現代知識で異世界無双したかったよ……

リン

人(神様)を本気で殴りたいと思ったのは初めてです。

「いやぁ、本当ごめんって、許してくれよ」

何を言ってるんだろうこいつは、許すわけないだろ。

「確かにさー僕の不注意で街中で君の近くにいたおばあさんと間違えて君を殺しちゃったけどさ、ぶっちゃけ神様って言っても完璧じゃないし、よくね?」

ふざけんなよ、間違いは百歩譲っていいとして、なんだよその態度は?あぁん?

「死んだってのに高圧的な感じだなぁ、せっかく君達の世界で大人気の異世界転生ってやつをさせてやろうと思ったのに」

はぁ?んなもんで…………はぁ!?異世界転生!マジで!?

「本当だよ。ていうかこれは神様の決まりってやつでね、神様だって一定数間違って人殺しちゃうから殺しちゃったら望む者は異世界へ転生させちゃおうってね」

じゃあ本当に異世界に行けるんだな?ファンタジーな感じか?

「そうだねー、君達の文明には遠く及ばないが中世ヨーロッパと同じくらいの文明レベルはあるしー、魔力って概念があって魔法とかもあるから、生活レベルは君達とそう変わらないね」

ちなみに聞くけど、異世界転生ものお決まりのチート能力とか貰えるのか?

「チートまで行くと世界のバランスが崩れるからダメだけど、最低限の能力は要望通りにしよう。要望がないところは僕が勝手に決めちゃうね」

さすがにチート能力までは貰えんか……じゃあ、魔法がめちゃくちゃ得意な体にしてくれ、あと初期リスポーンは安全なところで、そんであとは、お前が思う必須能力みたいなやつがあればあとは勝手に決めてくれ

「おっけーおっけー、じゃあ早速異世界転生と行こうか、僕はここから君のことを見てるからさ、本当に困ってるようなら一度だけ助けてあげるよ。これも神様の決まりってやつだからね」

お前のことは正直嫌なやつだと思ったけど、異世界転生なんていいじゃねぇか。別に現代知識で無双したっていいんだよなぁ

こうして俺は薄れゆく意識の中、異世界へ転生した。

「現代知識で異世界無双したかったよ……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く