非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私の夜中のもきゅもきゅと俺の受けたオーバーキル

十六話




「オトモダチの…浅見さんでしたか?彼は残念でしたね……それとも停学で済んで良かったと言うべきでしょうか。」
クルッと椅子を回し、俺たちの方へ体を向けた左道さん。
「まぁ、それもこれも彼女のおかげなんですよ。勇人さん♪」
「へ?」
「ちょ―真結さんっ!」
突然話を振られ素っ頓狂な声が漏れてしまう。
新天さんは顔を赤くして俺から目をそらす。
でも浅見くんが停学で済んだのは新天さんのおかげってどういう事だろう。
「彼が円香さんへしたことは、恐喝罪に当たります。つまり法で裁けるわけです。ですがそれは円香さんが被害届を出した場合に限ります。―じゃあなんで被害届を出さなかったか。それは円香さん本人へ聞いてみましょうか。」
俺は左道さんと共に新天さんへと視線をずらす。
「えっ…あ…ぁ…あのぅ…」
新天さんは顔を真っ赤にし、忙しなく視線を泳がせつつ言った。
「は、勇人くんの友達だから……勇人くんが悲しい思いをするから…」
あーまずい。
すんごい可愛い。
自分でも分かるくらいに顔が熱くなってる…。
そんな俺に対し、新天さんはまだ続ける。
「は…勇人くんの彼女として、彼が悲しむようなことはしていけないと…」
こ…これが噂に聞く……オ、オーバーキルってやつか……ッ!

どうしよう。
顔真っ赤にして照れに照れてる俺の彼女(仮)が可愛すぎて仕方ないんだが。

「は、勇人くん…?」
「………ぇあ、あぁ。あ、ありがとうございます。」
俺の瞳を覗き込むように視線を向けてくる。
今まで目が合ったりしてもそこまでの動揺は感じなかったけど、今感じてるこの心臓がキューってなるやつなんだろう。
病気!?新天さんと一緒にいることで知らず知らずのうちに周りからの視線の圧に心臓が耐えきれなかったのか…!?

はい。閑話休題。というか茶番乙というか。

まぁストレートに言うと多分、本格的に気になり始めた、ということだろう。
意識してるからこんなにドキドキしてるんだろうな。

まじか。

ちなみに俺の恋愛遍歴は。
第一次嫁選考戦争を勝ち抜いたSA〇のシ〇ン。
そして第二次嫁選考戦争を勝ち抜いた〇NE PIECEの某砂の国の女王であるビ〇。
そして、第三次嫁選考戦争が訪れる。
これに勝ち抜いたキャラは、俺の人生において最も愛した女だろう。
そう。Re:〇から始める異世界生活のレム!レムりん!!レムりーーーんっ!!!

この子たちが俺の嫁であり、恋愛をしてきた(一方的にとか言ったヤツ表出ろ)子たちだ。


そして今、俺は新天さんに心を奪われつつある。
その場合、空白と化している第四次の席に【新天円香】の名前が刻まれる可能性すらあるのか……なかなか悪くない。三次元の輝きすごい。


「もう次の話に移って大丈夫ですか?」
そんな痺れを切らしたような口調で告げた左道の言葉で現実へ引き戻される。
「あぁ…大丈夫です。ところで次の話って?」
「はい。では……」
コホンと咳払いをし、神妙な面持ちで口を開いた。

「―新天さん。部活の件ですが、詳しくお話を聞いてよろしいですか?」
「あっ、はい。わかりました」
ん?部活?
新聞部のこと?
「私は新聞部と兼任する形になってしまいますがそれでもよろしいんですよね?」
「はい。大丈夫です」
新聞部と兼任?
別の部活なのか?
「あ、勇人くんも関係しているのでよく聞いてくださいね」
あっ、はい。わかりました。

「私が作ろうとしている部活は“私たちの私たちよる勇人くんのための部活”です。」
「なっ―」
「勇人くん?」
新天さんはニッコリとした少し不気味な笑顔で人差し指を口に当てる。
はい、黙ります。
「つまりは勇人くんが憂鬱にならない学校生活を送れるような部活を作るのです!」
声を出してしまいそうになったのを必死にこらえる。
俺のための部活?
憂鬱にならない学校生活を送れるような部活?
ちょっとまて意味がわからない。
なんでそんな部活を作るんだ?
「左道さんはそんな私たちの近況を最速に知れるという条件の元、部活に誘いました。」
「なるほど、分かりました」
俺はわからない。
「ではその部活への勧誘を受けます。でも、肝心の勇人さんはどうなんですか?」
さすが新聞部部長の持つ観察眼と言うべきだろうか。俺が部活について意味がわからずそわそわしているのを察して問いかけてきたのだろう。
俺は今思ってることを素直に口に出す。

「新天さんの気持ちは嬉しいんですけど、なんで俺をそこまで気にしてくれるんですか?」

俺の問いへ、しばらく考えた新天さんが口を開く。
「友達がいるっていう幸せに対してどんな“不幸”が襲ってくるのでしょうか。勇人くんはもう少し周りと関わるべきです。“不幸”なんて“幸せ”の数に関係なく襲ってくるのです。ただタイミングが悪いだけです。つまりは不幸なんて幸せの反射としてくる訳では無いってことを知ってほしいのです」

俺があの時話した中学の話をまだ覚えてたんだ。
こんなことになる予定じゃなかったのに…。

「それに、一人でやるゲームもいいですけど、二人以上でやるゲームも楽しいですよね」
笑顔で言った新天さんは、俺の心の何もかもを見透かしているかのようだった。
俺は新天さんと帰るときなどにやっていたゲームを思い出す。右も左も分からない新天さんへゲームのやり方を教え、楽しみ方を教え、二人で笑っていたあの時を―。


新天さんはズルい女だ。シ〇乱Qだ。つんく〇だ。

そんなこと言われたら、その部活に入る以外道はないじゃないか。


俺は彼女へ部活に入るという意を伝えた。
その後に彼女が見せた笑顔はとても綺麗で可憐なもので、やはり俺の心は彼女にガッツリ奪われているのだろうか、胸が苦しくなった。








「やりました!やりましたよ!!」
私は枕に顔を押し付けて叫びます。
「これで合法的に放課後も彼とずっと居れます!」
思わずベッドの上をクルクル転がってしまったり、もきゅもきゅと掛け布団を抱きしめてしまったり、いかにも興奮を抑えきれない私。
「少し強引でしたが、彼と時間を共有できる場所が出来て良かったです。」
私はしみじみと呟きます。
そして、そんな私の頭にふとあの言葉が思い出されます。
『彼女をバカにするのは―』
「はうぅ…」
つい何かを押し殺したような声が漏れてしまいます。
「やっぱり私、勇人くんのこと好き…」
そんなことを思い出してしまい、一時間、また一時間と時間は無慈悲にすぎていき、結局寝つけないと判断した私は、お気に入りの少女漫画を、主人公を私、王子様を勇人くんに置き換えて終始ニヤニヤして読んでいました。
このことは誰にも言えない秘密です。

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ケ ツ デ カ ピ ン グ ー

    シノン ビビ レム ね~やっと分かった

    0
  • 優しい心

    浮気? 不倫?どっち

    0
  • リムル様と尚文様は神!!サイタマも!!

    シノ○よりユ○キ派

    2
  • アホの子は俺だ!

    レム推しミーto

    1
  • ピトフーイもどき

    レ〇とシノ〇とか推し一緒w

    2
コメントをもっと見る / 書く