清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない

イーイーイーヤ

そしてまた、妹に彼氏ができた

 兆候はあった。
 昨晩、芳乃はいきなり「今日から自分の部屋で寝る」と宣言し、俺たち兄妹は約三か月ぶりに別々の部屋で寝た。
 思えば、それは芳乃なりのけじめだったのだろう。

 同様に、朝の風景もいつもとは少しだけ違っていた。
 あやねに睨まれているわけでもないのに、芳乃は俺の正面の席に座った。
 隣でも、まして膝の上でもなく、正面に。
 それが意味するところは。

「あのね、お兄ちゃん。わたしね、」

 果たして、芳乃は言った。

「新しい彼氏ができたの」


 ――次の休日、芳乃たっての希望により、彼氏を紹介してもらうことになった。
 約束の時間より十分ほど早く、インターホンが鳴り響く。
 俺は芳乃に連れ立って玄関まで出向いた。

「いらっしゃい、コウくん」

 扉を開けながら、芳乃が言う。
 ……どこかで聞き覚えのあるあだ名だった。
 俺はコウくんと呼ばれたその男に目を向ける。坊主頭でやや色黒なその男は、例によってそれなりにイケメンだった。
 男は俺の存在を認めると、ガバッと勢いよく頭を下げた。
「お初にお目にかかります、芳乃さんのお兄さん!!」
「あ、あぁ……どうも」
 やたらとでかい声に、若干気圧される。
「オレは二年三組の片桐かたぎり光誠こうせいという者です!! 野球部ではキャプテンをやってるッス!! オレのことは気軽に光誠とお呼びください、相沢先輩!!」
「なるほど、それでコウくんか」
「はい?」
「奇遇だな、実は俺もコウくんなんだ」
「えぇ、本当ッスか!?」
 気持ちがいいくらいでかいリアクションだ。
「あぁ、相沢光貴だ。よろしくな、光誠」
「はい!! こちらこそよろしくお願いします!!」
「まぁ、こんなところで立ち話もなんだし、あがってくれ」
「いえ、今日はご挨拶に伺っただけなので!! 今日のところはこれで失礼させていただきます!!」
「そうか?」
「はい、また今度お邪魔させていただくッス!!」
「わかった。ぜひまた来てくれ」
「はい、それでは――」

「ところで、光誠」

 ドアノブに手をかけようとした光誠を、俺は呼び止めた。
「はい、なんですか?」
「ひとつだけ、訊いておきたいことがある」
 そう前置きして、俺はかつて谷宗真にしたのと同じ質問を口にした。

「芳乃のこと、好きか?」

 笑われてもおかしくないような唐突な質問だったが、光誠は表情を引き締めた。
「はい、もちろんです」
 まっすぐに俺の目を見つめ、光誠は言う。
「先輩が危惧していることは、わかります。オレが途中で嫌になって投げ出すんじゃないかって、そう思ってるんですよね?」
「あぁ、正直にいえばな」
「芳乃さんが先輩にベッタリだったという話は、聞いています。でも、安心してください。これからは、オレがそのポジションを代わります」
「……」
「これからは、オレが二代目“コウくん”として、ずっと芳乃さんのそばにいます」

 彼が俺に向ける眼差しは、真剣そのものだった。
 誠実を絵に描いたような男だ、と思った。
 彼が芳乃のそばにいてくれれば、俺は……。

「頼もしいな」
「任せてください」

 お互いにそれだけ言って、俺たちは笑った。
「あの、なんていうか……わたしのことで、そんなに真剣に話し合わないで……」
 恥ずかしそうにぼそりと言った芳乃に、俺たちは顔を見合わせ、また笑った。

「それでは、今度こそ失礼します!!」
「あぁ、またな」
「ぜったいまた遊びに来てね、コウくんっ」

 光誠が爽やかな笑みを浮かべながら、芳乃に手を振って。
 扉が閉まって。
 その一秒後。

 俺は……芳乃に抱きついた。もう我慢の限界だった。

「お兄ちゃん、ぎゅってするのはいいけど、こんなところじゃなんだし……わたしの部屋行こ?」
 嫌だ。
 移動するのも煩わしかった。
 そんな想いが伝わるように、俺はさらに力をこめた。
「ん……わかった。お兄ちゃんの好きにしていいよ」
 優しさに満ちた声でそう言って、芳乃は俺の背中を撫で始める。
 俺は芳乃の温もりを求めて、ただひたすらに、その華奢な身体にしがみつく。

 そうやって、この一か月、俺は芳乃に甘え続けた。
 本来であれば俺は、芳乃ではなくあやねに甘えるべきなんだと思う。少なくとも妹に甘えるくらいなら、彼女に甘えていたほうがよっぽど健全だ。現にあやねと愛しあうことでも、多少は“欲求”の解消になる。
 だが、それでは足りないのだ。
 セックスでは、俺の中に潜む根源的な“渇き”までは、潤わない。
 俺という人間のすべてをさらけ出して、全力で甘えることでしか、満たせない。
 あやね相手に、俺はそこまでできない。どこかで嫌われたくないという想いがある。
 だけど芳乃になら、嫌われようが呆れられようが、あまりにも今さらだ。

 だから俺には、芳乃しかいないのだ。

 一方で、芳乃も俺に甘えるのをやめたりはしなかった。
 だが俺が芳乃に甘えるようになったぶん、芳乃が俺に甘える時間は目に見えて減った。相互に依存しあう関係の中で、俺のための時間は増え続け、芳乃のための時間は減り続けた。
 だから、芳乃が彼氏を作ったのもまた、必然だったのだろう。

「……なぁ、芳乃」
「なぁに、お兄ちゃん?」
「おまえは、光誠のこと……好きか?」

 甘えられれば誰でもよくて適当に選んだとか。
 そういうことなら、考え直さなければならない。

「うん。ちゃんと好きだから、安心して」
 俺の心を見透かしたように芳乃が言う。
「たとえば、どんなところが?」
「えっと……」
「優しいところとか、ぜんぶとか、そういうありきたりなのはナシで」
「……相性がいいところ、かな」
「馬が合うってことか?」
「……ん、そんな感じ」
「へぇ」
 声の柔らかさから、本気で好きだという気持ちが伝わってくる。
 このぶんなら、考え直す必要はなさそうだ。
 湊と復縁させる計画は、一度白紙に戻して。
 芳乃と光誠の関係がこれからも続くよう、心から応援してもいいのかもしれない。
「光誠のこと、大事にしろよ」
「……応援してくれるの?」
「あぁ。あいついいやつそうだしな」
「……ありがとう、お兄ちゃん」
 ぎゅっと、芳乃が力強く抱きしめてくる。
「これからは、お兄ちゃんと一緒にいられる時間、減っちゃうと思う。でも、ずっとってわけじゃないから。わたしはもうお兄ちゃんに甘えなくても大丈夫だし、コウくんがいないときはお兄ちゃんが、わたしのこと独り占めしていいから。今までどおり、遠慮しないで甘えていいからね」
「……ありがとう、芳乃」

 やがて父さんの足音が聞こえてきて、慌てて身体を離すまで、俺たちはずっと互いの身体をきつく抱きしめていた。

「清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く