非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私のお持ち帰りと俺の決意

百四十二話





【新転勇人】






俺の手の甲をえぐるかのように円香の爪がたてられる。
怒りが押し寄せてくるが、隣で俺よりも激昂している円香のおかげで叫ぶまでには至らなかった。
「なんでそんな――」
怒りをあらわにし、俺と繋いだ手にこれでもかと力を込めた円香は声を荒らげる。

が、それを遮るようにして結花の声がこだました。

「かわいいって!嘘だったの!!?」

先程言い争っていた声をはるかに上回るほどの怒号だった。
これにより周りの人も修羅場が起きていることに気づき、場はざわつきに包まれた。
声を荒らげているのは結花だけで、男とその女の声は聞こえない。
ただ聞こえるのは結花の哀しみに満ちた怒りの声のみ。


周りの野次馬たちの小言や怒り、それに円香の我慢の限界が訪れそうなので俺は円香の手を引っ張り結花の元へと駆け寄る。
さっきまではバレることを恐れて何も出来なかったがそんなこともうどうでもいい。
これ以上涙を浮かべる妹を、結花を見ていられない。
「結花。帰るぞ」
「え、にぃ!?ちょっと!離して!!」
問答無用で手を取り、その場をあとにする。






【新天円香】






「にぃ!待って!離して!話しの途中なの!」
「待たない」
無理やり引っ張られている結花さんは手をブンブンと振り回し、勇人くんの手から逃れようとしています。
というかなんですかあの人!
知らね、とかふざけてますよね!?
何なんですか!申し訳ないですけど隣にいた女性より結花さんの方が数千倍かわいいですからね!?
「離してよ!すぐ帰るから!話し終わったら帰るから!」
「ダメ。」
勇人くんは食い気味で結花さんの言葉をシャットアウトして、なおも引っ張り続けます。
わ、私もこのまま勇人くんの家にお持ち帰りされちゃうのでしょうか……♡
いや、今はそんなこと考えている場合じゃないです!
ばか円香!
「にぃのバカ!大事な話しなの!ねぇ!離し――」
「妹が悲しい思いをするって分かって離す兄がいるかよッ!」
おぉっとかっこいい。
なんかおふざけしている場合でもないですし、なんか怒りが冷めてきました。
まだ怒りたいですけど!!
「…………離してよ……」
「ダメだ。帰るぞ」
「・・・」

勇人くんが超絶かっこいい兄言葉を放ってから結花さんは大人しく引っ張られていきました。

なお私は勇人くんの家まで一緒に来てしまいました。





【新転勇人】





「どう?落ち着いた?」
暖かいミルクを渡し、口をつけたのを確認して声をかける。
ミルクを温める少しの時間だが、円香はずっと結花のそばに寄り添ってくれていた。
「にぃなんでいたの」
「それはこっちのセリフなんだけど……円香とゲーセン行った帰りだったんだよ。そしたら偶然。」
「そっか……」
結花は再びミルクへ口をつける。
「ま、まぁなんだ。今日一緒に寝てやるから。な?」
「ずる――」
空気を読んだ円香は声を出さないように自分の口を抑える。
もうほとんど言ってるのと変わらないけどな。
「今日はもう寝な。明日もっと落ち着いたら考えよう。今度は俺の友達みんな連れてくるからさ。」
あの男に近しい感情を抱いてたやつがいたしな。
それにチートキャラの左道さんがいるし。
コテンパンよコテンパン!
「…………約束……」
「うん、約束な。風呂入ったら行くから。結花は明日の朝入りな」
「寝る」
「はいよ」
俺は部屋を出てく結花へ見送り、結花の脱いだブレザーを拾い上げる。
「勇人くん、あの男どうしてやりますか」
「どうしてやろうねぇ……」
ポキポキと指を鳴らすジェスチャー(一切音は鳴ってない)をしてる円香。
さながら円香オルタだ。
だが、本当にどうしてやろうか。
浅見くんの数倍は許せない。
なんで結花なんだよ。
結花が何かしたっていうのかよ。
「勇人くん。爆発させたいです」
「分かる。けど犯罪よ。」
円香オルタ怖い……まずありえないけど浮気したら殺されるぐらいの事じゃ済まないかもしれない……。
死なない程度に痛めつけられて飼われるかもしれない……。
「じゃあ死なない程度に痛めつけて二度と私たちの前に現れないように誓わせましょう」
よし決めた。
浮気しないし浮気っぽいこともしない。
殺される。
「円香、一旦落ち着こう。痛めつける選択肢しかないのかな?」
「勇人くんの魅力であの男の隣にいた女を落とすという作戦も」
「失敗確率100%だよそれ。作戦というより捨て駒捨てるだけだよそれ」
「いい案だと思ったんですけどねえ」
円香オルタの性質がだんだんわかってきたぞ。

基本的に考え方のベクトルが違うのと、傷つけることを主な考えになっている。
そして何より俺への気持ちが膨れ上がりすぎる。

「とりあえず左道さんに話してみよ?」
「真結はすごいですもんね!」
ふんすっ!と鼻息を荒らげて友達自慢をする俺の彼女。
かわいすぎる。


まぁ何はともあれ。


あいつは絶対に許さない。










おうおうおう!!
読み終わったか友人!
見つけたとか言ってLINEで報告してきやがって!
この前目の前で小説書いてた井戸が悪いけどさ?
読んでるかー!


はへぇ

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 猫ネギ

    左道さんは情報はドナルド教祖様の2ランク下ですが神レベルです

    2
  • ツンデレ女王

    彼氏さん腹立つっすね

    2
  • ミラル ムカデ

    相変わらず残念な作者さん井戸!

    0
  • 大橋 祐

    ブス!! はげ!! 顔面コンクリート!!


    ネタですよ?

    1
  • 影の住人

    エクス縫い針モルガーン…

    0
コメントをもっと見る / 書く