非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私の早起きと俺のコスプレ

百九話





【新天円香】





「お母さん!!」
私は台所に立つお母さんへ声をかけます。
「ど、どうしたの?」
驚くのも無理もありません。
だって今は日すら昇っていない時間帯なのですから。
「今から勇人くんのためにお弁当をつくります!!」
早く起きて勇人くんのために美味しいお弁当を作らないといけないのです!
妻として!

「わ、分かったわ」
「よし!作りましょう!!」
不安げなお母さんはほっといて勇人くんへの愛を詰め込むことにしましょう。





【新転勇人】





「――秋といえど体調には気をつけてください」
校長先生の長い長い話が終わりを告げようとしていた。
立って聞くのには長すぎる話が終わろうとしてることで周りからは安堵からきたであろうため息が多数出ていた。
「生徒会長挨拶」
「はい」
司会の方のよく通る声と、それに返事をした凛々しい声。
いかにもな生徒会長が登壇する。
「諸君、今日は力の限り戦い、楽しもう!!」
かっこいい……心に余裕が無い時だったら惚れちゃいそう……。
あ、やばいやばい。こんなことしてたらまた円香が闇円香になってしまう。
生徒会長は「以上!!」と告げ、凛々しく踵を返し降壇して――
「あうっ」
落ちた。
足を滑らせて落ちた。

あんなにかっこよくて凛々しいのにドジっ子とは……。
周りからもぽつぽつと笑いをこらえる声のようなものが聞こえる。
わかる。わかるよその気持ち。
俺も絶賛同じ気持ちだもん。


「以上をもちまして開会式を終了します」
第一の競技と言っても過言ではないほど足にくるものがあった開会式がようやく幕を閉じた。










「勇人くん最初はコスプレですよね?」
「うん、あんまり派手じゃないのがいいな」
俺は円香と二人で校庭の談笑スペースにてまったりとくつろいでいた。
去年は隅の方で体育座りをしていたのに。
「友達から聞いたのですが、お題のコスプレは全部で四つあるらしいですよ?」
四レーンしかないから妥当といえば妥当だろう。
ちなみにコスプレ走は男子しか出場できないので、女子にはさせられない衣装などが入っている。
「どうやらその一つは、セクシーナース服らしいんですよ。これって、りーくっていうやつですよね?」
セクシーナース服…………キツすぎる。
多分もうひとつはセクシー悪役(ド〇ンジョ様)とかだろう。
その場合「お仕置きだべ〜」と音のなり続けるキーホルダーをつけて走らないといけないのだ。去年がそうだった(体験談)。
「去年の衣装も好きでしたけど今年はどんな衣装になるんでしょうね〜」
「そうだね〜」
はぁ…………なんだろうこの平和。
最近ひっきりなしに色々起こりすぎてたからこの平和な感じを忘れてた気がする。
やっぱりいいなぁこの感じ。
「なんか退屈ですね」
あら?僕の彼女はそうでもなかったみたい?
「あ、違いますよ!勇人くんと話すのが退屈って訳じゃないですよ!?」
「分かってる分かってる」
わたわたと焦る円香へ微笑ましい視線を向けながらそんなことを言う。
多分昔の俺だったらこんなに自意識過剰気味なことは言えないだろう。
まぁそう考えるといろいろ成長したってことだろうな。


「あ!コスプレ走次ですよ!!」
「お!じゃあいってくるね」
「はい!いってらっしゃい!です!」
まるで夫婦の朝の挨拶のようだ。
なんか円香にことある事に「妻なので!」的なことを言われ続けてるから俺までそんな思考になりつつあるな……。
いや、嫌だってわけじゃないけど気が早いんだよな。
もっとこう…………ね?
いろいろあるじゃん。多分。
「――続いてはコスプレ走です。少々お見苦しいかもしれませんがどうぞお付き合い下さい」
そんな実況を聞いて、周りのいわゆるパリピと呼ばれる人たちは「どーゆーことだー!」「見苦しいってなんだよー」「僕は女の子と走りたかった」と、待って最後のなに?気のせいじゃなければただの欲の塊がいたよね?
「それでは張り切って参りましょう!!」
こうして俺の今年初競技であるコスプレ走が幕を開けた。

ちなみに順番は――一番目だ。







「なんだよこれ……」
円香が見ていることで多少はかっこつけたい俺だが、用意されていたお題を見て戦慄した。

「俺こんなの来て残り走らないといけないのかよ……」

用意されていたお題とは、水色のズボンに黄色のシャツ、そして“黒いランドセル”という今までのセクシーはどこへ行ったと声を大にして叫びたくなるようなものだった。






水曜日はごめん!
お腹痛すぎて笑

身近に感染性胃腸炎の子がいるから怖かったの。
正直シャレにならないほど痛かった。
まぁ点滴打ってもらったらよくなったので大丈夫だと思います!多分。

そういえばナース服っていいよね。
あの太ももが特に。
病院行った時、ナース服のあの部分がぱつんぱつんに張ったナースさんがいてちょっとナース服に嫉妬しました。
いくら払えばナース服になれますか?


「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 黒

    体に気をつけながら毎秒投稿しろ、です。

    1
コメントを書く