非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

あたしのノスタルジックな感情と俺の死と隣り合わせなレベリング

四十話





【金霧杏佳】




「今日もログインしてない……か」
私はいつもの通りMMOを開いてフレンド欄【お気に入り】の所を見る。

勇っちは最近オンラインになっていない。
やっぱり新天と付き合っていることが原因なのかな…。


「……原因って…なんであたし悪いように言ってんだろ…」

新天にとってもいい事なのに。
勇っちにとっても……良い事なんだよね…?
MMOなんて人が離れやすいゲームNo.1だもんね。仕方の無いことだよね。
レベルキャップも解放されてるのに…。
いつもなら勇っちのほうからレベル上げに誘ってくるのに。

あたしだけでは効率が悪い……。

勇っちの大切さと、改めて銀杏だけの勇っちじゃないということを思い知らされた。







【新転勇人】




「今日はマジで疲れた……」
ベッドへ突っ伏しながら今日のことを思い出す。
あの後、俺の小さい頃の恥ずか死話をしようとした真奈姉を取り押さえ、その時真奈姉が“故意に”俺へ胸を押し付け、それを見ていた円香大驚愕。
俺大ピンチ。

その後も真奈姉による妨害で円香は驚愕を通り越して大混乱。
帰る頃には呂律が回っていなかった。
でも、「巨乳……やはり乳か…」と呟くときだけははっきりと言葉にしていた。


「新天さ、円香が彼女か…」
今更ながらそんな実感を得ていた。

―そういえば円香と付き合い始めてから“俺は”MMOにログイン出来てないな。
円香は暇な時間にやっているようだが俺はカンスト勢ということもあり、やることがレイドぐらいしかないため全然ログイン出来てなかった。
先輩は……銀杏さんはどうなんだろう…。

「久しぶりにやるかー」

俺はMMOを開く。

見慣れていたはずのオープニング画面に懐かしさすら覚える。

慣れた手つきでフレンド欄を開く。

「…まじかよ……」

そこには、どうやら俺が恋愛にうつつを抜かしている間に解放されていたレベルキャップに到達している銀杏さんのネームタグと、レベル順ソートにより“その下”に位置していた円の文字があった。

「まじか裁縫師…」

俺とのレベル差がハッキリと出るほどに解放されており、三人の中で俺が一番レベルが低かった。

そして、ワールドランキングもランク外へ飛ばされていた。


今の時間を確認する。
針はまだてっぺんには遠かった。

「よし…。やるか!」

俺は今までの時間を取り戻すかのようにMMOへと興じた。



〜一時間後〜

「まだだ!あと140s…」


※sとはスタックの略でこの小説では1sで99体表記。





〜三時間後〜


「あと100切った…」




〜五時間後〜



「あと70……」

徐々に操作感取り戻してきた……。
もうちょっとだ…。




〜七時間後〜


「ぁ…朝日だぁ…きれぇ…」




〜九時間後〜



「ぁれ…?なんでおばあちゃんがここに…?俺に会いに来てくれたの…ぉ?」
今そっち行くね…ぇ……。



〜十二時間後〜




「あぁ!!終わった!なんだろうこの感じ!ランナーズハイ的なやつ!?」

もはや眠くない!
さっきおばあちゃんに会ってから全然眠くもないしお腹も減ってない!

それにこの川渡り着ればもう少し楽になれる気がする!


―ん?
おばあちゃん?
川?
楽になる……?





「―うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ死ぬぅぅぅぅぅう!!!」

「にぃ!!?」

ゆ、結花…?
何でそんなに“もう二度と会えない人に会えたとき”みたいな顔してるの?
俺死んでたの?

「に、にぃ大丈夫…?」
「大丈夫って?」
俺は今、夢で三途的な川を渡ってて……。


「だって半目開けながら、うへぇ…あとちょっとだァ…あはぁ…んひ…んひひィ…。って言ってたんだよ?」
「それが精一杯の真似ですか妹よ。」

お兄ちゃんは誠に遺憾ですよ。

「似せようとしてないもん!」

「そ、そっか。で、結花はそんな俺を心配して隣にいてくれたと」

「ちっ―違うもん!!心配なんかしてないし!にぃを心配なんて、百万円積まれてもやらないんだから!」

あらそう?
“にぃ”って出ちゃってるけど大丈夫かな?
お兄ちゃんはどっかの鈍感系主人公じゃないから分かっちゃうよ?

「そうかそうか。じゃあ百一万円積んでやるぞぉー。」

「うぅ…わしゃわしゃしないでぇ…。ばか!ばーか!!」

あっ。
俺が頭撫でてやってたら顔真っ赤にして部屋出ていっちゃったよ…。
全面的に俺が悪いやつじゃん…。

「また撫でて欲しくなったら言えよー!」

まぁ彼女ができた俺には余裕があるからまたやって欲しくなったらいつでも歓迎するぞ妹よ。


―ってゲームは!?レベリングは……。


「か、カンスト……ふぅ…」

半目で人ならざるものになりかけてた甲斐はあった…か。


「良かった良かった…ランキングも二位に返り咲けたし―」

その時、軽快な音を立てて携帯が着信を報せた。


画面には、【幸福部:グループ通話】と表示されていた。

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー94128

    今さらだけどヒロインが貧乳なのはいいとして、周りの女の子ほぼ巨乳なのはヒロインへの嫌がらせかwwwあとへんな漢字変換が多いから気をつけて。

    byあのこタブレット用

    6
コメントを書く