神話の神とモテない天才~異世界で神となる~

皆鈴

#44さらに奥へと

でも俺はそんなこと言われても
行きたくはない。正直もう帰りたい。
なのでサグメちゃんに確認をした。

「本当に行くの?」

「ええ。きっとこの奥に親玉がいるわ」

見た感じもう行く気しかなさそうだ。

「分かった。じゃあ行こう。
その前に・・武器はどうする?」

俺は仕方なく行くことを決めた。だけど
さっき武器を取られてしまったので
今のままじゃほぼ勝ち目はないだろう。

「とりあえずこの先に行こう。もしかしたら
国津神が持ってるかもしれないし」

それもそうか。ここにいてもしょうがないので
先に進む。そして次の曲がり角を曲がろうと思った時、

「ちょっと待って」

サグメちゃんに小声で止められた。ああそうか、曲がり角
の先に敵がいるかもしれないな。

「やっぱり国津神がいるわ。どうやら一人みたい」

サグメちゃんは壁から奥を気付かれないよう覗き込み、
そう言った。

「で、どうするの?」

「一人だったら武器なしでも何とかやれるんじゃない?
例えば後ろから首を絞めたりして」

「え?」

サグメちゃんはこれまたすごい事考える。まさに
犯罪者なみだ。


コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品