非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私のおっぱい体操と俺のやんきー彼女

百八話





【新転勇人】





「――次、骨組み組んじゃって」
「「はーい」」
体育祭前日。
他の生徒は明日のために英気を養い泥のように寝ている中、俺たちはテントの設営や石灰でラインを引いたり、体育祭の会場準備を行っていた。
「全く。優等生の円香ちゃんは困りますね〜」
左道さんは若干皮肉じみたことを言った。
「新天のその優等生オーラが面倒事引き寄せるんだろうね〜」
先輩も言う。

これが円香のいないところでなら俺たち三人の冗談、ということで済ませられるが、残念ながらここにはもう一人、しかもご本人の円香がいるのだ。
「むぅ……」
もう一度言おう。
俺たち三人ならただ冗談になる。
ただ――
「わ、私優等生やめます!!」
俺の彼女は純粋すぎるのだ。
冗談が通じないほどに。


「えっ?ちょっとやってみてよ」
円香の優等生引退宣言に、案の定楽しそうな表情で乗っかる左道さん。
絶対茶化す気まんまんじゃん。
でも……正直俺も見てみたい。
円香がヤンキー、不良になるところ。
円香の場合俺の力だけで更生させられそうだしね。


円香はボタンを第二ボタンまで外し、シャツの裾をだらしなく出し、着ていたブレザーを脱ぎ腰に巻きつけて――

「やんきーだぞ!!」

と。

多分これを見させられた俺たち三人は皆同じ感想を持ってるんだろうな。

「「「かわい……」」」

謎のファイティングポーズと共に慣れてない感満載の「やんきーだぞ!!」は卑怯だろぅ……。
そんなん可愛いもん。

「ど、どどどーしたこらー。こわいだろーー!!……です」
最後小声で、です、って言ったよね!?我慢出来なくて言っちゃったよね!?

――その時、左道さんが禁忌に触れた。
俺が「はぁ〜円香やばいなぁ」なんて思ってる時に、初めから誰もが思っている禁忌に触れてしまったのだ。

「円香?そこまでボタン外してるけど、先輩みたいに大きな胸ないからすごい不格好よ?」

…………こ、これだけならまだよかった。
だがあろう事か先輩まで禁忌に触れてしまう。

「あたしは閉めちゃうとちょっと苦しいから開けてるだけでヤンキーじゃないよ?」

円香の体がプルプルと震えている。
仕方ない、だって今の会話の中に円香が一番気にしているであろう胸の話題が出ていたのだから。

ここだけの話、優香さんから聞いたんだけど、毎晩お風呂でおっぱい体操なるものを実行してるみたいなんだけど、体操できるほどのポテンシャルが備わってなくて毎晩「私は体操することすら許されないんですかァ!」って聞こえるらしいの。
あ、優香さんはその現場をちょくちょく覗いてるみたいだから相当集中して体操してるんだね。

「や……やんきーだぞー……ぉ……」
あ、完全にやられてしまったみたいです。
「左道さん!先輩!」
俺は「やんきー……強いんだぞぉ……」とぼやいている円香に気づかれないように二人に声をかけ円香への謝罪を促す。
「任せて」(ニヤニヤ)
「新天胸の大きさ悩んでるの?半分くらいあげたいわ」
この二人は……ッ!
先輩は完全に天然だけど左道さん、あなたはなにかやろうとしてますよね!?
追い討ちかけようとしてるよね!?
「円香?ごめんね?私のをあげられたらいいんだけど……」
地雷踏んだ。
というか地雷原に向かってダイブした。

「マユゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!」
円香の精神は限界に達したらしく左道の胸を鷲掴みにして、まさに胸を貰おうとしている。
「ちょ、円香!悪かった、私が悪かった!!」
「やんきー……真結……やんきー……」
胸を求める狂戦士と化してしまった俺の彼女(優等生)。
どうするべきか…………どうもしないべきか……。
「おーい持ってきたぞー」
その時、遠くからテントの天井部分の布を持った浅見くんが現れた。
浅見くんの力なら二人を引きはがすことも……。
「何してるん――楽園」
「目潰し」
「ィギャァァァァァァァァァァァァァァ」
無理でした。
先輩のフィルターが強すぎました。

ん〜どうするかぁ…………。
まぁ…………見てるか。
俺は「ちょっと勇人くんたすけて!」と声を上げている左道さんを無視し、円香が我にかえるまでその光景をずっと眺めていた。






【新天円香】






「どうして私は体操すら出来ないんですかァァァァァァァ!!」
私は自分で自分を恨みながら、浴槽へ入りました。
……………………体操…………。











バブリアン。

あ、ごめんなさい、つい母国語が出ちゃいました。
気を抜くとすぐ出ちゃうんですよね。

皆さんはどん〇衛のカップラーメンにある鴨だしそばって食べたことあります?
食べたことないよーって方は、あれ超美味しいから一度食べてみてください。
残った汁は暖かめのお湯で割って一味大量に入れるのが井戸流です!


あれ、今日まともだなって思ったそこのあなた!!
一行目を見てください。

ね?結局まともじゃないから。安心してください

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 黒

    毎秒投稿しろ、です!

    2
コメントを書く