幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー番外編ー鬼ー

「・・・暇だな」
俺は屋敷の中を一人ぶらぶらと歩いていた。
「ふぁぁああ・・・眠けは、無いけど精神的に眠い。・・・・ん?」
外から楽しげな声が聞こえ、窓から覗いて見る。
そこでは、フランが見知らぬ女の子二人と芝生に座りお喋りしていた。
(フランにもちゃんとした友達がいたんだな。屋敷からほとんど出ないって言っていたけど。どんな話してるのかな?やっぱ女の子らしい会話だろうか。)
すると、こちらにフランが気づき手を振ってくる。それを見て、他の二人も気づく。
こちらも手を振り返し邪魔しない様に移動しようとしたのだが
「お兄様〜〜こっち来て〜」
呼ばれた。
「分かった今行く。」
三階にいたのだが躊躇なく窓から飛び降りる。
「わ〜い」
駆け寄って来たフランは、そのままの霊夜に抱きつく。
女の子二人と俺は、驚く。
まぁ俺は、日常茶飯事でほぼ毎日やられてる(目が会ったらやって来る)友達の前でこの行動をとった事に驚いた。
女の子達は、フランの行動に驚いているが、
「ふにゅぅ〜」
「フランちゃんがあんなに懐くなんて・・・」
「何者なんだあの人間」
「・・・えっと俺は霊夜、今はここにお世話になっている者だ。よろしくな、」
「私は、こいしって言うんだー。よろしくね?」
ミントグリーンの女の子が言う。
「本当は、人間なんかに名乗る名前は無いが、フランちゃんが可愛いから、特別なのろう、私は、宝獣 ぬえだ。」
矢印みたいな羽を持つ女の子が言う。
「あぁよろしくな、それでフラン呼んだのは、良いけど何?」
「ん〜〜〜自慢?」
「それだけ?」
「それだけ」
「「「「・・・・・・・・・・・」」」」
「マジですかい。」
居心地がビミョーに悪くなり言い訳をして、この場を去ろうとした時
「あ、そうだせっかく人間もいるんだし"鬼"久しぶりにやらない?」
「「ぬえちゃんオメガグッチョブ」」
「鬼?なんだそれ」
「えっとね、普通の鬼ごっことそこまで変わらないんだけど鬼に捕まったら・・・」
「捕まったら?」
「ピチュらせられるんだ。(あとスペルカード禁止)」
「鬼だ!!確かに鬼だ、だからごっこが抜けてたのか、」
(普通の戦闘でも弾幕ごっこって言うのに、ごっこじゃ無いなんて・・・・)
「それじゃ数えるからお兄さん逃げてね。」
どうやら俺はすでに遊び相手として、捕まっていたらしい。


「・・・・・・・・まいたか?」
「ミーーーツッケターー」
「!!!!」ザァァァアア
「ぬえ様に狙われて逃げれるとでも?」
「ッツ!!」ットットト
「あははは待て待て!!!!」
「鬼畜だぁぁぁあああ!!!!」
まいたと思っても後ろにいる、逃げた先にいる、ワンパンされる弾幕が後ろから迫る。カオスだった。
「・・・・今思ったんだが俺勝利条件曖昧じゃね?」
鬼ごっこでは、鬼は逃げるもの全員を捕まえたら勝利だが、逃げるものは、逃げ切ったら勝ちとゆうほぼ先が見えない。つまり・・・・
「終わりが俺がピチュル事・・・・」
「もう逃げられないよ?」
「あ!!しまった!!!!」
考え事に気を取られ過ぎてたらしい囲まれてしまった。
「人間にしては、よく出来た方ね。褒めてあげる」
「私達が勝つもん!!」
「「「せーの!!!!」」」
色とりどりの弾幕が空を切る。
「当たるか!!」
弾幕同士を当てる様に逃げる
「グッ上手い」
「ほへ〜」
「お兄様やっぱ凄い!!!」
(何発かかすったぞ、このままじゃジリ貧だ、それに今度も弾幕"同士"を当てて逃れられる・・と・・は・・・・"同士"を?・・・・かけるか、)
霊夜は中央で立ち止まった
「どうした人間諦めたのか?」
「もう、詰んだんでね、」
「なら死ね!!!」
後ろからはフランとこいしの弾幕が、斜め上からぬえの弾幕が迫り来る。
「諦めた訳では、無いけどね!!」
最低限の動きで、"その場"にとどまる様に動く。
「当たれ〜〜!!!」「ムゥ〜〜〜」「まだまだ!!!」
ある程度した時
「はぁっ!!!」
全力で弾幕をそらした。
「「「あ、」」」ビッチューン
それた弾幕は、半円を描き3人に命中した。
「た、たす、助かった。」
「ご飯ができ・・・・」
いきなり現れた咲夜は、その場に座り込む。
「どうし・・・・あ、」
視線の先を追うとそこには、クレーターや、一部かけた低木、あちこち立ち上る煙、そんな、庭があった。
「・・・・後で手伝います。」
「お願いします。」
ピチュった三人を回収し屋敷の中に入って行った。
(もう鬼なんてやりたく無い)
そう心に決めた。

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く