クラス転移はts付きで

lime

二十一話~貧乳程巨乳を憎む物はない~

 翌日、ボク達は朝早く訓練場へ招集された。 
 フェルさんはまだ、昨日の事が怖いのかボクの方をあまり見てくれなかった。 
 
「ねぇねぇ、カシモトってオムライス作れる?」 
「適当だけど作れるよ? そもそもオムライスって誰でも作れるでしょ?」 
 
 ボクがカシモトに質問すると、カシモトは何でもない風に答えた。しかも、誰でも、とまるでオムライスの作らないボクを挑発しているような言葉つきで。
 
「どうしたの? そんな苦虫を噛み潰したような表情をして、あ、もしかして作れなかったりする?」 
「むーっ! この会話してて、この表情になるってそれしかないでしょ! カシモトって案外性格悪いね!」 
 
 ボクが悔しそうな表情をしているのがばれたのか、カシモトはニヤニヤしながら、挑発してきた。 くっ、世の中にはカシモトみたいな完璧美少女? 完璧美男子? はそこまでいなんだよ! そもそも、前世ではまともに料理とかをしたことがないボクが作れるわけないじゃん! 魚とかも見分けつかないよ!
 
「それよりも何でいきなりオムライスの話をしだしたの? まだ食べたりなかったの?」 
 
 挑発していたカシモトは一息ついた後、急にジト目でボクを見つめてきた。まだ食べたりないわけがないので、まだボクの事を馬鹿にしているんだと思う、本当にそう思っているのならボクは悲しいよ。
 
「違うよぉ、向こうでオムライスがなかったらカシモトに作ってもらおうかなー、って思ってね、聞いてみたわけですよ」  
 
 ボクが質問した理由をカシモトに伝えると、カシモトは「王女様に聞けばいいんじゃないの? 私たちと同じくらいの歳なんだから、学園にも通ってるんじゃないの?」と、提案してきた。ボクは何故こんなことが思いつかなかったんだ! まさかッ! シンノスケの馬鹿が移っちゃったり!?
 
「じゃあ、あとでフェルさんに聞いてくるy――」 
「勇者の皆さん、これから学園に向かいます、学園はほとんど貴族の学園なので、あまり問題を起こさないでください。……まあ、勇者には伯爵と同じ位の権力は有るので大物に喧嘩を売らない限りは問題にはならないと思いますが、もし、問題が起きると私にも責任が来るので、怒りますよ? 
 取り敢えず、学園の事は学園についてからの説明になるので質問も向こうでして下さい」 
 
 全員が揃った様でフェルさんが、小中学校の校長か、副校長の話的な事をし始めた。やっぱりフェルさんは学生の様だったが、余りフェルさんが頭良く見えないのは多分、昨日のせいだと思うが。 
 
「じゃあ、適当に馬車があるので乗り込んでください」 
「あはは、スピーチが怠くなったのかな? 滅茶苦茶適当になった」 
「煩い黙れ赤髪切れ目糞巨乳! これだから巨乳の奴にはろくな奴がいない」 
 
 なんだろうか、フェルさんは過去に巨乳の人に何かされたのかな? もう嫌っているというよりかは憎んでいるみたいだけど? それとも、単にシンノスケが嫌いなだけなのかな? 
 
「にやけていないで、早くしろ!」 
 
 ああ、微笑ましいねぇ。むぷぷ。 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 
 
 
 馬車で三十分近く移動し、見えてきた大きな建物が国立なんたら学園だった。学園のサイズは東京駅を五、六倍大きくしたような位、大きな構造物だった。 
 
「さあ、ついたぞ、ここが国立高等総合学園だ、でかいだろう?」 
 
 フェルさんも大きさを自慢したいらしく、大きさの事を聞いてきた。フェルさんの口角もわずかに上がっていて、自慢げだった。……フェルさんが建築したわけでもないのにね。 
 
「なんだライム、言いたい事が有るのなら言え」 
 
 ボクに向かって仰々しく言い放った。……少し偉そうにしすぎてる気がするけど、まあ、王女だからこっちの方が普通なのか。
 それと、ボクの周りの人って心が読める人が多くない? カシモトと、シンノスケと、フェルさんと、多いのかな? 読心術持ちの人は。 
 
「いやぁ、自慢げにこの学園の事を話していて、微笑ましいなぁ、と思っただけですから」 
「だ、誰が微笑ましいだ! お前の胸の方が微笑ましいだろうがっ! ……ひぃ!」 
 
 うん? なんで急にボクの胸の事になるのかなぁ? かなぁ? んふふ~、別に胸のサイズなんて関係ないよねぇ? ねぇ? それにさぁ? さぁ? 胸のサイズなんて操作できないんだよ? だよ? ボクだってもう少し大きな胸が良かったと思うよ? 思うんだよ? それでも好きって言ってくれるカシモトとかが居るんだから君よりは幸せなんだよ? 幸せだよ? そもそもね? ねぇ? 「言いたい事が有るのなら言え」って言ってきたのは君じゃないか、それなのにボクを責めるのはおかしいんじゃない? おかしいよ? 滑稽としか思えないよ? ないよ? 
 
「ライム、落ち着け、別に胸なんて関係ないよ。私はライムの性格とかが好きだったから恋人になったんだよ? あんな性悪女の話なんて聞かなくていいんだよ?」 
 
 はっ! 危ない危ない、フェルさん同類に胸の大きさの事を言われて正気を失っていたよ。あれ? こう言う時ってなんていうんだっけ? 「ボクは正気に戻った!」だったっけ? 
 
「大丈夫だよ、ごめんね」 
「大丈夫、多分、アレ王女も胸が小さくて僻んでたんじゃないの?」 
 
 僻んではないと思うけど? 王女に向けてアレは無いんじゃない? まあ、王女に向けて威圧していたボクが言う事じゃないけど。
 て言うか、最近フェルさんに嫌われてるんだよね? まあ、フェルさんとかがボクを怒らせるのが原因だから、ボクはそんなに悪くないんだけどね、そもそも、ボクがキレたって明日には期限直してるからね? 大丈夫だからね? だから泣かないで、ボクの良心が痛むよ。 
 
「ひぃ! ゆ、許して! な、何でもするからぁ!」 

 フェルさんは、ボクが怒ったのが怖かったらしく、目には涙が少しだけ浮かんでみた。……ん? 今なんでもするって言ったよねぇ? 

「え? 今何でもするって言ったよね?」 
 
 ボクが冗談で言ってみると、フェルさんは、ぶるぶると震えだした。 
 あの、そんな反応されるとボク、泣くよ? なんでそんなに怖がられてるの? 
 
「ちょ、流石に置いておいた方がいいよ、精神汚染されてるから」 
「うぇ!? ボクってそんなやばいことしてるの!? そ、それなら、早く離れないと!」 
 
 そんなこんなでボク達の学園生活が始まった。(まだ施設内にも入れていないが) 

「クラス転移はts付きで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く