従妹に懐かれすぎてる件

きり抹茶

★五月十九日「従妹と五月病」

 最近の私は不調だ。
 なにをしてもやる気が湧かないし、寝付きが悪いせいで睡眠不足が続いている。お陰で頭が働かず、先日あった中間テストではかんばしくない結果となってしまった。

「はぁ……」

 登校中の今も溜め息ばかり零れる。病気では無いはずだけど、昨日ゆうにぃにも心配されたし、この状態が続いたら病院に行ってみようかな。

「……あ」

 駅に着き、いつものように鞄に手を突っ込んでから気付く。定期を家に置いてきてしまったと。
 幸い財布は手元にあったので何とかなるが、このようなミスは不調と共に増えてきているのでやはり何とかしなくては。症状が悪化してからでは遅いからね。

 それから切符を買ってホームへと向かう。しかし時間を見間違えており、乗りたかった電車は既に遠くの彼方へと消えていた。もうダメかもしれない、私。


 ◆


「それ……多分五月病……」

 昼休みになり、いつもの二人と一緒にご飯を食べていると真緒ちゃんが無表情のまま答えた。

「え、五月病って本当に存在するの!?」
「医学的にはうつ病と診断される事が多いらしいけど……確かに存在する……」

 なるほどね……。でも眠いしやる気が出ないから症状は五月病っぽいかも……。

「最近の彩ちゃん、テンション低かったもんね。今まで気付けなくてごめんね」
「私も……彩音に相談されるまで分からなかった……」
「ううん、気にしないで! 私は大丈夫だから」

 二人には心配を掛けないように元気に振舞っていたから分からなくて当然だ。私の問題なのに大切な友達にまで余計な迷惑が及んだら悪いからね。

「彩音……五月病を治す方法……知りたい?」
「え、うん、知りたい!」

 私が答えると舞緒ちゃんはにっこり笑った。少し怖い感じがするけど……気のせいだよね。

「まず私の右側にいる女子を教室から追い出して……それから彩音は私を包み込むようにハグすれば……治る」
「え、本当に!?」
「いや嘘に決まってるやないかーい!」

 即座に遥香ちゃんがツッコむ。一瞬信じちゃったけど嘘だったんだ……。

「水窪さん……ネタバレ禁止……」
「いやいや、今のは黙っていられないでしょ! 何気に私を追い出そうとしてるし」
「…………バレたか」
「バレバレだよ!」

 二人はまるで漫才のようにテンポよく会話を繰り広げている。舞緒ちゃんは相変わらず遥香ちゃんに冷たい態度をとっているけど、本当は仲良くなりたいのではないかと私は思っている。嫌いだったらこうやって三人でご飯を食べる事も無いだろうし。

「でもいつになったら治るのかなぁ。もしかして六月になるまでこのままかも……」
「それなら大丈夫……。確実では無いけど、症状を和らげる方法……知ってる」

 先程とは異なり、舞緒ちゃんの表情は真剣だった。今度は本当の事を教えてくれるようだ。

「彩音は……彩音のお兄さんが好きなんだよね?」
「うん、大好きだよ!」
「…………五月病は親しい人と一緒に居るとリラックスできて治ると言われてる……」
「そっか……。でも私はいつもゆうにぃと一緒だけどなー」

 最近はあまりできてないけど、日々のスキンシップもしているし、ゆうにぃに対して不満は無いはずだけど……。

「……きっと刺激が足りないのかも……」
「刺激!? じゃあゆうにぃにもっと……!」

 抱き着くだけじゃ駄目なのかな。となると…………キス? いやいや、それよりもっと激しいのだと――――何があるのだろう。よく分からないけどとてつもなく恥ずかしい気がする。

「ちょ、彩ちゃん!? 凄く顔が赤くなってるけど大丈夫!?」
「え! あ、あぁうん、私は平気だよ」
「彩音…………今エロい事考えてたでしょ」

 な、なにぃぃぃ!?
 舞緒ちゃん、そんな恥ずかしい事よく人前で堂々と言えるなぁ。しかも無表情だし。

「違うってば! …………多分」
「隠す必要は無い。淫乱な彩音も……悪くないから」
「うぅ……でも私は嫌だよ……」

 もしこれをゆうにぃに聞かれたら絶対嫌われるもん……。私は私らしく健全な方法でゆうにぃに好かれたいのだ。

「ごめん彩音…………言い過ぎた」
「うん、次から気を付けてね。私こういうの苦手だから……」

 舞緒ちゃんの表情は相変わらず汲み取りづらいけれど、心なしか眉が下がっているように見えた。私は別に怒ってないし、気分を切り替えていかないとね!

「でさぁ、結局どうしたら彩ちゃんの五月病が治るの?」

 若干話題に置いてけぼりの遥香ちゃんが退屈そうに紙パックのジュースを手に持ちながら答えた。

「それは…………彩音のお兄さんが彩音に何かしてあげる必要があると思う。例えば…………遊びに誘うとか」
「なるほど、サプライズってヤツだね!」

 何故か私よりもテンションを上げて返事をする遥香ちゃん。おかげで握っていた紙パックのジュースが少し零れてしまった。

 それにしてもゆうにぃが私を遊びに誘う、か……。そういえばゆうにぃの家で暮らすようになってから二人で遊びに出掛けた事ってまだ無いんだよね。あぁ、ゆうにぃと遊びに行きたいな……。

「舞緒ちゃん、ありがとう! 私もう少し頑張ってみるね!」
「あ、うん…………分かった」

 何をするにも面倒だと思う日々が続いたけど、今はほんの少しだけ元気になれた気がする。家に帰ったら早速ゆうにぃに甘えてみようかな。

「従妹に懐かれすぎてる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く