蛆神様

ノベルバユーザー79369

第75話《隠神様》-10-



あたしの名前は小島ハツナ。
唐突に昔の出来事が脳裏をよぎった高校一年生だ。
およそ半月前。
あたしは【蛆神様】のことを調べることを始めた。
前の世界での蛆神様のルールはふたつ。
【1】蛆神様のお願いごとは一人につき一つ。
【2】蛆神様に一度お願いした人間は二度とお願いができない。
そのふたつが基本である。
そして。
この世界における蛆神様のルール。
というより。
あたしが、かけた願いごと。


《蛆神様がハツナの『味方』でありますように》


この願いごとのおかげで。
あたしは不死身に近い『自己再生能力』と、蛆神様の願いごとが『適応された対象を操作する』ことができる能力を手に入れることができた。
この願いごとの『効果』がどこまであるのか。
調べてわかったことがいくつかある。
そのうちの一つが。
『半径5m』
蛆神様を象徴するあの毛だらけの丸マーク。
あの丸マークが半径5m以内であれば、あたしは【能力】を使用できるということ。
逆にいえば。
半径5mから離れれば【能力】が使えないということだ。
あたしが住んでいる町と隣町。
そのふたつのフィールドには、至る所に【蛆神様】のマークが隠れ潜んでいた。
電車の座席の下や建物の壁。
あらゆる場所に蛆神様のマークがあったから、町の至る場所はあたしの『射程距離』になっていた。
だが。
隠神村はそうじゃない。
ほとんど村の人たちは蛆神様を知らない。
もちろん、マークなんてどこにもない。
例外として。
先日のあたしの机に掘られた蛆神様の落書き。
あそこにあったモノ以外、少なくともあたしは見たことがない。
掘った犯人はいずれ見つけるつもりだ。が、今重要なのはそこではない。
今重要なのは。
あたしの半径5m以内に『蛆神様のマーク』がないことだ。


「ううう!」


首から肩までぱっくり噛みつかれてしまって、まるで身動きがとれない。


めきめき。


肉と骨が軋む感触が伝わってきた。
ユヅキの前歯が、鎖骨に食い込んでいる。
やばい。
このままじゃ。
あたし。


「小島!」


がんっと頭に衝撃が走る。
気がつくと、あたしはアスファルトの道路の上で倒れていた。
顔から胸周りが粘液まみれ。
見上げると。
シャベルを両手で握るイイダがあたしの前に立っていた。


「大丈夫か?」


「な、なんとか」


「逃げるぞ」


イイダがあたしの肩を担いで、車まで走って行った。
後ろを見ると。
ユヅキが大の字に倒れていた。


「なんだあれは!」


イイダが怒鳴った。


「わかりません!」


そうあたしが答えた。
っていうか。
あたしがわかるわけがない。
なんなんだあれは。


「ひぃいいい」


後ろの座席で蹲るチヒロが、耳を塞いでガタガタ怯えている。
イイダは車のキーを回す。
きゅるるる。と、エンジンが空回りする音が聞こえた。


「くそ! なんでこんな時に!」


焦ったイイダが何度もキーを回す。
エンジンがかかる様子がない。
「ちくしょう!」と、イイダは悪態をついた。


「せ、先生」


ルームミラーに、チヒロが前を指差す姿が映った。
ボンネットに、ユヅキがいた。
四つん這いになって、こちらをじっと見つめている。


「け、警察に通報しなきゃ」


ばぎっ。


フロントガラスを頭突き一発で割った。
ユヅキの顔。
ぐにゃぐにゃに形が崩れ、粘土のように柔らかくなった。
この展開。
やばいぞ。
ここは、電波の届かない山の中だ。
警察に通報できない。
蛆神様もいない。
それになによりも。
刑部のおばあさんにも連絡できない。
これ、かなりピンチだ。
あたしはそう思った。


続く

「蛆神様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く