現代知識で異世界無双したかったよ……

リン

各個撃破。エリックVS白い眼帯

「ご老人よ。貴方が相当な使い手であることは分かる。故に全力で行かせてもらう」

男の眼帯に隠れていない右目が紅く淡く光る。

「ふむ、魔力の質が異形じゃな。精霊の加護を受けたと言っておったが、もはや人間ではないのう」

これはわしも本気で行かねばならんのう

「ライトニングキャノン」
「ストームブリンガー」
「フレイムグラディウス」
「スパイラルアクア」

とりあえずは元素魔法で牽制じゃな。

「素晴らしい魔法の発動速度だ!だが無駄だ!」

男に直撃する寸前、魔法が消えてしまった。

「今の消え方を見る限りでは、衝撃により相殺されたわけではなかろう。時が経ち、自然に消えたという感じだったのう」

こやつの能力は物の時を進めるものじゃな

「魔法の速度や練度だけでなく、戦闘での立ち回りや分析まで得意なようだな。貴方の様な方があの方に仕えていないのは不思議でならんな」

何を言うておるのじゃろうな

「わしの弟子を殺そうなどと画策する輩に仕えるなど死んでもごめんじゃ」

「そうか…ならば死ぬことで、俺の忠誠を示すための道具になれ」

男は眼帯を外し、常に変色し続け不気味に光る左眼を露わにし
エリックに拳を向け、突進する。

「強化魔法100倍」
「強化魔法超硬化」
「物理魔法反転重力」

体の筋力を100倍まで引き上げ、体の硬度を限界まで引き上げ、体にかかる重力をハイパーグラビティを反転させた魔法で軽くする。

そして最後に

「元素魔法…風系纏化」

風の元素魔法を腕に纏う。普通なら腕がボロボロになるが、超硬化してるからこそ無傷

「がっ!」

エリックの暴風を纏った拳は男の顔面を貫き、男の全身を破裂させた。

「ぬしが死ぬことで、わしは弟子を守れる」


「現代知識で異世界無双したかったよ……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く