清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない

イーイーイーヤ

妹に報告

「――とまぁ、そういうことになった」
「……なりました」
 翌日、朝食の席で俺はあやねと肩を並べ、付きあうことになった旨を芳乃に報告した。ちなみに、父さんはすでに仕事に出ていてこの場にはいない。
「おめでとうお兄ちゃん、あやね。心から祝福します。わたしの大好きな二人が結ばれて、本当にうれしいっ」
「……それもこれも、芳乃ちゃんが後押ししてくれたおかげです。私一人では、きっと無理でした。本当に感謝しています」
 あやねは照れくさそうに言って、真摯な眼差しで芳乃に向きあう。
 対する芳乃は、

「そ? よかった。それじゃ、もうお兄ちゃん解禁でいいよね?」

「…………はい?」
「はい? じゃなくて。もうあやねの前でお兄ちゃんに甘えてもいいよねって言ってるの」
 ……なんだか、雲行きが怪しくなってきた。
「どうして、そんな話になるんです?」
「だって、あやねはお兄ちゃんの彼女になったんだよ? わたしに嫉妬するまでもなく、お兄ちゃんはあやねのものってこと。でしょ?」
「……私のもの、なんですか?」
 あやねはちらっと俺を見て、小声で訊いた。
「まぁ、そういう言い方もできるだろうな」
「……。そ、それで?」
 赤面しながら、芳乃に続きを促す。
「だからこそ、わたしも妹として、心置きなく存分に堂々と甘えられるようになる――違う? 違わないよね」
「違います」
 あやねは俺の腕を取り、胸に押し当てるようにして抱いた。
「私の……彼氏なんです。むしろ妹は、もう少し彼女に遠慮すべきではないでしょうか?」
「なにそれ? それが恋のキューピッドに対する態度?」
「それとこれとは話が別です」
「もういい……」

 スッ、と静かに立ちあがる芳乃。
 いじけて部屋に戻ってしまうのかと思ったが、違った。
 芳乃はまっすぐに俺のもとへとやってきて、

「よいしょっ」

 座る俺の上に、俺と向かいあうかたちで座った。
「はぁぁぁ……一日ぶりのお兄ちゃんだぁ……♡」
 ぎゅぅぅ、ぎゅぅぅと痛いくらいに抱きしめて、俺の首筋に顔を埋める。ふわりと漂う芳乃の髪の匂いが、鼻腔の奥深くまで染みこんでくる。
「お兄ちゃん、お兄ちゃん、おにいちゃんっ」
 あまりに幸せそうな声を出すものだから、俺もついいつもの癖で、よしよしと頭を撫でてしまう。
「……しあわせすぎて、しんじゃいそう」
「ちょっと芳乃ちゃん! なにをやってるんですか!」
「知らないもん」
「もんじゃないです! 離れてください! 私の兄さんから、離れてくださいっ……!」

 ――ガバッ!
 芳乃が顔をあげた。
「……あやね今、兄さんとか言わなかった?」
「い、言いましたけど、それがなにか?」
「付きあって早々、そんなマニアックなプレイを強いてるんだ……お兄ちゃんがかわいそう」
「プレイでもなければ強いてもいません! 兄さんがそう呼んでもいいって言ってくれたんです!」
「……やっぱりあやねの願望なんじゃん。歪んでる……」
 芳乃はちょっぴり引いていた。
「べ、別にいいじゃないですかっ、どう呼んだって!」
「呼ぶだけなら許すけど、お兄ちゃんの妹はわたし一人だけだから。それだけは忘れないで」
「なんですかそれ、意味がわかりません! いい加減に兄離れしたらどうなんですか?」
「やだ」
「それと物理的にも今すぐ兄さんから離れてください!」
「お兄ちゃぁん、あやねがいじめる〜。やっつけて?」
「もういいです……」

 スッ、と静かに立ちあがるあやね。
 いじけて部屋に戻ってしまうのかと思ったが、違った。
「芳乃ちゃんがその気なら、私にだって考えがあります……兄さん、立ってください」
「は? 俺も?」
「はい、お願いします」
「……」
 よくわからないが、言うとおりにした。
 芳乃がずるりとすべり落ちそうになるが、地に足をつけて体勢を立て直し、改めてガッシリと抱きついてくる。
 一方のあやねは、俺が座っていた椅子を隅に退け――

「兄さん……」

 背中にとても柔らかいなにかが触れ、同時に腕が俺を包みこむように前へと回される。
 どうやら俺は……背後からあやねに抱きつかれたらしかった。

「お兄ちゃんっ……」
「兄さん、好きです、兄さんっ……」

 前から、後ろから。
 声が俺を呼ぶ。
 温もりが俺を挟みこむ。

「……………………」

 俺は。

 俺は……感じていた。

 ――なんなんだ? この感じ……。

 ふいに、唐突に。
 どこからともなく湧きあがってきた、この気持ちはなんだ?

 違う。
 違う、違う……。
 ちがう、そう、これは――違う。

 この感情を、明確な言葉で表現することはできない。
 この感覚を、一言で言い表すならば、それは――

 違和感、としか言いようがなかった。

「清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー210862

    > まさかのあやね 男の娘

    さすがに草生える

    0
  • ノベルバユーザー67293

    まさかのあやね 男の娘!?

    0
コメントを書く