蛆神様

ノベルバユーザー79369

第74話《隠神様》-09-



あたしの名前は小島ハツナ。
同級生から『毒』を盛られるぐらいガチで嫌われていたことを知り、驚きとショックを受けている高校一年生だ。


「イヌガミサマソウっていえば、ハシリドコロのことか?」


イイダが尋ねた。
車の後部席に座ったチヒロが、小刻みに体を震わせながら小さく頷いた。


「先生、ハシリドコロって?」


「ナス科の毒草だ。別名、キチガイイモなんて呼ばれている」


イイダいわく。
口にすると目眩や嘔吐、幻覚などの異常興奮を起こし、最悪死に至る場合もあるとか。
あたしは思った。
マジか。
こいつマジか。
それって、完全に。


「毒殺する気だったの?」


あたしが訊くと、チヒロが激しくかぶりを振った。


「前にばっちゃから聞いたことあったねん。村から人を追い出すために、『追い出し用』のイヌガミサマソウがあるって」


「追い出し用?」


「普通のイヌガミサマソウより効き目が弱い奴があるって」


チヒロがいうに、そのイヌガミサマソウは学校の外れにある『洞窟』に生えているそうだ。
洞窟と聞いて、イイダは「マツムラ洞窟のことか?」といった。


「あそこに行ったのか?」


チヒロが頷いた。イイダは「なんでよりによって……」と、額に手を当てながらぼやいた。
イイダの落胆している様子から、なんとなくマツムラ洞窟がどういった場所なのかが察せられた。


「バスもないのにどうやって帰るつもりだった?」


「学校から離れた場所に、うちの別荘があるんです」


毒草を採ったら、その別荘に寝泊まろう。食料の備蓄もそこそこあるし、なくなっても家族にいえばとくに何もいわれないから平気だ。と、チヒロは取り巻きたちとユヅキに説明したそうだ。


「最初は、合宿するみたいなノリやったんです。マナがお菓子持ってきてたりとかみんなでトランプしようとか、そういう話ばっかしてたんです」


「それで、みんなは?」


イイダが尋ねると、チヒロは押し黙った。
次第に、チヒロはぶつぶつと何かをつぶやき始め、目を見開き、ガタガタと震えた。


「若菜さん!」


あたしが声をかけると、はっとチヒロは我に返った。


「夜……懐中電灯持ってマツムラ洞窟に入ったんです。イヌガミサマソウがあるのは洞窟の奥あたりやって聞いたから……」


ごくりヒチロは唾を飲み込んだ。


「ウチ、のんちゃん、しずえ、マナの順番で洞窟に入って奥に進んだんです。そしたら」


洞窟の奥には、大きな落とし穴のような『窪み』があったそうだ。
その窪みの『へり』あたりに。
イヌガミサマソウが生えているのをチヒロたちは見つけたという。


「椎名が……採ろうとしたんです」


ユヅキが『へり』に生えているイヌガミサマソウを採ろうと、手を伸ばした。
すると。


「消えたんです。ユヅキが」


しばらく経ってから。


どさっ。


洞窟内に、重い物が落ちる音が響いた。


「それから……うち……」


チヒロは答えなかった。
答えずともわかる。
逃げたのだ。
パニックになったチヒロが、取り巻きたちを置いてけぼりにして、無我夢中で走ったのだ。


「先生」


「わかってる」


ここでは携帯の電波は届かない。
救援隊に応援要請するためには、下山をしないといけない。
そうイイダはいうと、エンジンをかけて、サイドブレーキを外した。


「なんだ?」


車のライトを照らした先に、何かが見えた。


ぺたぺたぺた。


素足でアスファルトを歩く人間の足。
よく見ると。


「椎名さん?」


あたしは車から降りて、スマホのライトで顔を照らした。
ユヅキだ。
血色のない、真っ白な顔であったが、正真正銘のユヅキだった。


「椎名さん! よかった! 無事だったんだね!」


あたしはユヅキの手を取った。


「ひぃいいいい!」


後ろの車の中から、チヒロの悲鳴が聞こえた。
ユヅキの姿を見てから、チヒロは狂ったように叫んで耳を塞いでいる。


「こ……じ……ま……さん」


虚ろな瞳で、ユヅキがあたしを見つめていた。


「とりあえず、車の中に入ろう!」


あたしがそういうと、ユヅキがあたしの肩を掴んだ。


「お……な……か……」


ぎゅうっと肩を掴む手に力が入る。
ぞわっ。
唐突に全身に鳥肌が立った。


「へ……た」


ユヅキの口が開いた。
大きな口だ。
あたしの頭ごと飲み込むかのようにばっくり開かれていて、その口があたしの顔全体を覆った。


「へ?」


唖然となるあたし。
気がつくと、あたしの視界は真っ暗になった。


続く



          

「蛆神様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く