非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私の初連絡と俺の失敗選択肢

十話




「俺が妹に…俺が妹に…」
俺はなんて罪を犯してしまったんだ。

実の家族である妹にそういうことをしてしまうほど俺は腐っていたのか……。

「あ、兄貴…?はいるよ?」
あれから一歩も部屋を出ない俺を心配したのかいつもとは違いおとなしい様子の結花が入ってきた。
そういえば新天さんが家に来てから結花の様子がおかしいような……。
「ごめんね?…ゆいが変な事言ったから…」
結花が謝っただと……ッ!?
やはり何かがおかしい。
異常なまでに俺のことを嫌悪してる結花が俺の部屋に来ること自体おかしいのだ。
なぜだ……何があった…!
「結花…お前何かあったか?」
「へっ!?い、いや…べ別に心配してたわけじゃないけど?まぁゆいと喋ってからおかしくなっちゃったから?様子見に行こうかなーって」

あれ、なんか俺こんな属性知ってるぞ?
とき〇モ4で矢作紗〇里さんが声を務めた〇堂さんって人に似すぎてるぞ?

「結花ってツンデレなのか?」
「ツンデレ…ッ!?デレてないし!兄貴にデレたことなんて無いし!自意識過剰乙ってやつだよ!」

アレどうしよう。愛おしいかもしれん。



結花「ツンデレじゃないし!」

1-謝る

2-頭を撫でる

3-おちょくる




3だな。


「じゃあ俺が新天さんと結婚してもいいの?」
「それは……」
ギャルゲーではツンデレはおちょくると怒りながら赤面するという定石があるのだ!
「いいのか?」
俺は結婚ということを再度念押しする。
さぁ。
どう出てくる……。
「そ、それは嫌だ…けど……」
なん……だと…?
怒らずにただデレて赤面するだけだと…!?

我が妹ながらちょろ過ぎないか結花さん。

「アレがお姉ちゃんになるのは嫌だって意味だからねっ!?勘違いしないでよねッ!」
あーはいはい。ツンデレおつ。


「あれ?」

「ど、どうしたの兄貴」

ちょっとまて…こいつが俺にツンデレを発動して、さっきの問いの答えが、赤面デレだけだとすると……。


妹→俺に好意を持っている。

俺→そんな妹に知らないうちに淫行を―。


「あ、終わったな」
思わず終わりを口に出してしまった。
でもやばいって!異常性癖兄妹だよ!

さすがの俺でも視線から向けられる「あの家族よ…」「あぁあの家族が兄妹でそういうことをしたっていう…」って目線にはメンタルがやられますよ結花さん!
どうしよう。
咎めた方がいいよな?現実を直視させた方がいいよな?
そうだ。そうに決まってる。
「結花」
「ど、どうしたの?」
俺の浮かべるいつになく真剣な面持ちに結花も神妙な面持ちでこちらを見ている。
よし!
言うぞ。

「妹である結花は俺と結婚出来ないからな?」

よし。言ってやったぞ。
これで結花も事の重大さが―

「し、知ってるもん…っ…ぅ…にぃから言われなくても知ってるもん!!」

結花は涙を流していた。
涙を流して俺の部屋を出ていった。
すぐに隣の部屋から大きく扉の閉まる音がした。

俺…選択肢間違えたのか…?
咎めるのは悪手だったのか…?

どっちにせよ俺が結花を傷つけたのには変わりなかった。
結花が涙を見せるなんていつぶりだろうか。

「そういえばまだ聞きたいことあったんだけどな…」

俺はまたベッドへ突っ伏した眠りにつこうとした。
だが先ほどの涙を流していた結花の顔が脳裏から離れず、しばらく眠ることは出来なかった。







「なんで……なんで…っ!」
ゆいは涙を掛け布団で拭う。
「にぃ…昔は良いって言ってたじゃん!」
ゆいは昔のことを思い出しながらにぃへの不満をベッドへ投げつける。
「いきなり新天円香なんて連れてくるし……」
なんであんな可愛い人がにぃの彼女なの!?
将来的にえっちなことするって言ってたけど絶対彼女だよね!?
ぐぬぬ……。もたもたしすぎたかぁ…?
「それよりなんで覚えてないの!?小さい頃言ってくれたじゃん!」
ゆいは小さい頃の時を思い出す。


「結花ちゃん嫌い!もうこないで!!」
ゆいは、小さい頃は周りへのあたりが強かったようで嫌われることが多かった。
にぃはその度に、
「俺は結花のこと好きだぞ」
って言ってくれてた。
ゆいはそれが嬉しくて堪らなかった。

ある日、また私がやらかしてしまい、とぼとぼ家に帰っている時のことだった。
「またやっちゃったのか?」
と、にぃが迎えに来てくれた。
ゆいはにぃに抱きついて鼻水やら涙やらでぐちゃぐちゃになった顔をにぃの胸に押し当てて泣いた。
「大丈夫。いつか直せるからな?それに俺は結花のこと好きだからな。」
にぃはいつものようにゆいを慰めてくれた。どう考えてもゆいが悪いのに、ただ慰めてくれた。
ゆいはそんなにぃに対して胸を顔から離して言った。
「ゆいもにぃを好きになってもいい?」
幼いゆいのその言葉に、にぃは笑顔で答えてくれた。
「あぁ。にぃを好きになってもいいぞ!」
と。





「わかってる…分かってるけど…」
あれが泣いていた幼いゆいへの慰めの言葉の一種だって分かってる。
それにその“好き”が異性に向ける“好き”ではないことも分かってる。
だけど……。
「わかっててもつらいよぉ…」

絶対に叶わない相手に恋をしてしまったゆいの心は恋愛というものを知ってから、ずっと雨が降り続いている。







「なるほど。手作りお弁当…」
「そう!まずは胃袋を鷲掴みにしなさい!あなたがいないと生きていけないくらいに!」
私たち親子は作戦会議に精を出します。
「次は!?次は!?」
私はお母さんによる指導を真剣に聞きます。
ためになることばかりで、勇人くんを骨抜きにする日は近い気がします!
「次ねぇ……あ!ボディタッチを多くしなさい!あなたには胸がない分普通より多くやってドキドキさせるの」
「なるほど。胸がないから…っておい。」
私は目の前にいるお母さんの乳へ平手打ちをかまします。
…揺れるのが少し頭にきますね……。
「あとは、勇人くんの時間へ入り込みなさい。独りの時間じゃなく、二人の時間にするのよ!」
「でも…それは逆に嫌われたりしないかな…?」
ゲームの時間は楽しそうだしそこに部外者である私が入っていいんでしょうか…。
でも、そんな私の疑問をよそに、お母さんは無駄に大きい乳を張って言います。
「大丈夫!男なんて可愛い子と時間を共有するとすぐに落ちる生き物だから!」
「でもお母さん…振られてばっかりだったって…」
「乳デカ女!」ってバカにされたって言ってたし……。
ですがお母さんはまた胸を張って言います。
「バカねあなた。お母さんのファンクラブすら存在したのよ?その名も【乳を愛す会】!」

お母さん気づいて!それはお母さんのファンクラブじゃなくて巨乳のファンクラブだから!!
「へ、へぇ〜……」
私の口からは言えないので、まるで興味が無いと言わんばかりの声が漏れます。
知らぬが仏という言葉がありますが、本当にその通り過ぎて何も言うことがありません。
「あ、彼の好きな食べ物は分かる?」
「いや…」
「はい!じゃあ連絡!」
私は携帯を取り出して、limeを開きます。

ふふふ…実はlimeも電話番号も交換済みです!あの後すぐに交換しました!!

私はお母さんに言われた通りに、はじめて勇人くんへのlimeを送りました。







「―こんな時間に誰…」
俺は眠い目を擦りながらスマホのロックを解除する。
眠りを邪魔されたため、そこまでテンションは高くない。

どうやら俺の携帯を鳴らしたのは新天さんからのlimeだった。


新天さん
「好きなものはなんですか?」


何これ。
俺こんなことで起こされたの?
どうでもいい情報じゃんそんなこと。

俺は適当に新天さんとのトークを開き、ゆっくりと文字を打つ。


「ゲームです……っと。」
打ち終わった俺はすぐに送信して掛け布団に絡まり、再び眠りについた。

いや本当になんなの今の……。

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 音街 麟

    好きなものなんですか?のくだりで爆笑して家族に、変なものを見るような目で見られましたよ。。

    0
  • Aika

    偉い複雑な関係になった笑笑
    しかも好きな物ゲームʬʬʬ

    5
  • スフィ

    まさかここで主人公が敏感系になるとは予想してなかったです笑笑

    6
コメントを書く