しました、神水を進化…………成功しました、個体名:クトゥルフは水人に進化を成こ・・・神からの干渉を確認、個体名:クトゥルフは水神へと進化を成功させました。》

はい?


「転生しました。しかし、水でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く