非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果

井戸千尋

私の出会いと俺の怒り

二話



それはある晴れた日のこと、お母さんに頼まれていたおつかいをした帰りのことでした。
「おいそこのねえちゃん。俺らと遊ぼうぜぇ」
3人のトサカの生えたような不良に絡まれてしまったのです。
私は無視を決め込んですました顔で、まるで声が聞こえてないかのようにふるまいました。
ですが、
「おぉい無視は良くないぜぇ?」
そう言って3人で私を囲むようにして来ました。
当然そんなことされたら動くに動けません。
「なぁ俺らと楽しいことしようぜぇ?」
それを良いことに彼らはジリジリと私によってきます。
「もしホテルが恥ずかしいならカラオケでもいいんだぜ?」
恥ずかしくなんか…ッ!
―あ、そうじゃなかった。私としたことがつい熱くなってしまいました。
「さぁいこうぜ?金は俺らが出してやるからよ」
そして私の肩にがっちり腕を回し、強引に私を歩かせてきます。
はぁ。
私貧乳なんだけどな。こんな役回りは無駄にでかいだけの女がやるはずなんだけどなぁ。

―そんなことを考え、ホテル街へ続く路地へを曲がった時です。
「イテッ―」
「ぁ―」
不良に俯いてスマホをいじる少年がぶつかったのです。
その少年は私と同じ学校制服を着てました。
「てめぇどこに目ェ―」
「ぁ?」
明らかに少年が悪い場面だったのですが、何かが気に障ったのか不良を射殺すような視線を向けます。
それは冷たく凍てつくような視線でした。
「な、なんだこいつ…」
「こ…」
その少年はゆっくりと口を開きます。
「(こ?こ、こ……!?殺す…!?)」
不良の顔がだんだんと青ざめていきます。
ガタガタと震えだし、そして遂には―
「す、すみませんでしたァッ!!」
そう言って走り去って行ったのです。
私は偶然にもその少年のおかげで助かりました。
そのお礼をしなくちゃいけないと思い、不良のいた場所に向けていた視線を助けてくれた少年の方へ向けます。

―ですがそこに少年の姿はありませんでした。

そう。これが私と勇人君の出会いです。


そこから私は授業間の休み時間、昼休み、放課後、全てを使って彼を探しました。


そして分かったのは、彼は新転勇人という
名前で、アニメや漫画が好きで、休み時間などの空いた時間にはスマホゲームをプレイしているいわゆるオタクだった。
そのせいもあってか、私が見た時は教室でもトイレに行く時でもいつも一人だった。
一人はかわいそうだ。

そして私は思ったのです。
彼のそばにいたい。
あの時助けてくれた彼に、少しでも恩返しをしたい。
そう思ったのです。





「はぁ。なんでホテル街なんかにレアバケモン出るんだよ…」
俺は今地元で有名なホテル街に来ている。
俺に友達は一人しかいないし、そいつも男なため別にやましい意味でホテル街に来ているわけじゃない。
「この辺かなぁ」
バケモンGOという今流行りのゲームをプレイしている最中に、激レアと言われているバケモンが現れたのだ。
ホテル街に。
「なんで移動してんのよ、しかも俺から逃げるようにー!」
俺は周りの目も気にせず大きな声を出してしまった。
制限時間は100秒しかないのだ。
大声出したため、ホテルから出てくる男女にしばしば異質な目を向けられる。まぁそんな目には慣れているが。
「おにぃさぁん、私と遊んでかなぁい?」
そんな中ホテルからおじさんと出てきた二十歳前後だと思われる女性から話しかけられた。
おじさんとともに出てきたのにそのおじさんを帰らせ俺に話しかけてきたのだ。
「どぉ?今なら安くしとくよぉ」
猫撫で声で甘えるようにして俺に擦り寄ってくるアバズレ。
くそ…レアバケモンが逃げちゃうだろ……。
「ごめんなさい。急いでるので」
イライラを抑えて足早に去ろうとした。
だが―
「じゃあこのくらいでどぉ?ほらぁあたしを好きにできるんよぉ?」
道を塞ぐようにして再び誘ってくるアバズレ。
そろそろ我慢ならん。
レアバケモンが逃げてしまう。
もう相当に距離を離されている。
あーもう!!
「言わないとわからないですか?病気がうつるって言ってるんです。」
それだけ告げ、今度こそその場を去る。
「では。」
今度は捕まえられないように小走りでホテル街を抜ける。
やばい。逃げられる……ッ!
早くしないと……!!
小走りの勢いそのままにホテル街を抜ける角を曲がる。
が―。
やばい、ひと…ッ!
「ぁ―」
なんでこんな時に…!
あ…あと15秒……。
くそ…間に合わない…。
「こ…」
ヤベェ噛んじゃった…早く謝って―
「す、すみませんでしたァッ!!」
え?
に、逃げた?しかも謝りながら…?
俺何もしてないのに…。



ま、まぁいいか。
あ―あと8秒!?
やばいッ!俺も急がないと!
俺はその場を後にした。


だが、レアバケモンは捕まえることは出来なかった。あのことが無ければ…。
俺は自分でもびっくりするくらいイライラしていた。

そういえば男三人でホテルで何するつもりだったんだろ……なんか触れちゃいけない世界だな、うん。

「非リアの俺と学園アイドルが付き合った結果」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • あのこ

    1話のテンションと180度変わった回想シーン話。
    人気あるみたいなので、問題無かったらしいですね。

    こんな真相ならヒロインが告白するなら疑問系になってもおかしくない(ー ー;)

    1
コメントを書く