現代知識で異世界無双したかったよ……

リン

孤独の悪魔

大陸の最南端に位置する城。つい数年前まで魔王城と呼ばれていた廃れた城……そこに力なく横たわる黒い少女

「どうして……私だけがこんな目に……」

私を悪魔として創り出した魔王が憎くて仕方がない。私はただ人々と手を取り合って楽しく生きたいだけなのに……

悪魔払いの結界のせいで街に入ろうとする度にボロボロだ……なんとか入れたとしてもすぐに警備兵が来て私は一方的に攻撃される。今日なんて槍で左目を突かれた。回復力は高いからしばらくすれば治るけど……何故だろう……血じゃない、透明な液体が目から溢れて止まらない……これはなんていう症状なんだろう?

「うぅ……ぁぁあ…」

どれだけ考えようと、無知な私には分からなかった

……
………
…………

追い出されて何度目かの1人の夜、普段は静かな城に声が響き渡る

「おい!情報通りだ、やっぱりここに居たなぁ悪魔」

人間!?どうしてここに……まさか誰かにつけられてた?

「ははっ!なんだ、すげぇ美人じゃねぇの?ギルドに引き渡す前に食っちまおうぜ」

「あぁ、それもいいかもな。こいつ攻撃しても全然抵抗しないみてぇだし、悪魔って言っても大丈夫だろ」

食う?……どういう事?人間は悪魔を食べるの?

少しづつ2人の巨漢がにじり寄ってくる

「い、いや!」

つい男の手を力任せに払ってしまった

「あ?……」

男の右腕は肘から先が無くなっていた

「いぃ!……いってぇええ!」

「くそが!やっぱり悪魔は悪魔か……支給された封印剣使うぞ!」

謎の呪文が刻まれた鋭利な剣が肩に突き刺さる

あぁ、やはり私は罪深い存在なのか……

薄れゆく意識の中、悪魔は罪悪感に苛まれていた

……
………
…………

あれから、何年の月日が経ったのだろうか?

無知な私には分からないが魔王城が老朽化して崩れ落ち、魔力溜まりが形成されてダンジョンになるくらいだ。相当な年月が過ぎているだろう

もうこんな孤独は嫌だ。でも受け入れるしかない。自力で封印を解く事など出来ない……これは私が無知である事に対する罰なのだ

私の願いが叶う事など一生ない。それどころか願いを抱くことさえも罪深い

私は孤独……最後まで完成しなかった、でもたった1人の完全なる孤独の悪魔

「現代知識で異世界無双したかったよ……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く