蛆神様

ノベルバユーザー79369

第1話《かゆい》




あたしの名前は小島ハツナ。
今年、隣町の高校に入学した高校一年生だ。
放課後。学校の帰り道で、あたしはたまたまこんな張り紙ポスターを見つけた。


----------------
※注意※
この近辺での願いごとはご遠慮お願いします。
願いごとによる事故等につきましては一切責任を負いません。
----------------


なんだこれ。
謎の注意文言以外に、丸にうじゃうじゃ毛が生えたマークが描かれている。
きもい。意味わからないし、なんかめっちゃ怖いんだけど。


「お嬢さん。それは【蛆神様うじがみさま】よ」


唐突に帽子をかぶったおばさんに声をかけられてびっくりした。
とりあえずあたしが会釈すると、おばさんも会釈を返してくれた。


「うじがみさま?」


「そうよ。蛆神様は昔からこの土地に住まわれてるの。土地の人たちとともに暮らすことで土地を栄えてくれる神様なの」


戸惑うあたしを放置して、突然、おばさんが解説を始める。
なに? このおばさん。こわい。


「蛆神様は土地の人たちの味方なの。土地の人々の《願いごと》ならなんでも叶えてくれるのよ」


「そうなんですか?」


おばさんは真面目な顔だった。
やばい臭いがぷんぷんする。
とりあえず、ここから逃げなくちゃまずいかも。


「本当のことよ?」


おばさんがあたしの顔を覗き込む。
近い近い。こっち来るな。


「最近私頭が痛くなることが増えてね。歳のせいかしら。とにかく頭の中が痒くてしょうがなかったの」


帽子の上からおばさんは頭を掻きはじめる。
頭の中が痒いって。
病院だよ。


「蛆神様に《頭の中が痒くなるのが治りますように》ってお願いしたの」


笑顔を浮かべて、おばさんは帽子を外す。


「本当、かゆいところに手が届くようになって嬉しかったわ」


どくどくと脈打つ脳みそ。
むき出しの自分の脳みそを、おばさんはぼりぼり指で掻きむしっている。


「あなたもお願いしたらどう? 頭スッキリするわよ」


ぷるんぷるんと脳みそが揺れている。
掻きむしった指先に半透明の液体が糸を引いていた。
とりあえずあの手で触られたくない。
少なくとも、あたしはそう思った。




「蛆神様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く