非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私の未読と俺のゲーム計画

二十八話





【新転勇人】




そして、始まった夏休み。
俺は朝一で近所のゲーム屋へと向かっていた。
【黒髪にまみれるラブゲーム】
購入するためだ。
不幸中の幸いと言うべきか、ヤツが来るのは今日ではない。
しかし、“いつくるかも分からない”。
そんな恐怖に耐えつつこれからの夏休みを送らなければならない。
それに、ヤツが来ると結花が狂ってしまうのでそれにも耐えないといけない。


ゲーム屋の前に着くと、案の定行列が出来ていた。
俺にとっては知り合いに似すぎているキャラが出るゲーム。という訳だが、他の人からすればただ可愛いキャラたちが出てくるストーリー重視なギャルゲーって認識だもんな。
俺は財布から【予約券】を取り出した。

ん?
予約しているのになんで朝一でゲーム屋に来てるかって?
そんなの早くやりたいからに決まってる!
朝一に来て列に並んで買った方が早くプレイ出来るからね!
―その時、俺の携帯が軽やかに振動し、通知を告げた。
「ん?なになに…」


【円香】

明日の打ち合わせとかしたいので、勇人くんの家に行ってもいいですか?


「おぅふ…」

―俺のゲーム計画が総崩れした瞬間であった。





【新天円香】

やった!
今から勇人くんの家に行けます!
私はバッグを片手に家を出ました。




よく考えると休日に勇人くんの家に来たのは初めてです……うぅ…緊張します…。
私は震える指でインターホンを鳴らしました。

「はい―って新天円香!!」
「結花さん!?」
あれ!?勇人くんは!!?
「あの、勇人くんって…」
「に―兄貴なら朝一でゲーム買いに行ったよ」
な、なんですとー!?
「い、いや、だって―」
私は勇人くんとのトークを開きます。

【勇人くん】

今ゲーム屋なんで何時にします?

気づきませんでしたァッ!!

もう来てます。

なんて送れません!
どうしましょうどうするべきなのでしょう。
「とりあえず上がります?」
「あ、ありがとうございます」
と、とりあえずおじゃまします。


「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー41791

    最高!面白い作者さんには頑張ってもらいたいです!

    3
コメントを書く