蛆神様

ノベルバユーザー79369

第4話《性春》



あたしの名前は小島ハツナ。
最近、自分の身近で蛆神様による願いごと事故が多くなったことに正直うんざりしている高校一年生だ。


「ああ、セックスしてー」


昼休憩の時間。教室ではでかい声で男子がなにやら卑猥な願望をぼやいてる。
あいつ、たしか隣クラスの柴田だ。
停学食らって学校でしばらく見かけないなと思っていたけど、最近復学してきたんだ。


「やりてーなー」


教室にいる女子たちが白い目で柴田を見ている。
いるよね、ああいうタイプって。
不良系みたいな男子というか。なぜかいつも自信満々で先生たちや弱い生徒にはやたら態度が大きくて。そのくせ、自分より腕力がありそうな先輩には腰がすごい低かったりする。
あまり関わり合いはしたくない人種だな。とあたしはいつも思ってる。


「マジでセックス気持ちいいぜ? おまえらもやってみ?」


柴田はクラスの男子たちに絡みはじめた。
クラスの男子たちは、周りを気にしてか愛想笑いで応対している。そりゃそうだよね。さすがに柴田と同レベルでノリノリだったら引くわ。
だが、残念なことに柴田本人はその空気にまるで気づいていない様子で、「いや、マジだから!」と、しつこく絡んでくる。


「この前やらせてもらった奴とかすげぇー不細工だったけど、セックスすると超気持ちいいの! 生がいいよ! とくに生が!」


「ちょっと柴田くん! うるさいよ!」


席を蹴りながらトモミが怒鳴った。
びっくりした。
あのトモミがキレるなんて。
でも。
いいぞ、トモミ。もっといえ。
あたしを含めた女子全員が心の中でトモミに拍手する。
最初、面食らって驚いていた柴田だったが、みるみる表情が怒りに歪んだ。


「なんだ? 大原。文句あるんか?」

「あるよ。ほんと、あんたいい加減にしなよ。みんな気分悪いんだよ? あんたのせいで。空気読めって」


トモミ。すごいな。
いうじゃん。今のあんたはクラスのどの男子よりも男前だよ。


「ハツナ。あんたもそう思うでしょ?」


「うん。そうだね」


トモミが糾弾したことにより、教室の雰囲気が変わった。
女子全員が柴田を堂々と睨んでいる。
やっちまったな、柴田。
そういいたげな眼差しで、男子たちは柴田を見つめている。
完全に柴田は四面楚歌になった。
しかし、柴田はそれでも逃げることなく「なんだよ!」と吠えた。


「いいじゃねぇか! 俺悪いこといってねぇじゃん! セックスが気持ちいいっていってるだけじゃん!」


こういう相手に倫理観がどうのっていちいち説明するのも疲れる。
こまったな。
柴田が悪いのはわかっているけど、あまり追い込みすぎると何をしでかすかわかったものじゃない。
先生を呼んだ方がいいかも。


「ったく面倒くせぇなー! お前らセックスしたことねーから俺を悪者にできんだろ? いいよ! お前らに教えてやるよ!」


興奮する柴田は、教室にいるみんなに向けて指を指して吠え猛る。


「【蛆神様】だ! 蛆神様にお願いしてやるよ! この中の誰かとこれからセッーー……」


突然、柴田の股間が爆発した。
え?
一体何が起こったか理解できず、クラスのみんなは呆然となった。


「い、いてぇ……」


柴田はその場で悶絶しながら倒れた。
しんと静まり返る教室内。
ぼそぼそと呪文のような囁き声だけが聞こえる。
声のする方を探すと、教室内の隅に固まっていた女子たちが何かをつぶやいていた。


「蛆神様。蛆神様……どうか《目の前にいる柴田の股間が爆発させてください》どうか柴田の股間を爆発させてください」


女子たちが固く握っている紙がなんなのか、聞かずともあたしにはわかった。
それにしても。


「先手必勝ね」


トモミがつぶやくと、あたしは頭を縦に振った。




「蛆神様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く