非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私のジップロックと俺の先生の相談

百五十七話






【新転勇人】






「…………待たせちゃった先生も悪いけどさ、なにしてるの?」
自由時間で夜の京都を散歩する予定だったが先生の相談とやらで待たされていたのだ。
その旨を円香に伝えたら、一分もしない間に部屋にやってきて敷いてあった布団にくるまったのだ。
……で、先生は今も布団にくるまっている円香を見て思わず呟いてしまったのだろう。
仕方ない。俺もさっき同じことしたから。
「勇人くん?この子何してるの?」
「匂いつけてます!」
「匂いつけてるそうです。」
「は、はぁ……」
うん。同じ気持ちです。
なに?匂いつけてるって。
しかもこの子俺が夜着る予定だった服着てるからね?
部屋に来てすぐ、俺に断りなく、広げてたバッグから服を取り出して着始めたんだよ。すげぇ嬉しそうな顔で。
円香が嬉しいならそれでいいんだけどさ、さすがに聞いちゃうじゃん、何してるのって。
そしたらなんて言ったと思う?
『これで今日の夜過ごしていいですか?』
って言ったんだよ。
意味わからないでしょ?
前々から言ってもらえれば余分に持ってきたのにさ。
「勇人くん、あれでいいの……?」
「あ、大丈夫です。好きにやらせときましょ。」
「んぅ〜!!」とか言いながら顔を枕に押し付けている円香を尻目に先生へ話を促す。
てか俺今日あれで寝るんだよな……。
「勇人、とりあえずジップロックならあったぞ」
ドアを開けて帰ってきたのは浅見くんだ。手にはコンビニの袋が握られている。
「お、ありがとう」
「どーってことねぇよ!」
「ジップロックなんて何に使うの……?」
「まぁ見ててください」
考え込んでいる先生のためにも、俺はすぐに正解を取り出す。
「これって……」
俺が取り出したのは一枚の肌着、この旅館に到着するまで来ていたものだ。
先程脱いだこれを、浅見くんが買ってきてくれたジップロックの袋に入れて――

「それいけ!」

この部屋の端っこの方へ向かって投げた。
すると、俺の思惑通り――

「勇人くんッ!!」

先程までゴロゴロしていた円香がチーターの如きスピードで布団から飛び出し俺の投げたジップロックを捕獲した。
「えぇ……」
片手で口を覆い、驚愕どころかちょっと引いてるまである由美ちゃん先生。
円香はというと、手を器用に使い、猫のような動きでジップロックを転がしている。
「ま、これで円香に聞かれなくて済みますんで話を進めましょうか」
俺と浅見くんにアイコンタクトをすると、先生は深呼吸を一度、そして口を開いた。
「分かった。じゃあ早速だけど……」
先生は胸の前で手をつんつんしだし、途端にクネクネとし始めた。
顔は若干赤らんでおり、それを見るだけでどんな内容の相談か分かるほどだった。
浅見くんとアイコンタクトを交わし、一度深呼吸をする。
よし。
これでいいだろう。俺も心の準備ができたところだ。
「…………先生ね、す、すすすすす好きな人ができたの……」
か細い声で、俺たちにのみ聞こえるような声で。
先生はポツリと呟いた。
「先生今年何人目んぼんんんん!!」
「浅見くん?」
「んーんー!!んん!!」
爆弾を、地形を変えてしまいかねないほどの爆弾を投下しようとした浅見くんの口を塞ぎ、睨みつけて目で訴える。
たしかに、たしかに先生は気持ちの移り変わり四季より激しいイメージがあるが…………今回ばかりは違うだろう……。
そもそもイメージだし。
「それでね、先生さ、いつもシングルなファーザーを狙ったり、石油王とか狙ってるでしょ?」
「そ、そうなんですか?」
「うん、そうなんです。」
そうなんですか…………。
シングルなファーザーからだいぶ飛躍した気がするけど。
『狙う』って言い方やめない?
「でね、先生が今してる恋って言うのが、」
「「が?」」
浅見くんと声を揃えて、そして二人してとりあえず身を乗り出して聞き入ってみる。
「……お医者さんなの」
「医者!?」
「玉の輿!?」
考えることは二人とも同じ、金のことしか考えていない。
それに加えて由美ちゃん先生が好きになるってんだから相当なイケメンなんだろうな。
「お、お金で好きになったわけじゃないのよ!?そうね……出会いは――」
おいなんかすげぇ嬉しそうな顔で語り出したぞ。
「……先生の行きつけのバーよ。私がそこでカクテルを飲んでいるときに出会ったの。初めはひどかったのよ?お子様がなんでこんなところにいるんだ!って」
ふむふむ、で、長くなるかなこの話。
「その日から、そのバーでよく会うのよ。」


――要約するとこうだ。
イケメンの医者と出会って最初はいじられてたけど喋ってくうちに互いに打ち解けてきて先生の方が好きになってしまった。と。
で、なんでいつも豪快な先生がここまで慎重になっているかというと、
「先生も……最後なのよね……」
と、遠い目をしながら言っていた。

「――もう悲しい思いをするのは嫌なの。本当に情けない話だけどあなたたちの力が借りたくて……」

由美ちゃん先生も女の子なんだよな。
今まで散々からかって来たからなんか変な感覚だけど……ここまで距離の近い先生はそうそういないだろう。
「俺たちでよければいくらでも力になるぜ由美ちゃん!」
「ありがとう……てか由美ちゃんいうな!」
小さい女の子が大人をポカポカ殴っている図。
そんな、恋する乙女と化した由美ちゃん先生はひとしきり殴り終えるとおもむろにスマホを取り出して画面を向けてきた。
「この人なの」
画面には、真っ赤な幼女とほんのり顔を赤らめているめちゃめちゃなイケメン。
座っているが、座高が違うのでイケメンが少し屈みながら由美ちゃん先生に肩を貸していた。
「先生この時記憶なくなるまで飲んじゃってね、気がついたら家にいたの」
「なるほど……」
色々まずいんじゃないかと思う反面、忘れていた方がいいこともあるかもしれないな。
しかもそれイケメンに家教えてる可能性全然あるからな。
「で、先生はその人とどうなりたいの?」
「それはもちろん……結婚とか……」
「結婚!?勇人くん!今結婚という声が聞こえました!」
あーあ……円香の前で言っては行けない言葉ランキング二位を言っちゃったな。
こりゃ話聞きに来るぞ。
俺の肌着は無駄に犠牲になっただけか……。

――円香にも事情を説明して、協力を仰いだ。
「協力するに決まってるじゃないですか!」
「そ、そう……ありがとうね」
さっきまでの円香を見てるからか先生はちょっと歯切れが悪そうだ。
テンション高めな円香だったが、すぐに不思議そうな表情を浮かべて口を開いた。
「でもなんで修学旅行でそれを?」
「………………お土産渡すと同時に告白しようかなって……」

「「えぇ!?」」

この人すごいな。


――そしてそこから晩御飯まで、先生の計画とやらを聞かされ、なんと修学旅行の後にすぐ服を選びに行くことに決まった。
乗り掛かった船だ。
ここまで来たら最後まで付き合って、どうせなら行く末を見届けたいな。
俺は、『相談代』として由美ちゃん先生から貰ったチョコレートを口に運んで、晩御飯へ向かった。








おいこいつこのまま蒸発するじゃないか!?

井戸も思いましたよ。
けど許して、今年受験生の身としてやらなきゃいけないこといっぱいあって、合間を縫うのがだいぶ難しいんだよね。
出来ることなら週三あげたいとは思ってます。
そして、コメント欄の諸君。
井戸も大好きだぞ。

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    受験どーでもいいので更新してください

    1
  • A・L・I・C・E

    受験と更新の両立頑張ってくださーい応援してまーす(棒)

    2
  • Flugel

    わ、私は井戸のことなんてす、す、好きなんかじゃないんだかね!受験頑張りなさいよ!落ちたりしたら私が許さないんだから!

    1
  • アクノロギア

    受験頑張ってください
    勉強に支障が出ない程度で執筆を頑張ってください、良いとこ行けることをお祈りしときますね

    1
  • 大橋 祐

    井出さん大好き

    1
コメントをもっと見る / 書く