清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない

イーイーイーヤ

妹がラブホテルから出てきた

 食事を終えてホテル前に戻り、待機すること二時間と少し。
 もしかして、すでに出てしまったあとだろうか……?
 そんな不安がよぎり始めたころ。

 来た。
 芳乃と男が、腕を組んで入口から現れた。

「行くぞ」
「はい」
 俺とあやねはホテルから出てきたばかりのカップルのもとへ、堂々と駆け寄った。
 近づいてくる人影に気づいた芳乃が、何気ない仕草でこちらを見やり……一瞬でその顔色を変えた。

「えっ……なんでっ……」

 目に見えて狼狽える芳乃を見た男が、遅れて俺たちの存在に気づく。
「あの人たちがどうかした? 知りあい?」
 気遣わしげに声をかける男だったが、芳乃の耳には届いていないようだ。それどころか芳乃は、慌てた様子で男の腕を振りほどき、距離を取った。

「そ、その、これは違うの。ちがくてっ……!」

 ちらっと背後の建物を気にしつつ、芳乃は俺に対し、必死な様子でしどろもどろに弁明する。
 ……なんだ、これは?
 ふいに脳裏をよぎったのは、目の前の光景によく似たシチュエーション。

 ――ち、違うよシュンくん? シュンくん勘違いしてる。だってこの人、わたしの兄だから

 芳乃の部屋で田宮俊朔と鉢合わせした際、芳乃は田宮に対し、必死に弁明を試みていた。
 それが今は……どうだ?
 芳乃はなぜ、真っ先に俺に弁明している?

 それではまるで、俺のほうが本命の彼氏みたいじゃないか?

 と、そこへ男がどこかおどおどと一歩前に出て、芳乃を守るように片腕を伸ばした。
「あのっ、どっ、どちら様ですか。ぼっ、ぼぼ僕の彼女になにか用ですか」
「ソーマ、この人は……わたしのお兄ちゃん……」
 言いながら芳乃が、やんわりと男の腕を下ろす。
 するとソーマと呼ばれた男は、とたんに表情を硬くした。
「おっ、お兄様でしたか。たたたいへん失礼いたしました。ぼ、僕は芳乃さんとお付きあいさせていただいております、たに宗真そうまという者です」
 深々と頭を下げる、宗真氏。
「俺は相沢光貴。こんなところで立ち話もなんだから、場所を移さないか?」
「はっ、はい、そうですねっ」
「芳乃もそれでいいか?」
 ぶんぶん、と首を縦に振る芳乃。

 かくして、五分間の無言の移動時間を経て、俺たちは再びファミレスへと舞い戻った。
 当然、四人がけのテーブル席へと通されたわけだが、こういう場合の席順は普通、

宗真 芳乃
俺 あやね

 と、だいたいこんな感じで、二対二で向かいあう構図になるかと思うのだが。
 なぜか、

あやね(←離れすぎ→)宗真
俺芳乃(←近すぎ)

 といった席順に落ち着いた。
 それもこれも、芳乃が真っ先に俺の隣を確保したためだ。
 その結果、初対面の男と並んで座るはめになってしまったあやねは、露骨に壁際ギリギリまで身を寄せている。

「…………」
 全員に飲み物が行き渡ったが、あやね以外は誰も手をつけようとしない。
 本日二度目のメロンソーダフロートを頼んだあやねちゃんは、我関せずとばかりに幸せそうにアイスクリームを頬張っている。そんなに冷たいものばかり飲んで、おトイレは大丈夫なのだろうか? そこだけ心配だ。
 ソーマくんはおろおろと落ち着きなく店内に視線をめぐらせている。
 芳乃は俺にベッタリと肩を寄せたまま動かない。普段とは違う、馴染みのないシャンプーの香りが鼻腔に届いた。
 そして俺は――

「なぁ、ソーマくん」
「はっ、はい、なんでしょう」
「芳乃のこと、好きか?」

 率直に、そう訊いた。

「もっ、もちろんです」
「今はまだ付きあって日も浅いだろうから、そうやって即答できるだろうが……あ、ちなみに知りあってどのくらいだ?」
「芳乃さんには中学で後輩として可愛がってもらっていました……あっ、僕は今中学三年です」
 なるほど、後輩と会っていたというのは、あながち嘘でもなかったわけだ。性別は違うみたいだが。
「で、話を戻すが、今は好きだと断言できても……ほら、芳乃ってこういうとこあるだろ?」
 俺に寄りかかる頭の上に、手を載せる。
「はい……それが?」
 一発で意味が伝わるあたり、芳乃の甘えっぷりはソーマくんに対しても遺憾なく発揮されていると見ていいだろう。
「嫌になったりしないか?」
「まさかっ、ありえません。むしろ必要とされてる感じがして心地いいくらいです」
「と、今は言えるが。一週間後、一か月後、一年後、だんだんとそれが重く感じ始めて……いつか耐えられなくなるだろうな」
 元カレたちはそうして、芳乃のもとを去った。彼も同じ道をたどることになる未来は容易に想像がつく。

「おっ、お言葉ですがお兄様。勝手に決めつけないでください。僕は未来永劫、芳乃さんを好きでい続ける自信があります! むしろ日に日に好きになっていってるくらいなんです!」

 ほう……と俺は胸中で唸った。
 口だけならなんとでも言える。
 だが彼の真剣な眼差しからは、ただならぬ熱意がこれでもかというほど伝わってくる。
 たしかに、彼はまだ若い。不安な面もある。
 だが、もしかすると、あるいは。
 彼ならば、いずれは芳乃を任せるに足る、立派な男へと成長を遂げてくれるのではないか?
 そんな期待を抱かせるのに充分な熱量が、彼からは感じられた。

「本気なんだな?」
「はい、本気です」
「……そうか」

 彼と芳乃が真剣交際をしていることに関しては、もはや疑いようがない。
 だったらもうしばらくのあいだは、彼らの行く末を温かく見守ることにしよう。
 そう心に決めたとき、

「コウくん」

 芳乃が耳元で囁いた。
「ちょっとだけ、ソーマと話してもいい?」
「ん? あぁ、別に構わないが」

 芳乃は姿勢を正すと、まっすぐにソーマくんを見て、

「ソーマ、あのさ、」

 ふいに芳乃が俺の手を握る。なにか不安があるのだろうか。俺が握り返してやると、芳乃はさらに力強く握り返してきて、
 そして、言った。

「――わたしたち、別れよう?」

 なにを言い出すかと思えば……さすがにそれは想定してなかったな。
 それはソーマくんも同じだったようで、彼は真顔のまま固まっていた。なにを言われたのか理解できていないのかもしれない。
 数秒の沈黙ののち、

「…………んでだよ」

 ぼそり、とソーマくんは言って、
 ――いきなり立ちあがった。

「なんでだよっ、芳乃っ!! なんでそんなこと言うんだよ!! 冗談だろ!?」

 豹変したように激昂するソーマくんに、芳乃は怯えた様子で俺の肩にしがみつく。

「なぁ!! なんとか言えよっ、嘘だって言ってくれよっ!!」

 店内で人目もはばからず声を荒らげ醜態を晒す男に、あやねがゴミ虫を見るような冷たい視線を送っている。あれは本気で引いてる顔だな。

「……突然でごめんね。だけど、どうしても別れたいの。もうソーマとは付きあえない」

 俺の背に隠れるようにしながら、芳乃が言う。
「だからっ! 理由はなんなんだよっ!!」
「……わたしのわがまま。ソーマは悪くないの。本当にごめんなさい。それと、今までありがとう。短いあいだだったけど、楽しかったよ」
「っ……!! そんなんで、納得できると思うかっ……!? なぁ芳乃っ!!」

 叫びながら、思いきりテーブルに身を乗り出す。俺は反射的に芳乃をかばうように右腕を広げていた。
 だが、彼がそれ以上迫ってくることはなかった。
 ソーマくんの視線は、隣でゆらりと立ちあがったあやねへと吸い寄せられていた。

 あやねは無言で手を振りあげ――直後、辺りに鈍い音が響いた。

 そして何事もなかったかのように着席するあやね。
 顔を明後日の方向へ向けたまま固まっているソーマくん。
 それは大切な親友を守ろうとしての行動なのか……あるいは彼が身を乗り出した拍子に、メロンソーダのグラスを倒してしまったことが原因なのか……若干涙目になっているところを見ると、後者かもしれない。
 騒ぎに気づいた店員が駆け寄ってきて、テーブルを拭き始める。
 ……あぁ、もうなんか、めちゃくちゃだな。

「なんでっ……なんでこんなことになるんだよ……クソがぁっ!!」

 ソーマくんは俺たちに背を向け、椅子を蹴りあげた。
「……ごめんね」
 そんな芳乃のつぶやきは、果たして届いただろうか。
 最後に大きな舌打ちを残し、ソーマくんは出口へと向かっていった。

 これが湊であれば、去り際にさりげなく伝票を持っていくところだが……まぁ、さすがに最年少にそこまでは求めない。
 ただせめて、自分の飲み物代くらいは置いていってほしかった。

 俺はテーブルを拭いてくれた店員さんに追加でメロンソーダフロートを注文し、それから芳乃に向き直る。
「いろいろと言いたいことはあるが……よかったのか?」
 俺としては、別れて正解だと思うが。
「うん」
「本気で付きあってたんだよな?」
「……たぶん」
「なんだよたぶんって」
「でも、いいの。このままじゃダメだっていうのは、ずっと感じてたし。コウくんに見つかって、ようやく別れる決心がついたの」
 そう言うと、芳乃は俺とあやねを順番に見て、
「コウくんとあやねが一緒にいるってことは……わたしが嘘ついてたのなんて、とっくにバレてるんだよね?」
「まぁな」
「そうですね」
「ごめんなさい!」
「それはいいんですけど、どうしてまた?」
 あやねの問いに、芳乃はぽつりと答えた。

「後ろめたかったから」

 ……それは、どういう意味だ?
「コウくんのことをキープしてるような気がして、後ろめたかったの」
「……」
「それはソーマに対しても、コウくんに対しても。そんな気持ちだったから、あやねに自慢する気にもなれなかった」
「俺は早く彼氏作れって、いつも言ってただろ? なにを後ろめたいことがあるんだよ」
「そうだけど、でも…………ううん、違う、そうじゃない」
 芳乃は首を振ると、俺の目を見つめた。
「認めます。コウくんのことをキープしておきたいっていう願望が、わたしにはあった。そういう下心があったの。だから……新しい彼氏ができたなんて言ったら、コウくんがわたしから離れていっちゃうんじゃないかって――もう甘えさせてくれなくなっちゃうんじゃないかって、そう、思って……」
「…………」
「それだけは、嫌だった。だから、ソーマとは別れることにした」

 それは、なんというか……本末転倒じゃないか?
 本物の彼氏よりも、あくまで彼氏の“代わり”でしかなかった俺を取る、だなんて。

「わたし、コウくん以外じゃ満足できない身体になっちゃったのかも」

 つまりは。
 芳乃にとって、彼氏の隣よりも、俺の隣のほうが心地よくなってしまった、と。
 そういう話らしかった。
 ……いや、どうなんだそれは。

「……本当にそれでいいんだな、おまえは?」
「うん」
 うなずく芳乃に、別れたことに対する未練はなさそうだ。
 それはそうか。今回は振られたんじゃなくて、自分から振ったんだもんな。

「あのね、コウくん。わたし、気づいたの」

 いつになく真剣な表情で、芳乃は言う。

「甘えられるひとがいれば、彼氏なんかいなくても、わたしは満足なんだなって」

 ……以前の芳乃であれば、そんなことは言わなかった。
「自分が甘えていることを認める」ような発言は、しなかった。
 前にあやねにからかわれた際も、「甘えている」ことを頑なに否定していた。
 傍から見れば一目瞭然な事実でも、芳乃はずっと態度で示してきた。

 そうやって、俺と芳乃は、なあなあな関係でここまで来たのだ。

 それが、今――

「だから、これからも、甘えさせてくれる?」

 はじめて、自分の希望を明確に言葉にしてみせた。
 それはあるいは、芳乃にとっての“宣言”なのかもしれない。
「これからは今まで以上に甘えるから、覚悟してね♡」的な、そんな、悪魔のような宣言――

 そうでないことを願うばかりだった。

「清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く