清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない

イーイーイーヤ

妹のいぬ間に

 あやねと付きあいだして、二週間が過ぎた。
 ある日の休み時間、俺は例によって芳乃たちの教室に足を運び……

「お兄さん、急いで!」

 教室の前で、あやねが手招きしていた。
 あやねは学校では、俺のことを今までどおり「お兄さん」と呼ぶ。芳乃とは違い、人目を気にして自重しているのだ。
「どうした?」
「芳乃ちゃんがトイレに行っている、今のうちに……」
「あぁ、そういうことか」
 芳乃がそばにいると、なんだかんだと二人きりの時間を作りづらい。今は絶好の機会といえた。
「……屋上でいいか?」
 空き教室などでは、声が外に漏れるおそれがある。それはあやねの本意ではないだろう。
「……お兄さんと二人きりになれるなら、どこでも」
 あやねがそっと身体を寄せてくる。
「時間がないな。急ごう」
 俺たちは駆け落ちでもするようにその場をあとにした。

 職員室で借りてきた鍵を使い、俺は屋上の鉄扉を押し開けた。
 吹きつける風が乱暴に頬を撫でていく。
 十一月に入り、冬の足音がすぐそこまで迫っているのを感じる。

「ちょっと肌寒いな。大丈夫か?」
 俺は振り返り、後ろ手に扉を閉めるあやねに訊いた。
「うん、平気」
 そう言って、あやねはとてとてと俺に駆け寄り、その勢いのまま抱きついてきた。

「だって……こうしてればあったかいから……」

 俺の肩に頬を押しつけ、回した腕に力をこめる。
 華奢なのに柔らかいその身体を、俺はしっかりと抱き返した。
「兄さんっ、兄さんっ! もっとっ!」
 甘えた声を出して、俺を見あげる。
「もっとあやねのこと、ぎゅってしてっ!」
 子どもが駄々をこねるように、あやねは小さくトントンと足踏みをして、身体を揺すってくる。
「してるだろ、ほら」
 俺はあやねの背中をすりすりと撫で回した。
「んんんっ……!」
 俺の腕の中で、あやねは気持ちよさそうに身をよじる。
「…………あたまもっ!」
「ん?」
「頭もなでなでして……? あやね、よしよし、いい子いい子、可愛いよって、してっ」
「あやね、よしよし、いい子いい子、可愛いよ、好きだ」
「〜〜〜〜っっ!? あ、あやねも兄さんのこと、好きっ!!」

 あやねと付きあいだして、二週間。
 友人関係のままでは知りえなかったであろう一面も、いろいろ見えてきた。
 中でも最も大きな変化は、やはりこの、どこかの誰かを彷彿とさせるような、凄まじいまでの甘えっぷりだろう。
 これには、その誰かの悪い影響も少なからずあると思う。
 だが基本的には、これが静志麻あやねの“本質”なのだと――俺はそう理解している。

「そろそろ休み時間終わるし、戻るぞ」
「……やだ! もっと兄さんと一緒にいる!」
「わがまま言うなよ」
「やだやだぁ……あやね、今日はもう学校早退する……」
「それは別にいいが、俺は戻るぞ?」
「やだぁ……意地悪言わないで……」
「……はぁ。じゃあ次の休み時間も、芳乃の目を盗んでここまで来い」
「……え?」
「それで妥協してくれ」
「……でも、芳乃ちゃんはいいの……?」
「よくはないが、たまには妹より彼女を優先してもいいだろ。それになにより……一緒にいたいのは、俺だって同じだ」
「……兄さんっ!!」

 自分のことを“あやね”と名前で呼び、タメ口を使う――二人きりのときにだけ見せる、普段とは違うあやねの顔。
 最初こそ慣れなくて違和感があったが、今となっては、むしろ逆だ。
 普段の落ち着いた雰囲気、上品な物腰、丁寧な口調……それらすべてが、今となってはどこか作りものめいて見える。嘘臭く見える。
 両方のあやねと接したことで、俺は自然と理解した。
 普段のあやねは、ただ、大人ぶって背伸びをしていただけで。
 今ここにいるあやねこそが――素顔の、等身大のあやねなのだということを。

「好き好き好き、兄さんっ、兄さんっ……」
「…………」

 幼児のように全力で甘えてくるあやねの頭を撫でながら、同時に胸中に湧き起こる想いがあった。
 言葉にできない、正体不明の想い。

 ――まただ。

 また、この違和感だ。
 それはあやねに対してのものではない。
 この状況そのものに対する、漠然とした違和感だ。

 本当に、いったいなんなんだ、この気持ちは……?
 あやねや芳乃に甘えられているときにだけ芽生える、この言いようのない感覚は……。

 ……なんなんだ?

「清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く