現代知識で異世界無双したかったよ……

リン

死業之衆参戦!

「ベリアルさん!兵の配置終わったっす。ディラン王国の冒険者たちももう既に後方部隊として配置してあります」
 
「よし、ディーノ目標までの距離は?」

「だいたい5kmってところだな。あっちは中々の進軍速度だから衝突まで3時間ってところか……こっちも進軍すればの話だが」

よく5kmも先が見えるな……さて、オーディンの野郎は冒険者の指揮をしてっから騎士は俺が動かさなきゃならねぇ……クレイは遊撃だしな……

「ベリアル、ご主人がこっちに近づいてる。おそらく戦争に参戦するつもりだ……多分前に説明した仲間と一緒だから、個別行動するだろうけど」

「大丈夫だ。もうすでにジャンヌとその仲間が来ても攻撃するなって説明と指示は軍全体にしてある」

少し不安だったが、ジャンヌも参戦決定だな。戦争ならあいつの範囲攻撃は必要になる

よし、そろそろか……

「全軍に告ぐ!これより武装国家ヘラクレスとの交戦区域へと進軍を開始する。衝突次第、戦闘へと移行しろ!」

軍全体に緊張が走る

「進軍開始!」

……
………
…………

「おっ……激突したっぽい?」

なんで分かんの?

「なんで分かんだよ?」
「なんで分かるのー?」
「なぜ分かる?」

みんな同じ疑問浮かぶな

「俺は獣人だ。耳はいい……雄叫びとかすげぇ聞こえるし、多分激突したか、直前って感じ?」

「どうせなら、ド派手な登場したいよなぁ?」

何を言ってるんですかアイザックさん

「まぁ死業之衆カルマの初のメジャーデビューだからな」

城の破壊がメジャーじゃないと申すかジェノフさん

「颯爽と戦場に現れ、一撃で敵陣をめちゃくちゃにしたい」

入り乱れた戦場で味方を巻き込まないでそれをするのは無理だよアイギーナさん

「それこそ空でも飛んで味方を巻き込まぬ位置で敵の中央でも吹き飛ばせばいいのではないか?」

まぁ俺だけなら現実的だけど、君たちは無理だからねクロノスさん

「ならば、我を使えばいいではないか?」

ははは、何を言ってるんだい…………って誰の声だ!?

「我が居れば全て解決だろう。契約者・・・よ」

……
………
…………

「ガイアドミネート!」

隆起し、突起した大地が敵を貫き、叩き、寄せ付けない

「ベリアル様!報告が」

連絡部隊?まだ戦争は始まったばかりだ……出張るのは早いだろ?

「ここより先の空をご覧ください……」

空?………は!?

そこには確かに……1度だけ見たことある怪物がいた……ドラゴンだ

「敵がドラゴンでもペットにしてやがったのかよ………俺が出ねぇと倒せねぇぞ」

「い、いえ!ヘラクレス側を攻撃してるのです」

「どういう事だ!?」

その時、ドラゴンの雄叫びが響き渡る

「我らは死業之衆カルマ!我が契約者であるジャンヌを始めとした死神の使徒!貴様らの魂は我らが貰い受ける!」

なるほどぉ………あのバカが主人さまってことか……

「てめぇらぁ!ドラゴンと生殺与奪ソウルリーパーに見せ場全部持ってかれちまうぞ!気張れ!俺らもいるって事をあのバカに知らしめてやれぇ!」

「「「おおぉぉおおおお!!」」」

その声は確かに、ディランの戦場を震わせた

「現代知識で異世界無双したかったよ……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く