幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー異戦ー11-

「・・・・・・・」
「霊夜どうしたんだみょん?」
「少し嫌な事があって・・・・それで」
「何があったんだみょん?」
「私から言えない。・・・そういえば人里の結界が消えてるけどどうしたの?」
「いきなり消えたんだみょん、だから今慧音さんと妹紅さんが確認に行ってるんだみょん」
「・・・・」
「・・・・・・・・よし、」
何かを決めたアリスは、霊夜に近ずく。
「霊夜・・・・」
「ん?あぁ、アリスか、どうした?」
「その・・・霊夜は、外の世界でどんな事してたの?」
「・・・・傭兵団、その・・・リーダー。仲間、ファミリーからは、団長や、パパ、父さん、兄貴とか色々な名前で呼ばれてたな。・・・・皆二十代より下で一番幼くてまだやっと歩ける様になった子までいた。」
「そんな年の子まで・・」
「妹達があ、血は繋がってないけどなその妹達があっちこっちの戦場から拾って来たんだ。そしたらその拾い子が、自分たちに戦い方を教えてくれって言ってさ、結果二百人を超える小さな傭兵団ができた。俺は、その時家族ってこうゆう物なんだなって思った。そしてこの家族を守る・・・までは、いかなくとも帰れる場所を作ってそこを護るそして見守ろうって思ったんだ。けど今、現に俺はここに居る、あいつに後を任せたけどあいつは、俺と違う。そして俺は、小心者だ、ビビりだこうして又失いたくないから君達ともこれ以上親しくならないように無意識に引いてる・・・・・・ごめん少し喋りすーーー」
霊夜は、暖かい何かに包み込まれる。
「・・・・アリス?」
「それでもこうして私達を守ろうとしてるんだからこの世界、幻想郷を救おうとしているんだからそれだけでいい、それにその霊夜の仲間がどれ程強かったか知らないけど私達は、そんな簡単にやられないよ。それに・・・・もし・・・その寂しかったら・・・わ、私がそのか、家族になってあげなくもないわ」
「アリス・・・ありがとなあともう大丈夫だぞ抱きつかなくても。」
「あらまだこのままが良い?そうじゃぁ特別にもう少しこのまま抱きついとくわね」
「え?いや、・・・・まぁ・・・いっか」
「・・・・・・///////」
「・・・・・・・」
「パパ~~~~~~」
饅頭みたいな何かが三人の間を凄まじい速度でとうり抜ける
「「「セザンヌッ!!」」」
「「「ひでぶぅ!!」」」
「あでゅし!!」   ザク
「ぐほぉっ!!」   ボシュ
「あべしっ!!」   ゴキュ
何かが二回ほど跳ね地面に突き刺さる音が聞こえる
「ん?あぁゆっちどうした?・・・・何吹き飛ばしてきた。」
「お兄いしゃんたち!!」
「え?ちょごめんアリス!!」
「あ・・・・まぁこれで前進できたからいっか」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く