清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない

イーイーイーヤ

ビッチ妹のデレ期はうれしくない

 俺と視線がかち合った瞬間、湊はこれでもかというほど露骨に顔をしかめ、踵を返そうとした。だが、湊に続いて入ってきたあやねによって、行く手を阻まれる。

「どいてくれ、静志麻さん」
「行かせませんよ、古井出くん?」

 強引に突破される前に、俺は声を張りあげた。

「湊! あの“宣言”――おまえと芳乃を復縁させる件についてだが――」
「何度も言ってるだろ、俺の気持ちは変わらない! よっちゃんとやり直す気なんて、俺にはない!」
「だろうな」
「だろうな、って……」

 俺は芳乃を抱えあげ、お姫様だっこしながら湊へ近づいた。

「聞いてくれ、湊。変わったのは…………俺の気持ちなんだ」
「……コウちゃんの気持ち? なにさ、ようやく諦めてくれたってわけ?」
 湊は警戒を崩さないまま、かすかに唇の端を釣りあげて言う。
「あぁ、諦めた。むしろおまえがその気になっていたとしても、諦めてもらわなくちゃならない事情ができた。というわけで、あの“宣言”は撤回する。あの話はなかったことにしてくれ」
「…………」
 湊の表情に、明らかな困惑が浮かぶ。
「事情って……コウちゃん、いったいどういうつもり?」
「それを報告するために、おまえを呼び出した」
 俺は湊から目を逸らさず、ハッキリと言った。

「俺が、芳乃と付きあうことにしたんだ」

 時が止まったかと思うほどの静寂が、屋上を支配した。
 感情を失ったかのように表情を硬直させていた湊は、やがて……
「……はははっ!」
 乾いた笑い声をあげて、一歩、後ずさった。

「先に言っておくが、嘘や冗談なんかじゃないからな?」
「嘘だ」
「こんなこと、本当は人に言うようなことじゃないんだろうし、親にも言う気はないんだが……親友のおまえにだけは、報告しておくべきだと思ったんだ」
「嘘だ!」

 湊は声を張りあげ、鋭い眼差しを俺に向ける。
「だってコウちゃん、言ってたじゃないか? よっちゃんの幸せを第一に考えてるって! そんなコウちゃんが、そんな道を、安易に選ぶはずがない!」
「安易じゃない。俺は、俺たちは――本気だ」
「ありえない」
 湊は顔を伏せ、静かに首を振った。

「だったら、静志麻さんのことはどうなるんだ。きみたち、本気で愛しあってたんじゃないのか?」
「あぁ、そうだな、確かに俺とあやねは本気で愛しあっていた。だがな、あやねとはついさっき別れたんだ。だから、別に問題はないはずだが?」
「別れたって……! それ、本当なの!?」
 振り向いた湊が、あやねに訊く。
「ええ、本当のことです。つい先ほど、振られてしまいました」
「……静志麻さんは、それで納得してるの?」
「納得はしていませんが、仕方ありません。お兄さんは私ではなく、芳乃ちゃんを選んだのですから……」
 あやねが寂しげな表情を浮かべ、目を伏せる。

「どうして……」
 湊は再び、俺を見た。
「本気で愛しあっていたのに、どうして別れたりしたんだ……!」
「……」
「答えてくれよ、コウちゃん!」
「あやねの愛は、重すぎたんだ。湊、おまえにならわかるだろ?」
「……っ!」
 湊が息を呑む気配があった。
「ダメだ、コウちゃん……断言する! 今別れたら、絶対に後悔することになる!」
「もう遅い。俺はあやねじゃなく、芳乃を愛すると決めたんだ」
「笑わせないでくれよ、静志麻さんから逃げたきみが、よっちゃんの愛に耐えられるとでも?」
「おまえこそナメるなよ、俺と芳乃は兄妹だぞ? そんじょそこらのカップルとは、覚悟が違う」
「そんなのっ……」
「仕方ないな」
 俺は肩をすくめ、芳乃を見た。芳乃は感情の読めない瞳で、俺を見返した。

「俺たちの愛をそこまで疑うというのなら、証拠を見せてやる」
「……証拠?」
「芳乃」
「んん……」

 芳乃は俺に抱えられたままもぞもぞと動き、俺に顔を寄せようとする。
 そんな芳乃に、俺は傾けた顔をそっと近づけ、唇を奪った。

「なっ……!」

 驚きの声を漏らす湊のことは気にせず、俺は芳乃とのキスに集中する。
 舌を入れ、歯茎を舐め、歯列をなぞり、伸びてきた舌に自らの舌をこすりつけ、絡めあわせ、唾液を啜りあげる。
 開いた唇を密着させ、頬を蠢かせ、境目がわからなくなるくらいに口内で舌を往復させる。
 何度も何度も何度も何度も。
 味わう。堪能する。愛おしむ。
 俺は湊に見せつけるように、数分間にわたって本気のキスを続けた。

「嘘や冗談で、生半可な覚悟で――こんな本気のキスができると思うか?」

 ベトベトになった口元を手の甲で拭いながら、俺は言った。
「…………」
 湊は最早返事もままならないほど閉口している様子だった。

「古井出くん、ここまで見せられては、私たちも認めるしかありません。お二人の愛は……本物です」

 あやねの言葉に、湊は我に返ったように口を開いた。
「だっ、だからって! 実の兄妹が付きあうだなんて……」
「おまえの懸念もわかる。少なくとも、俺たちはもう、普通の人生は歩めない。世間の目を気にしながら、コソコソと隠れるように生きていくことになるだろう。籍を入れることも、華々しく式を挙げることも叶わない。子どもは作れても、俺たちと同じかそれ以上の苦労を味わわせることになると思う」
「だったら……!」
「だがな、湊? 俺は、元からおまえに認めてほしいなんて思っちゃいない。これは相談じゃなくて、ただの報告だ。おまえに口出しする権利はない」
「っ……!!」
 湊は口をつぐみ、拳を握りしめ、顔を俯けた。

「じゃあな」
 それだけ言い残し、俺は押し黙る湊の横を通り過ぎようとした。

「それでもっ、ダメだ……!!」

「……」
 俺は足を止め、湊へと顔を向ける。
 湊の真剣な眼差しが、まっすぐに俺を射抜いた。

「コウちゃんじゃ、よっちゃんを幸せにはできないっ!!」

 その必死さが、迸る熱意が……あまりにも、おかしくて。
 俺は思わず、口元を緩めてしまった。
 だから、勘の鋭い湊は、気づいてしまっただろう。
 すべては、その一言を引き出すためだけの――ハッタリに過ぎなかったのだと。

「そうか? そこまで言うなら」

 それでも俺は、この三文芝居を続行する。
 湊の“本気”を、見極めるために。

「教えてくれよ、みーくん。俺以外の誰なら、芳乃を幸せにできるっていうんだ?」

 湊は、沈黙した。
 沈黙して、俯いて。
 フッと、その表情を緩めた。

「負けたよ、コウ兄」

 顔をあげた湊は、まるで憑き物が落ちたかのような、晴れやかな笑みを浮かべていた。
 それは俺がよく知っている、親友・古井出湊の顔だった。

「妹さんを、俺にください。今度こそ、必ず幸せにしてみせる」

 静かで、それでいて力強いその言葉に、芳乃の目が見開かれる。
 揺れる瞳はゆっくりと、俺に向けられる。

「あぁ、その言葉を待っていた。俺も、芳乃もな」

 光を取り戻したその両の瞳からは、芳乃の想いがありありと見て取れた。

「よっちゃん……いえ、相沢芳乃さん。もう一度だけ、俺にチャンスをください。俺とやり直してくれませんか?」

 なにかを問いかけるようにじっと見つめてくる芳乃に、俺はうなずいてみせた。
 ――行け。
 俺はそっと、芳乃を地面へと降ろしてやる。

「…………みーくん」
「よっちゃん!」
「っ……! みーくんっ!!」

 芳乃は一直線に、湊の胸の中へ飛びこんだ。
「……」
 もう、大丈夫だろう。これ以上見届ける必要はない。

 これで、すべて終わったのだ。

 俺は二人に背を向け扉に向かう。

「お疲れ様、兄さん」
「……あぁ。おまえもな」
 声をかけてきたあやねに、俺はどこかぼんやりとした頭で返事をする。
「あやね、ちゃんとお芝居できてた?」
「あぁ、うまかったぞ。ごめんな、演技とはいえつらい役回りを頼んで」
「ううん、あやねは平気。だって、芳乃ちゃんのためだもん」
「そうか」
 優しく頭を撫でてやると、あやねは気持ちよさそうに目を細めた。
「でも……」
「ん?」
「兄さんの唇は、あやねだけのものだから」
 潤んだ瞳で俺を見あげ、顔を近づけてくる。

「だから、あやねが上書きしておくね?」

 唇に伝わる、柔らかな感触。
 愛する彼女に、キスをされている。
 ……だというのに。
 俺はどこか、上の空で。
 気分はなぜだか、沈みきっている。
 まるで心にポッカリと大きな穴があいてしまったみたいだった。


     ♡ ♡ ♡


 帰宅した俺は、無意識に芳乃の部屋へと足を向けていた。
 倒れこむように、ベッドの上にうつ伏せになる。

 帰り際、あやねにデートの誘いを受けたが、どうにもそんな気分にはなれず、こうしてひとり帰路についた。
 芳乃はこれから仲直りデートをするのだと張り切っていたので、当分は帰って来ないだろう。

「…………」

 静かだった。
 誰もいない家の中で、時計の針だけがかすかな音を響かせ続けている。
 こうしてじっとしていると、まるですべてが夢の中の出来事だったかのように思えてくる。
 芳乃に甘えられ続けた日々も、甘え続けた日々も、ぜんぶ……。
 俺は芳乃の枕に顔を埋め、肺いっぱいに芳乃の匂いを吸いこんだ。

 俺は…………寂しいのか?
 ちょっと俺のそばからいなくなったくらいで?
 別に会えなくなるわけでもないのに?

 馬鹿馬鹿しい。
 だいたい、これでよかったんだ。
 すべてが元通りになって、これでようやく平穏な毎日が送れるのだ、感謝こそすれ悲観することなんてなにひとつない。あんなデレ期みたいなもの、ないほうがいいに決まっているのだから。
 そうだ。
 芳乃のデレ期なんて、うれしくない……
 俺は自分に言い聞かせるみたいに、心の中で何度も何度も、同じフレーズを呪文のように繰り返しつぶやき続けた。
 そのうちに、俺はいつしか微睡まどろみの中にいて。
 ガチャリ。
 という背後からの音で目を覚まし、身体を起こした。
 俺の目の前には、

「ただいま、お兄ちゃん♡」

 ――この部屋の主が、立っていた。
 思わず時計に目をやった。俺が家に着いてから、まだ十分も経っていなかった。
「おまえ……デートはどうしたんだ?」
 まさか早くも振られたんじゃ……なんて最悪な想像が一瞬のうちに頭をよぎるが、芳乃の答えは俺の予想だにしないものだった。
「お兄ちゃんが寂しがってるかもしれないって思ったら、いてもたってもいられなくなって。ドタキャンしちゃった♡」
「……いいのかよ、そんなんで」
「いいのいいの、デートなんていつでもできるんだからっ。それより今は、お兄ちゃんが心配だったから」
「…………」
 俺が無言でいると、芳乃はベッドの上にあがってきた。
 そして膝立ちの体勢のまま、俺の頭をすっぽりと覆い隠すように抱きしめた。

「大丈夫だよ、お兄ちゃん? わたしはどこにも行かないよ?」
「…………」

 俺は嗚咽を堪えるのに必死で、声を発することができなかった。
 それでも芳乃は俺の気持ちを察するように、優しく背中を撫でてくれて……また涙があふれそうになる。

「たとえいつか、わたしが結婚して。お兄ちゃんが結婚して。離れ離れに暮らすことになったとしても――」

 俺はとうとう堪えきれなくなって、声をあげながら芳乃に抱きついた。
 そんな俺を力強く、けれど優しく抱き寄せながら。
 とびきりの温もりに満ちた声で、芳乃は言うのだ。

「わたしはずっと、ず〜っと、いつまでもお兄ちゃんの妹なんだから♡」
 

「清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー232995

    芳乃のことが好きなやつのきもちがわからんな…

    2
コメントを書く