話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

閑話 幼馴染として&幼馴染の親友として

閑話「幼馴染として」湊明日香編

「今日のことって夢じゃないよね⁉︎
本当だよね⁉︎」
と私は今までで一番と思うぐらいに
テンションが高かった。理由は簡単だ。
「ゆうちゃんが帰ってきたー‼︎」
そう私の幼馴染の筧優希こと
通称ゆうちゃんが同じ学校に転入してきたのだ。
彼とは10年前に転校するまで
一緒に遊んでいた。
そして彼のお母さんが仕事で夜遅い日は
私の家に呼んで一緒にご飯食べたり
寝てたりした。
10年前、突然転校した時はとても
寂しく3日ほど休んだ。
だが今は
「あ・し・た・から一緒に学校生活が送れる〜」
と、こんな感じにテンションが上がっており
いつもより高めのシャンプーや
リンスを買ってきた。
「しかもとてもイケメン‼︎」
10年前からイケメンの兆しがあったが
まさか10年後にここまでなるとは・・・
・・あっ別にイケメンだから
好きっていうわけじゃないからね⁉︎

私は机の引き出しを開けて
どこにでもあるような髪留めを手に取る。
これは彼からとある出来事の後に
もらったものである。
「多分ゆうちゃんは覚えてないだろうな〜」
・・私が彼のことを好きになった出来事。
それは彼にとっては些細なことだろう。
ただ私が彼に恋するには充分すぎた。

「ここにゆうちゃんが
転入してきたのは何かの縁。
目指せゆうちゃんの一番‼︎
目指せゆうちゃんの彼女・・いや嫁‼︎」
・・・勝負は速攻‼︎一気に行く‼︎
でもとりあえずは・・・
「明日からのために美味しいご飯を食べて、寝る‼︎」
そう決めた私はご飯の準備に取り掛かるのであった





閑話「幼馴染の親友として」守山三春編

陸上部の練習が終わり
家に着いたのは夜の9時だった。
この学校は陸上トラックに
電灯が点いているため
暗くなっても練習できるのである。
「今日の練習辛かった・・・」
・・今日はコーチの機嫌が悪かったのか
無駄に外周をさせられた。
その上、3年のいびりも入り
体と心の両方とも疲れた。
ただ今日は楽しいこともあった
「筧優希くんか・・」
彼は私のクラスに転入してきた男子だ。
・・まぁ朝にあった事は忘れたいが
「彼が明日香ちゃんの幼馴染か〜〜」
彼は私の1番の親友である湊明日香の
幼馴染であるらしい。
彼女はただの幼馴染と言い張るが
「あんなにただの幼馴染を10年も待ちますか?」
それだけではなく幼馴染の惚気を良く聞かされる。
しかも彼からもらった髪留めを
今も大切に持っているのだから
これは確証だろう・・・
「まぁ親友のため、お節介でもしますか」
・・彼女は10年も待ったのだ。
少しは彼女の思いは報われてもいいはずだ。
彼女はとてもモテる。
少なからず学年1モテるだろう。
告白なんてしょっちゅう見るが全部断っている。
断る理由はあの幼馴染がいるからだろう。
だから私が彼女にしてあげられる事は・・・
「明日から明日香ちゃんと
筧くんをくっつけるため頑張っちゃうよ〜〜」
・・そのためには今日は寝よう。

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く