話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

守山三春編 ハリケーンは突然に

それは道案内事件?から数日たったとある日。
茜は買い物、伊代は同級生と遊びに、あーちゃんは
委員会という事で珍しく1人で帰路についていた。
いつもは騒がしい帰路だが、1人で帰るとなると
意外と寂しいのであった。
「今日は何をして帰ろうか・・」
久しぶりにゲーセンで遊ぶのも良いだろうし、本屋で
新しい本を買うのもありだなと思っていると
「筧くん〜〜‼️」
と呼ばれ後ろを振り向くと守山さんがいた。
「守山さん?どうしたの?」
「いや、後ろ姿を見たから声をかけただけ‼️今日は
1人なんだ?」
「そうだよ。みんな今日は用事があるみたいで
僕1人で帰っている最中なんだ」
「ちなみにこの後暇?」
「僕は暇だよ。今からゲーセンか本屋に行こうかなと
迷っていたところ」
「じゃあさ一緒に遊ばない?」
「僕でよければ構わないよ」
「じゃあ決まり‼️行くよ〜〜‼️」
と守山さんさ僕のシャツの袖を掴むと走り出した。
「わ、ちょ、待って〜〜⁉️」


と僕らは学校から町の中心地にあるショッピング
センターまで来ていた。
「はぁ、はぁ、全力疾走はやめてほしいかな・・」
「あ、ごめん〜〜ついいつもの癖で走っちゃった」
「まぁ、いいか。じゃあ最初は何をする?」
「ゲーセンに行こうよ‼️」
「わかった」
僕らは最初の目的地である、ゲーセンに向かうことに
なった。
「ここのゲーセン広いな」
「そりゃ大きなショッピングセンターの中にあるし
じゃあ最初はあれやろうよ‼️」
と守山さんが指を指したのはカーレースのゲーム
だった。このゲームはただ車が走るのではなく道中に
あるアイテムを使ったりする駆け引きもあり
老若男女に人気のゲームである。
「これか〜よく伊代とやったな」
「じゃあ私と勝負‼️負けたらジュースおごりね‼️」
「わかった。その勝負乗ろうじゃないか‼️」
と2人ともキャラクターを選び、スタート地点に
たった。
「負けても言い訳無しね‼️」
「そっちこそ、文句言うなよ‼️」
と勝負の幕が切っておろされた。


「まさか、あんなところにトラップが置いてある
なんて・・・」
と僕がなんとか勝てた。
最後の曲がり角まで守山さんが優勢だったが僕が
1周目に仕掛けておいたトラップに見事に引っかかり
最後の最後に逆転したというわけである。
「あれはよく伊代とやる時に仕掛けるトラップ。
相手が最短距離で来るの分かっているなら、その
最短距離の道中にトラップを置けば当たるんだ」
「むぅ・・何かムカつく」 
「いやいや、今のセリフに何かムカつく要素
あったか?」
「なんか自慢げに話すのがまずムカつく。そして
それに負けたのがさらにムカつく」
「それって僕のせいかな・・?」

次にも続きます。

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く