非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私のまだ浸る感慨と俺のトラウマ

三十七話




【新転勇人】




「な、何であいつが……?」
「んー、あのあとすぐ別れたからわかんないけど…」
「けど?」
「まだくだらないことしてるみたいだよ」
動悸が止まらない。
何であいつが今俺の前に?
まずい…周りの音がぼやけてきた。水の中にいるみたい…。
「大丈夫。お姉ちゃんがいるから!ね!?」

大丈夫だ…。新天さんがいる。俺はもう独りじゃないんだ……。
それに今は真奈姉も。

「真奈姉…俺どうすれば……」
音が不透明な中、真奈姉の声がはっきりと聞き取れるはずもないのにそう呟いていた。

「大丈夫。大丈夫だよ。お姉ちゃんが守ってあげるから…」

うまく聞こえなかったが真奈姉は確かにそう言った。
そしてそれを最後に俺は深い眠りに落ちていった。







【花咲莉子】






「新転に彼女…か。」

北野ハナの取扱説明書を聴きながら、今日あったことを思い出す。

オープンスクールの手伝いの予定で行ったはずの戸内高校で新転に会うなんて。
知らないお姉さんも。
今日は不思議が多い日だった。

「あたしは何やってんだろ…」
適当な男をとっかえひっかえして、金を貢がせる。
当然相手の方は“ただ別れられた”と思っているだけ。
秋物の服とか良さげなバッグを貰っては、男を変える日々。
クラスの一部からは“ビッチ”“尻軽”と囁かれ、一度起こってしまった波は別の波が立つまで止まない。

元は私たちが悪かったのだが、そんなことを言っても彼は許してくれないだろう。
私はもう彼から離れることは出来ないし、偽りで満ちた彼との“恋人ごっこ”を続けるしかない。

「何で私が……」

悪いのは私だ。
分かっている。

私のキャンバスは新転を騙してからずっと灰色に染まったままだ。




【新天円香】




「勇人くんと恋人同士にぃ…」

私はまだ感慨に浸っています。

「勇人くんの彼女に…」

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く