幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー異戦ー16ー

「ここが無縁塚、又視界が悪いな。」
「ここにいる幻想人形って誰なんでしょうか?」
「ここに常時いる人なんていないわよね?」
「そもそも誰もいない。」
「「「「・・・・・・・・・・・・・」」」」ヒュルルルルルルゥゥゥウ   カチ
「「「「!!!!!!」」」」
機械的な音がし、ロックの様な音楽が流れる。
「はぁ確かここに外から流れついたのが集まるんだったよな?それが誤作動起こしたんだろう。」
霧の奥で光が伸びる。
「・・・・・・前言撤回これ人的だ」
そう言った時霧が一気に晴れる
「我が名は・・・邪神の使い、デンジャラスデーモン・ダークナイトホーン(中略)クリーパー!!!!そして!!!」
「我が名は光に選ばれし浄化するもの、ホーリン(面倒い中略)ゴット!!!!」
「我がテリトリーに侵入し者、その身を闇に染め墜ちるが良い!!!!!!!」
「我の平穏を汚すものその身をチリとかし、己の行為を後悔するが良い!!!!!!!」  カチ  バーン
「「「「・・・・・・・・・・・・・・・・」」」」
そこには大鎌を持った赤髪の女性と緑髪の少女が決めポーズを決めていた。ご丁寧にも下からスポットライトの様に懐中電灯を当て、BGM付更に終わりの後ろの爆炎までも準備していた。
「決まった。」
「見てくださいあの人達、自分達が恐ろしくて棒立ちですよ」
「よし次に移るぞ」
「フハハハだが誰にでも過ちというのは起こしてしまう。そこでだ、そこの勇者、」
「・・・・えーと俺??」
「そうだ君だ、連れをここに置いていけ」
「そしてそこの姫君達は我らに忠誠をちかえ、」
「「さすれば命は助けてやろう」」ビシィィン
「「「「・・・・・・・・・・」」」」
「少々図に乗ってるなアイツら」  ギュィィィイイン
「心を読みましたがクズの塊ですね。」  スッ
「立場が分かっていないわよね?」   ジャキン
「出来過ぎた力を持った結果ああなったのね。」  フワ〜
霊夜の後から回転してる盾が、さとりがサードアイに手を添え、レミリアの手の中に紅い槍が、アリスの周りに人形達が、それぞれ狙いを定めた。
「・・・・アレ本物だ。」
「ガチだ、そうかあったんだなそうゆう力が、次生まれ変わる時はここの世界が良い。」
「同感です。」
後には何も残っていなかった。

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く