話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

坊ちゃんはシスコン?

そして激動の朝ホームルームが終わり
厳しい男子からの視線に耐えながら
午前中の授業を乗り切った僕であった。

そしてなんとか昼ご飯になった。
「や、やっと昼だ・・」
「大変だな〜〜転校生〜〜」
「てか京介が周りを煽っていただろうが」
・・そうである。彼がクラス中の男子を
煽っていたのを僕は忘れない。
「なんのことやら」
・・・しらばっくれる気か
「もう、なんでもいいや、昼飯にしよ」
「優希は昼飯どうするんだ?」
「伊代が学食で待っているから、学食かな」
「俺も学食だから一緒に行こうぜ」
「いいよ」
「では坊ちゃん私もご同行させていただきます」
と僕、茜、京介で学食に向かうことになった。

一方その頃
「ほら明日香、ついていかないの?」
「わ、私?」
「あなた以外誰がいるの?ほらいくよ‼︎」
「ま、待ってよ三春〜〜‼︎」

流石にマンモス校なだけあって学食も広かった。
メニューも中華、和食、洋食と
分かれており沢山の種類があった。
「でか・・」
「本当ですね」
「あっそうか、お二人さんは学食初めてか」
そりゃ昨日転入してきたからな
「とりあえず席を取りに行きませんか?」
「そうだね」
「そうだな。なぁ橘さん質問?」
「どうかしましたか?来宮様?」
「家でのこいつってどんな感じ?」
「・・3時間ほどいただきますが?」
「すみません。大丈夫です」
・・・3時間って何を語るんだ茜
「・・そうですか、残念です」
と残念そうな顔をする茜であった。
「ほら、席見つけたよ」
と2人が話している間に、僕は席を見つけた。
「流石坊ちゃん‼︎素晴らしいです‼︎」
「流石優希‼︎」
「そこまでの事か?」
と思いながら3人で席についた。
「後は伊代様だけですね」
「そうだね。伊代大丈夫かな?」
「確かに、あの方は方向音痴ですからね」
「優希の妹ってそうなのか?」
「ああ、だから毎回どこかに行く際には
僕が手を繋いでいたよ」
・・伊代がはぐれないように
「ほぉ〜〜シスコンだなお兄様〜」
「やめろ、伊代以外が言うと虫唾がはしる」
「酷くないか⁉︎」
と言い合っているところで
「やっと見つけましたお兄様」
と伊代が来た。
「良かった、無事に来れたか。偉い偉い」
と伊代の頭を撫でている。
「はい、伊代頑張りました‼︎」
「なぁ、優希って立派なシスコンだよな?」
「はい、来宮様。坊ちゃんは
かなり伊代様に甘いですからね」
と京介と茜が遠目に僕らを見ていた。


「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く