幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー異戦ー13ー

「・・・・ねぇ思ったら事あるんだけど」
そう霊夜が切り出す。
「どっちがどっち?」

その日霊夜達は太陽の花畑にいた。近くには、鈴蘭の花畑があり幻想郷でも飛び抜けて幻想的な場所だった。
「「「・・・・・」」」
「三人ともどうした?ここに来て急に静かになって。」
「ここは、幻想郷を抜いて危険な場所なんです、ここにいる妖怪が強者で・・・」
「あることに関しては直ぐ切れるの、」
「綺麗なんだけどね。」
「それってあの人の事?」
遠くで一組・・の緑髪と赤がベースの服を着た女性がいた。周囲には向日葵がそんな女性の周辺を回っていた。
「二人いるけど」
そう二人いたのだ。片方はもう片方を圧倒しており、どっちが味方が分からない。
「とりあえず気づかれない様に行こう。」
冒頭のシーンへ、

「とりあえず様子を見るか。」
「おホホホさっさとお殺られになるザマス!!!」
「うるさいわね、消し炭になりなさい。《花符 幻想郷の開花》」
「あぁあっちが本物だ。・・・・あれ?」
ふっと後ろを確認すると三人が少し離れたら所で隠れてた。
「何やってるの?」
「「「・・・・・怖い」」」
「あ、ハイ・・・まぁ気おつ!!!」
瞬間盾を生成し三人に放つ。
「ウヒョウ!!」
三人の後ろから声が聞こえた。
「「「え?」」」
盾の速度が認知出来ずぼ〜っとしていた三人だが、声を聞き慌てて隠れてた所から出て霊夜の後ろに回る。
「危ない危ない怖いなー」
そこには、赤いリボンをカチューシャの様に頭に巻き黒をベースにし、赤のラインが入ったドレスを着た、顔を赤らめてる小柄な金髪の少女がいた。
「こんにちわ?・・だよね僕は、・・・・まぁいいやねぇ危ないよいきなり攻撃してくるなんて。」
「お互いさまだろ?(何か似たような雰囲気をどこかで・・・??)」
「攻撃?違うよ僕はただその子達と・・・・ハードなスキンシップを取ろうとしただけだよ。」
目がイッていた。
「「「・・・・・・」」」ぎゅぅぅう
(あぁぁ久保さんだ。でもこっちの方が達が悪い・・・三人とも気持ちは分かるが少し強く掴みすぎ何も言わないけど。)
「あぁそのスラッとしたライン、可愛らしい顔、有るか無いかの胸、全てがパーフェクト!!!!ま、さ、に、幼女!!!!しかもそこの金髪の子も僕の心にクリーンヒット!!!あぁ早くここを征服したいそしたら自由にあんな事やこんな事が出来る!!!BBAがやってくれたあの子は後で楽しむとして、ま〜ず〜は〜君達でレッツパァリィィィイイイ!!!!(早口)」
「・・・三人とも多分アイツが言ってた子があの妖怪の後ろでかばわていると思うから保護して。こっちは、絶対殺す。流石にアリス、レミィ、さとりがあんな目で見られてるのを聞かされたら、黙っていられない。」
「霊夜・・・分かった気おつけ」
「ありがとう霊夜」
「ありがとうございます霊夜さん気持ち悪いので早く倒して下さい。」
「さてと言い残すことは?」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く