幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー異戦ー22ー

ガァァァアアン
殴りかかってきた拳を受け止める
「フッ」
鶴来が横から追い打ちをかけた。
「甘いわ!!」
それを足払いで止める。
「・・・切りがない」
先程から相手が動いては、霊夜が受け止め、鶴来が動くってのを繰り返していた。
単純に相手の方が圧倒的に経験と力量が違うのだ、ある程度の不意打ちは、経験で勘付かれ、力で捻じ伏せられる。なので奥手に出るしか動けなかったのだ。
「災厄な組み合わせだな。」
「今までで一番やりにくい相手だ」
「あぁ」
(・・・・でも一番気を貼るのは、)
「良いぞ、良いぞ!!!まだ・・・終わるなよ!!!あの人形みたいにな!!!!」
「・・・!!!まさか!?でかいの来るぞ!!!構えろ!!!!!」
相手は、正拳突きの構えをし・・・・・・突いた。   ッゴ ゴォォォォォォォオオオオオオ
「無茶苦茶な野郎だ」
「ック」
鶴来は、剣技で捌き、霊夜は、屈みこみ盾を力に対して斜めにする事で捌く。
「駄目だ!!防ぎきれねぇ!!」
「「「キャァァアア!!!」」」
「アリス!!レミィ!!さとり!!あぁ!!クソ!!!」
二人の謝罪と三人の悲鳴が聞こえて10秒後に嵐は過ぎた。
地面はえぐれ3mc沈み、周りの建物はドミノ倒しの様に倒れ全破、鶴来が立ってた場所と霊夜がいた場所のみが無事だった。
「アリス、レミィ、さとり!!!!」
「お前ら!!大丈夫か!?」
三人は、元居た場所から6m離れた所に飛ばされておりボロボロだった。
「うぅ・・りょ霊夜・・・」
「大丈夫です・・から」
「私達・・に・・・構わず・・早く」
「・・・・知るか。」
「良いな何回で殺られるか実践しようぜ〜!!!!」
そう言った瞬間二度目の正拳突きが迫る
風圧で木屑や巻き上がった小石、真空が刃の様に襲いかかる。
「ック」
「何で・・・」
「・・・言った・・よな?・・・俺を・・過剰・・・評価・・・し過ぎだって。」
横では鶴来が仲間の二人を庇ってた。
「俺は・・・俺は・・臆病者だ・・・・ビビリだ・・・・卑怯者だ・・・守れる自信が・・無いから・・・・負ける・・姿を・・・見られたく・・・無いから・・・・嫌われる・・様な・・・戦い方を・・して・・・・・嫌われるのが・・怖・・かった・・・から・・・どうせ・・・自信が・・無いなら・・・離れ・・られるのが・・・嫌・・・なら・・・・自分から・・・って・・・暴力・・一番・・・間違ってる・・・・力・・の使い方・・・・・して・・でも・・・・傷つけて・・・後悔・・・して・・・・もう・・終わり・・って・・・思って」
三回目の正拳突きが追い打ちをかける。
「・・でも・・・・なぜか・・・又・・君達が・・・近くに・・・・いて・・・一度・・諦め・・・た・・けど・・・卑怯・・・だけど・・・・もう一度・・・・前に立とう・・って・・・・・・これが・・・・本来・・・の・・・俺・・・・理想過ぎる・・・仮面を・・・・被った・・臆病で・・・ビビリで・・・卑怯な・・・本当の・・・・・護速 霊夜」
正拳突きが止まる。どうやらかすりながらも二人を守りきった?鶴来が4回目を止めたようだ。・・・が霊夜も同じ様にかすっていた。   ッガ
片肘を地につける。
「!!霊夜 魔力の乱れが・・」
「ハァ・・・・・ハァ・・・・・大丈夫・・・それより・・・・こんな・・・俺・・・・でも・・・・・」
その先は言えなかった。
「ヌルいわーーーーー!!!!!!」ゴォォオン
「グハァッ!!」
相手の拳が鶴来を吹き飛ばす。
「そっちのガキは、限界みたいだな。キツイか??キツイだろ???おじさん優しいからさ〜バッチリ守り抜いたその後ろの子達も一緒に〜〜楽にしてあげるよ!!!。ッッッッッガハッハッハッハッハッハッハ!!!!!死ねぇぇえええええ!!!!」
4度目の正拳突きがピンポイントで迫ってきた。

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く