非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私のドン引きと俺のぎゃんかわ彼女

百三話






【新転勇人】







放課後、円香と並び帰宅している中俺はあの証拠について考えていた。

「勇人くん勇人くん!!」
あの証拠があれば、ほぼ確実に花咲が救われる……はずだ。
「……勇人くん?」
でも問題はどうやって話を切り出すかってことだよなぁ。
あの証拠の場合面と向かって証拠を突きつけないといけないし――
「愛してますよ」
「ぴぁん!」
ボソッと、俺の耳へ愛の言葉が囁かれた。
「な、なに!変な声出ちゃったじゃん!」
耳が幸せを感じてるよ!
ありがとね!!
「何度呼んでも返事してくれない勇人くんが悪いんですーぅ!」
膨れる円香。
かわいい。
ほっぺぷにぷにしちゃう。
「ひゃっ!……むぅー」
やばいな、今の俺すっごい気持ち悪い顔してる気がする。
下手すりゃほっぺたとか溶けてるわ。
「……勇人くん……?」
「ん?」
ころころと表情が変わる円香は、ふくれっ面から不安そうな表情へと顔色を変え、恐る恐る聞いてきた。
「本当に私が隣にいても、何かで私が邪魔をして悩んだり苦しんだりしませんか?」
は?
何言ってんの?
俺は大きく深呼吸をし、そんなビクついてる円香へ、
「あうっ!」
チョップを繰り出した。
「な、なんでぇ!」
「円香が邪魔になることなんて億が一もないよ」
もしそんな確率を超えて“円香がいるから悩む”なんてことが起きたら俺はちょんぎってもいい覚悟だ。
まず無いからな。
いや!確率がな!?
「うぅ……でもそれなら良かったです」
円香は、またまた表情を変えて、今度は透き通るような笑顔で言った。
「これからもよろしくお願いします!」

ん〜!ぎゃんかわ。





【新天円香】






「勇人くんはかっれしー勇人くんはかっれしー!」
勇人くんを家まで送り、自宅へ帰る道をスキップしながら帰ります。
勇人くんは「俺が送るよ?」と行ってくれましたが、それだけは譲れません!
確かにドラマやアニメなどでは、彼氏が彼女を家まで送るというのが一般的ですが、私は逆です!
勇人くんを家まで送って、きちんと結花さんとも顔を合わせ、出来ればお母様ともお話をしたいんですが、何故かいつもお母様がいらっしゃらないんですよね……。
一体何をしている方なのでしょうか……。
「あ、お母さんからメールだ」
私はお母さんからのメールを開きます。

『勇人くんと何かあったの?帰ってきたらお母さんがお話聞いてあげるから早く帰っておいで。
あ、でも走ったりなんかすると転んだり胸が揺れたりして危ないから…………って、円香に揺れるほどの胸なんて無いか!盲点だったわ!』

励ましてくれるのか挑発してるのかどっちなんでしょうか。
揺れる胸がなくて悪かったですね!!

そんな、揺れる胸すら持ち合わせていない私はルンルンにスキップをしながら家路を急ぎました。









「ごめんなさい、は?」
「ごめんなさい」
家に帰った私はとりあえずお母さんに私の胸を馬鹿にした謝罪をさせ、牛乳を注いだコップを手にソファに腰掛けます。
「やっぱり円香、牛乳飲むのって胸――」
「それ以上喋ったらお母さんの胸を乳が出るまで捻り続けますよ?」
「なんでもないです。はい。」
そう言ったお母さんは私の隣へ腰掛けさっきまでのおふざけはなかったかのように真剣な眼差しで口を開きました。
「朝勇人くんがものすごい形相で家に来たんだけど何かあったの?」
「……勇人くん、家にまで……」
頬がぽっと熱くなるのを感じます。
「そのぉ〜何かあったというかぁ〜また始まったというかぁ〜」
「あれーどうしよ、我が娘ながらすごいウザイぞ?」
「でもそっかぁ〜私たちまた始まったんですねぇ〜」
「カムバック円香。今まで円香のそんな下品な顔見たことないんだけど!?」
「よだれ!よだれ!」とお母さんが私の頬をぺちぺちしてくれたおかげで我に返りました。
勇人くんが家に来たって辺りから、妄想の中で勇人くんとの家庭を想像してて全然話が入ってきませんでした。
そもそもなにか話してました?
「ま、まぁその調子じゃ解決したってことでいいのよね?」
「は、はい!解決しました!」
「そっか、よかった」
お母さんは大きく息を吐くと「よしっ!」と声を張り、
「てことは今日はお赤飯ね!!」
と、口走りました。
「はいぃ!?」
それには私もつい大声を上げてしまいました。
だってお赤飯っておめでたいときに振る舞われるやつですよね!?
確かにおめでたいですけどお赤飯!?
なんか話が噛み合ってないような……。
「え?だって、勇人くんが円香に(自主規制)して円香が(自主規制)で――」
「ちょっと何言ってるか分からないんですが……」
「おっと、娘に全力で引かれてしまったようだ」
(自主規制)?
(自主規制)?
何言っているんでしょう。
「円香、お母さんが全面的に悪かったから今言った言葉を検索するのだけはやめてね?」
「は、はぁ……」
そんな必死に止めなくても検索なんてしませんよ。
全く。
お母さんはたまに変なことを言い出すので理解ができません!

さっきの言葉……検索はしませんが…………。





【新転勇人】






『お母さんが、(自主規制)と(自主規制)って言っていたんですがなんて意味なんでしょうか?検索するなって言われたのですが』



おい優香さんなにしとんじゃ。
そもそもなんで一般の家庭でそんな言葉が出てくるんじゃ。
純粋で一切の穢れがない円香が歪んでしまったらどうするつもりなんですか。


『んーなんだろうね、わかんないままでいいんじゃない?』


とだけ返信しとこうか。

でも……優香さんホントなにしてんの?






【新天優香】






な〜んだ、勘違いでお赤飯炊いちゃうとこだったわ。
んー、アレじゃないなら一体二人に何があったっていうのかしら。









あと書くネタが何も浮かんできません。
とりあえず、小学生は最高だぜ!!
とだけ言っておきます。

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • Karavisu

    冷静すぎ

    1
  • 紅月

    あ、はい作者さんロリコンなんですね

    4
コメントを書く