現代知識で異世界無双したかったよ……

リン

レプリカブレイカー

「おい……てめぇ、この胸くそ悪りぃ空間はなんだ?あ?」

アイザックはすこぶる機嫌が悪かった。なぜなら……

「おい……てめぇ、この胸くそ悪りぃ空間はなんだ?あ?」

目の前の男は質問に答えるどころか、ずっとアイザックの口調を真似るだけ

「……」

アイザックは無言で目の前の男に刃を振るう

「うおっ!?危な!」

男はその刃を軽快な動きで回避する

「普通に喋れんじゃねぇかよ!殺すぞ!」

「いやぁ、私はモノマネが得意でしてね。ついつい披露してしまいました」

なんだ……このふざけた野郎は……即座に殺してぇ

「貴方も得意でしょう?モノマネ。だって貴方も私も偽物ですからねぇ」

「何が言いてぇ?」

偽物?俺は俺だ……死んでから、死神の力で生き返ったから別の体……とでも言いたいのか?

「私はモノマネしか出来ないただの人形、貴方は他人の因子でしか自分になれないただの器……ねぇ、そっくりでしょう?事実、この偽物しか入れない結界に貴方は存在している」

「………ハッ!何が言いたいのかと思えば、んなことかよ。たとえ中身が空っぽだろうが、器しかなかろうが、器は俺だろうが!」

やっぱり気に食わねぇ、殺すか

「偽物だなんだと、自分を本物と認めらんねぇとかやっぱり女神製は欠陥品ばっかりだな」

「貴方……我が神を愚弄するとは、いくら偽物仲間でも許せませんねぇ……偽物でも、本物に勝てるんですよ?」

そう言った途端、男の全身の皮膚が溶けるようにただれ、別の何かに形成されていく

「偽物?劣化コピーがほざくな、雑魚のくせに」

「俺は偽物だぜ、お前みてぇな格下と違ってなぁ」

同じ空間に、同じ顔をした男が2人……

……
………
…………

「くそっ!いつまで経っても決着がつかねぇぞ!」

俺とまったく同じ動き……俺がしようとする動きは全て読まれる。かと言って俺もこの野郎の動きは俺自身の動きだから、回避は簡単……頭がこんがらがってきた

「そりゃそうだろ…俺はお前で、お前は俺だ。他人が介入しねぇと終わらねぇ…だが、この結界には俺たち以外は入ってこれねぇ。偽物なんてそうそういねぇからなぁ!」
 
いや、俺には分かる……このままだと負ける。動きは同じでも、相手には相手の意思が見える…互いに体力を消耗すれば、気力の勝負だ。あっちの方が余裕がある分、敗北の線が濃厚だ

「さぁて、俺たち偽物同士の戦いを楽しも…」

刹那、言葉を遮り空間が轟音を立てながら割れる

「なっ!次はなんだってんだ?」

空間の裂け目から1人の男が歩いてくる

「みんなそれぞれ白い空間に入って行ったのに……僕だけ入れないから、力ずくで入らせてもらったよ」

その男は左右に剣を帯刀しているが、抜刀する気配はない

「同じ顔が2人……?ドッペルゲンガーが本物に成り代わろうとして戦ってるの?」

「「んなわけねぇだろうが!俺が本物だ!」」

その問いに2人同時に同じ発言をする

「「真似すんじゃねぇよ!くそが!」」

おいおい、このままじゃ間違って俺もやられちまうぞ

「まったく……道化の悪魔も君も…悪趣味な魔法だ。本当にうんざりするよ」

「ほへぇ?」

男が声を発し終わった頃には、すでに2人のアイザックのうち1人の首は地面に落ちていた

「……手刀だと……っていうかなんで俺が本物って分かった?」

男は軽い態度で答える

「まぁ……騎士の感……かな?」

クレイ・アルデバランは紛れもなく本物の騎士だった

「現代知識で異世界無双したかったよ……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く