清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない

イーイーイーヤ

また妹に彼氏ができた

 九月一日。
 夏休み中の不規則な生活が祟って、久々の学校は終始眠気との闘いだった。
 なので、帰宅した俺はまっすぐに妹の部屋へと向かった。
 妹はまだ帰ってきてないようだ。
 俺は妹のベッドに背中から大の字で倒れこみ、そのまま眠りについた。


 ――どうぞ、あがって……くん
 ――ここが……ちゃんの家かぁ

 遠くからかすかに聞こえてくる話し声に、俺は薄目を開けた。
 どうやら妹が帰ってきたらしい。

 ――はは、……ちゃんの部屋にお邪魔できるなんて、夢みたいだぜ
 ――もう、……くんってば、大げさなんだから

 この声は妹――芳乃よしのと、
 …………もう一人の男の声は、誰だ?
 みなとか?
 いや、あいつと芳乃はもう別れたんだった。一緒に帰ってくるわけないか……
 俺は伸びをしながら、まだ半分眠っている頭で思考をめぐらせる。
 湊じゃないとすれば……
 考えているうちに、話し声はだんだんとこちらに近づいてくる。
 彼女たちが向かう先は、

「ここがわたしの部屋だよ♡」

 ここか?
 ガチャ。
 目の前の扉が開かれる。
 入ってきたのは、この部屋のあるじ――俺の二つ下の妹、相沢あいざわ芳乃。
 くりっとした大きな目に長い睫毛、きれいな桜色の唇。とんでもなく整ったその顔立ちが、正真正銘の“すっぴん”だというのだから驚きだ。俺と血が繋がっているだけのことはある。
 なによりも目を引くのは、漆黒のロングヘアー。きめ細かでつややかで、一目見て完璧な手入れがなされているのだとわかる。ここだけの話、触り心地も申し分ない。

 デレデレに緩みきった顔をしていた芳乃は、俺と目が合った瞬間、凍りついた。

 そして芳乃は、肩をぷるぷると震わせ、
「…………出て行って」
 邪魔者を見るような冷たい視線を、俺に向けた。
「どしたん芳乃ちゃん、入口で急に立ち止まったりして? つか入るよ? いいよね? んじゃお邪魔しまーっ……え?」
 芳乃を押し退けるようにして入ってきた男は、ベッドに横たわる俺を見て、目を丸くした。
 茶髪の、いかにも軽薄そうな男だ。顔はまぁ、そこそこか。
「……いやいや。芳乃ちゃん、誰よそれ? まさかの二股?」
 俺を芳乃の彼氏とでも思ったのか、男は声に不機嫌さをにじませ、芳乃を問い詰める。
 芳乃は取り繕った笑みを浮かべ、
「ち、違うよシュンくん? シュンくん勘違いしてる。だってこの人、わたしの兄だから」
「兄貴ぃ? なんで兄貴が芳乃ちゃんの部屋にいるんだ? しかもベッドの上って」
「そっ、それは……ごめんねシュンくん、ちょっとだけ待ってて? すぐ戻るから」
 芳乃はつかつかとベッドに歩み寄り、ガシッと俺の腕を掴んだ。
「来て」
「引っ張るな、痛い」
「早く!」
 俺は芳乃に手を引かれながら部屋を出た。

 リビングまで来たところで、芳乃はようやく立ち止まる。
 解放された腕をさすりながら、俺は芳乃の背中に声をかけた。
「よかったな、彼氏できて」
 芳乃は返事の代わりに、

「はぁぁぁぁぁぁ〜っ……」

 深い深い、溜息をついた。
 そしてぽつりと一言。

「最っ悪」

 振り返った芳乃は、俺を睨んでいた。
「どう責任取ってくれるの」
「なにが」
「せっかく……新しい彼氏できたのに! おに――あんたが部屋にいたせいで変な誤解されちゃったじゃん! これでもし……振られたりしたらっ」
「ただの誤解なんだから、すぐ解けるだろ」
「うるさい! 誤解が解けたら解けたで、『芳乃ちゃんって、我が物顔で妹の部屋で寝るような変態兄貴がいるんだ……』って気持ち悪がられるかもしれないでしょ! それが原因で振られちゃったらどうしてくれるの!」
「知るか。俺のせいじゃない」
 だいたいなんだよ、変態兄貴って。
 俺はただ、妹の部屋で気持ちよく寝てただけなのに。
 甚だ心外だ。
「あぁもう、とにかく!」
 有無を言わせぬ強い口調で、芳乃は言った。

「もう二度と、わたしの部屋に立ち入らないで」

「はあ。元から俺は、それで一向に構わないんだけどな」
「それから、シュンくんが遊びに来てるときは、外出てて。邪魔」
「……部屋に引っこんでればいいんだろ?」
「駄目。絶対に家から出て」
「…………」
 まあ、いいけど。
 俺は無言で玄関に向かう。
 扉の前で、振り向かずに訊いた。

「彼氏ができたら、俺はお役御免ってわけか?」

 返ってきたのは冷笑と、
「最初っから、必要としてなんかいないから。ちょっと妹に頼られたくらいで、いい気にならないで」
 そんな言葉だった。


 ――それから一週間後の、夜。
 俺と芳乃は、同じベッドの上にいた。
「んん……お兄ちゃぁん……」
 芳乃は甘えるような声を発しながら、枕となった俺の腕に頬ずりしている。
 俺は自由なほうの手で頭を撫でてやった。
「あっ、それ好き……もっと撫でて……」

 なぜ、こんなことになっているのか?
 事の始まりは、夏休みまで遡る――。

「清楚系ビッチ妹のデレ期はうれしくない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く