話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

女たらし?

昼ごはんがなんとか?終わり
そしてクラス中の男子の視線を感じながらも
午後の授業を乗り切った。
「じゃあ優希またな〜」
と京介は授業が終わるなりすぐに教室を出た。

「坊ちゃん、今日はどうされますか?」
「そうだね・・」
本音を言うと疲れたので家に帰りたい。
「筧くん〜‼︎」
と守山さんがあーちゃんを連れて来た。
「守山さん?どうしたの?」
「この学校の広さになれた?」
「いや全然かな。広すぎるだろ」
・・まさか敷地内で自転車を使う人を見るなんて。
まぁ僕が住んでいた屋敷も自転車使用だか・・・
「だよね‼︎だよね‼︎そこで提案です」
「な、何かな?」
「ここに明日香という筧くんより
1年長くいるクラスメイトがいます」
「はい?」
「ちょっと三春‼︎」
「明日香に学校を案内してもらったら?」
「それはいいですね‼︎」
と我がメイド
「三春‼︎な、な、何言ってるの?」
「ほら、幼馴染の感動の再会でしょ?
私なりに気を使っているよ〜」
「でも、ゆうちゃんは大丈夫?」
「僕は構わないよ。むしろあーちゃんに
案内してもらうなんて
なんかあの頃に戻った感じで嬉しいな」
・・と昔の思い出に浸ってみる。
あの頃は本当に楽しかった。
がむしゃらに遊んで、喧嘩して、笑って
人生で一番充実していた様な気がする。
それもあーちゃんがいてくれたおかげだろうな。
と僕が思い出に浸っているとあーちゃんは
ポカンとしていた。
「あれ?どうしたの?」
「まさか、坊ちゃんお気づきではない?」
茜には呆れられ
「ん?僕なんかやった?」
「まさか、今の一言で明日香をノックアウト
させるなんて、恐ろしい・・」
と守山さんにはファイティングポーズを取られた。
「?⁇」
「ほら、明日香?」
「へへへ・・ゆーちゃんに褒められた」
「お〜い明日香さんや〜い?」
「その言葉だけで私行きていける・・・」
「ダメだこりゃ・・・」
とこの後あーちゃんが復活するまで
しばらくかかった。

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く