蛆神様

ノベルバユーザー79369

第57話《鯉ダンス》-参-



あたしの名前は小島ハツナ。
冷静に考えてタイムループで高校一年生を122回も繰り返しているということは、結果的には122回も留年していることになるんだな。と、今更ながら気づいてしまった高校一年生だ。
122回のタイムループ。
ぶっちゃけ今でも信じられていない。
なんとなく。
ループしているという感覚はあった。
蛆神様をみんな知っている世界とそうじゃない今の世界。
あたしの思い違いかなって一時期考えていたことはあった。
が。
それが思い違いじゃなくて、実際に時間がループしているのだと知った時、あたしは内心「やっぱりね」と納得していた。
ただ。
まさか、122回もループしているなんて。
正直、予想外すぎてビビった。
あたし自身、122回ループをした追体験がないものだから、本当に122回もループしているといわれてもピンと来ていない。
だけど。
もし。
それが本当なら。
ワールドレコーズに載るぞ。
122回も留年した女子高生ってことで。
って。
すごいアホな妄想をしていたら、マチコから電話がかかってきた。


「も、もしもし?」


「ハツナ。私よ」


「マチコさん? あの、今、あたし授業中なんですけど……」


机の下に身を屈めながら、声をひそませて電話する。
電話に出てしまったあたしもあたしだけど、今が授業中なのをわかってるのかなあの人は。


「いいから聞いて。今、あなたの近くに『大原トモミ』はいる?」


え、トモミ?
トモミがどうしたの?


「私たちは『コイ人』に襲われたわ」


事情を聞いて、あたしは騒然となった。
マチコはお母さんと会っていた。
喫茶店で話を進めていた時。
魚頭の怪人。コイ人に襲われた。
そうマチコは説明した。
コイ人。
たしかにマチコはそういった。
今のあたしには、121回ループした記憶はない。
だが、コイ人のことは知っている。
トモミが以前、田中という同級生のカレシに振られた時、蛆神様のポスターが貼られている公園で《恋人が欲しい》とお願いをした。
その時に生まれた怪物。
それが【コイ人】だ。
その怪物が、マチコとお母さんが襲われている。


「はい、来週小テストするから復習してるように」


チャイムが鳴った。
数学のウエキ先生が教室から出ていく。
今日は五時間授業の日だ。
一日の授業がすべて終わり、あとは担任がホームルームをして放課後になる。
あたしはトモミに声をかけようとした。


「あのさ、トモミ」


「ねぇねぇ! 大原さんの彼氏って年上の人だって聞いたけど本当?」


「ん? そうだけど?」


近くに座っていたクラスメイトがトモミに話かけた。


「どんな人なの?」


「会社員だっていってたかな」


「マジ? エリートとか?」


トモミの年上彼氏に興味を持ったクラスメイトの女子たちが、次々とトモミの席の周りを取り囲んでいく。
声をかけられる雰囲気ではない。


【後で話したいことあるけどいい?】


とりあえず。
あたしはトモミ宛にショートメッセージを送った。
ちょっとトゲのある文面な気もしなくもないが、緊急時なんだし仕方がない。
問題はここからだ。
コイ人の目的はマチコを殺すことだ。
そのコイ人を操作しているのは、おそらくトモミだ。
直接、トモミにコイ人を止めてほしいといって、果たしてトモミが素直に聞き入れてくれるか。
考えたくはないけど。
もしもマチコを殺すことがトモミの目的なら。
しらばっくれるかもしれない。
知らないといい張られてしまえば、こちらから手出しができない。
とりあえず。
二人っきりにる必要がある。
対面で問い詰めなければ、答えてくれないと思う。
トモミは親友だし、できることなら友情は壊したくない。
しかし。
マチコとお母さんを守るためなら、手段を選ばない覚悟はあるつもりだ。


「トモミ」


あたしはトモミに声をかけた。


「部活行くでしょ?」


「行かないよ」


しれっとトモミはいった。


「え、なんで?」


「今日はサボってみんなでカラオケ行くことにしたの。ハツナも行く?」


トモミがあたしに振り向く。
ぎょろぎょろと、トモミの黒目が忙しなく動いていた。


続く

「蛆神様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く