幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー異戦ー21ー

「りょ、霊夜・・・」
「話はあーーー」ガァァァアアン
死角から拳が迫るが風が切れる様な音に反応し盾で防ぐ。
「早いが、それだけ。当たらなければ意味ない」
「おっとすまねぇ、手が滑った様だ」
「まぁそれは後、何故3人を連れてきたのかは後にして、まずは目の前の敵が優先。待っててくれてる奴の相手が優先。」
「あぁもういいか?もっと戦いたいんだが。」
「戦闘狂。黙れ。」
「怖いねぇ」
「いくぞ!!!」
瞬間久保の前に現れる。
「何だと!!」
「「見えてるんだよ。」」シュン
鶴来と霊夜が援護をするが避けられる。
「・・・二人でやる。あんたらは、三人を護っててくれ、防ぐ位できるよな?」
「舐めないで欲しいね。」
「さっきの動き・・・軍か」
「ほぅよくわかったな。そうだ俺は一等兵だそこら辺の奴と一緒にしたら死ぬぞ。」
「生憎一回死にかけた身でねぇ、そんな経験1度で充分さ」
「誰が死ぬか、壊れるなら分かるが、」
「そう言う貴様も我々の動きに似てるが?」
「俺のは色々混じってオリジンだから、おしゃべりは終ろうか。」
「だな、本気出しますか、言っとくが泣くなよ?」
「さぁここからはLunaticだ。覚悟しろ。」
「さぁ行こうか、あと、これ終わったらタイマンはれよ?霊夜君?」
「終わってから口開け、生と死は、紙一重だ。」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く