清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない

イーイーイーヤ

ココアみたいに甘い妹

「少しは落ち着いたか?」
「……うん」
 ダイニングテーブルを挟んで向かいあう、俺と芳乃。
 芳乃は両手で持ったマグカップを口元に運び、俺はそんな妹の姿を片肘をつきながら眺めている。
「お兄ちゃんの淹れてくれるココア、やっぱりおいしいな……」
 どこかしみじみと、芳乃は言う。
「やっぱりってなんだよ。おまえそんなにココア好きだったか?」
「言ったことなかったっけ? わたし昔から、お兄ちゃんが作るココアは世界一おいしいって、ずっと思ってたんだよ」
 恥ずかしそうに告白しながらも、視線はけっして俺から外そうとしない。
 その目は、その笑顔は、やはり母さんと湊にだけ向けられていたものだ。
 俺の勘違いではない。
 その証拠が、“お兄ちゃん”だ。
 なにがお兄ちゃんだよと思う。
 ずっと昔はそう呼ばれていたこともあった気がするが、ここしばらくは「ねぇ」と「ちょっと」がデフォルトで、最近では「あんた」呼ばわりが主流になってきていたというのに。
 芳乃が俺に対し素直に感情をぶつけてくるという構図は、新鮮を通り越して気持ち悪いくらいなのだ。

 おもむろに、芳乃が立ちあがった。
 なぜか、俺の隣の椅子に移動した。

「なんだよ」
「別に。ただなんとなく」

 そう言いながら芳乃は、椅子の間隔を詰めてくる。
 ちら、と俺の反応を窺うように上目遣い。
「…………」
 俺は無視して自分のココアに口をつけた。
 芳乃は肩を寄せてきた。

「やめろ、暑苦しい」
 俺は席を立ち、さっきまで芳乃が座っていた椅子に移動した。
「むぅ〜」
 むぅ〜、と口で言って、芳乃は俺を睨みつける。
 睨まれているのに、視線にまったく棘が感じられないという矛盾。
 構ってほしそうに、ぷくっとわざとらしく頬を膨らませている。

 正直な話――対応に困る。
 こんな状況ははじめてだから。
 俺に甘えようとしているのはわかる。
 その“甘え”に、遠慮が交じっているのも……わかる。
 母さんに対しては、もっと直球で大胆な甘え方をしていた。湊と二人きりのときも、おそらくはこんなものでは済まないだろう。
 今の芳乃は慎重に距離をはかるように、自制しながら、多分に正気を残しながら――甘え過ぎないように甘えようとしている。
 もっと全力で甘えてきてくれれば、俺も全力で「うざい、失せろ」と突き放すことができるのに。
 それなのに芳乃は、俺の心情を慮る。
 俺に突き放されないよう、細心の注意を払っている。

 つまり芳乃のこれは……冗談半分の戯れなんかではなく、本気で甘えたがっているのだ。

 だからこそ、対応に困る。
 本当にタチが悪い。
 どうしろっていうんだ。

 またも、芳乃が立ちあがった。
 そのまま俺の隣へ移動――
 するのかと思いきや、芳乃は俺の背後に立った。

 両の肩に載せられる重み。
「マッサージしてあげる。たまには兄孝行しないとね」
「凝ってねーよ。父さんにしてやれよ、喜ぶぞ」
「えー。でも、お兄ちゃんにしたい気分なんだもん」
「やめろって、暑苦しい」
 少々マジなトーンで言うと、芳乃はすんなりと手を退けた。

 それきり、次のアクションはなく。
 言葉もなく。
 かすかな息遣いと気配だけが、背後に佇んでいる。
「…………」
 沈黙が続く。

 実際のところ、俺たちの兄妹関係は、良好と呼べるものではなかったと思う。
 傍から見れば、敵対とまではいかなくとも、対立しているくらいには映っただろう。
 それが芳乃の一方的な対抗意識によるものだったとしても、関係ない。
 俺が妹に向きあおうとせず、関係を改善する努力を怠っていたのは、まぎれもない事実だ。
 兄らしいことなんて、これまでろくにしてこなかった。
 しようとも思わなかった。
 だから……まぁ。
 たまには兄としての自覚を持ってみるのも、必要なことなのかもしれない。

「突っ立ってないで、隣、座れよ」

 十秒ほど、迷うような間があって。
「……いいの?」
 遠慮がちな問いかけを、俺は一笑に付した。
「いいも悪いもあるかよ」
「……ありがとう」
 芳乃はそっと俺の隣の椅子を引き、控えめに腰を下ろした。
 すかさず俺は椅子を寄せ、距離を詰めた。
 芳乃が真意を確かめるような目で、ちら、と俺を窺い見る。
 その視線を、俺は真っ向から受け止めた。

 ほとんど体当たりするみたいに、芳乃がしなだれかかってきた。

 今度はちゃんと、受け入れた。
「……ねぇ」
「ん?」
「しばらく、こうしててもいい?」
「好きにしてくれ」
「…………お兄ちゃん、だぁい好き」

 涙のにじんだ声で、芳乃は囁いた。

「清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く