現代知識で異世界無双したかったよ……

リン

暗き世界の永遠少女

ここは暗い暗いダンジョンの奥底

私は誰なのだろう?

私は何故知能があるのに無知なのだろう?

私は何故他のモンスターとは違うのだろう?

私は何故この場に縛られているのだろう?

そんなことを考え続けてもう永遠とも言えるほど長い時が経った。だけど未だに答えは出ないまま……

無知な私に分かるのはただ1つだけ……

私は永遠にこのままであるということだけ

……
………
…………

「貴方はこんな所に居たのね……今、解放してあげる」

ある日私の前に神が現れた。

無知ゆえに人々を傷つけ封印された私を救ってくれたのだ。神と言わずしてなんと言おう。

「貴方の名前はメリル・ヘルゴウン、血は繋がっていないけど私の妹」

私が貴方の妹?

無知な私には理解できない。

「大丈夫だよ。今は分からなくても、いつか分かる時が来る。私はもう行かなくちゃならないから、また今度ね」

待って!行かないで!私は……私は!

「次に貴方が私に会うとき、私は何も知らないわ。それでも…貴方はメリル・ヘルゴウン。私の妹。ジャンヌ・アルデバランの妹。それだけは変わらない」

そう言い残して、消えてしまった。

無知な私はまだ分からないことばかりだ。

でも、無知な私にも分かることがある。

私の名前はメリル・ヘルゴウン。

私の姉はジャンヌ・アルデバラン。

私の全てはあの方の物だということだけは分かる。

「現代知識で異世界無双したかったよ……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く