幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー巡りー12-

「や、やめて下さい!!私は、何もしてません!!」
「うるせぇ!ごちゃごちゃ言う―――     ガシ
男が石を投げようとした時後ろから手首をつかまれた
「はいはい、少し落ち着こう」
そのまま男達と女の間に入る。
「何だてめぇは!!」
「・・・・確かに俺と言う存在は、何なんだろうな?まぁそこは、置いといて。君たちは、何してるんだ?」
「何って人里から追い出そうとしてんだよ!!‘‘妖怪‘‘をな!!」
「妖怪・・・ねぇ」
すぅっと視線をずらし、女の子を見る。
ピンク色の髪が特徴的でジト目の可愛らしい女の子がそこに座り込んでいた、がその胸には、三つ目の眼がありそこからチューブが伸びていた。
「ッツ――」
その子は、おびえたように霊夜を見たが、
「ちょっと失礼」
霊夜は、懐から薬を取り出し腕などの見える範囲で怪我をしてる所に塗ったするとすぐさま怪我がふさがり綺麗な肌が残った。
「!!!!!!!!!!!!!!」
その子は、驚いた顔をしていたが薬では、無く霊夜の行動に驚いたようだ。
「おま、何してる!」
「何って・・・永遠亭印の怪我薬を縫ってあげただけだよ。凄いねここまで即効性があるなんて」
「うんまぁそこの薬は、良いよなって違-ーーーう!!!」
「何が??」
「何で妖怪なんかの怪我を治して要るんだ!!」
「それが?」
「はぁ?」
「それがどうした、彼女が妖怪だろうが人間だろうがそれは、表面上の違い種族の違いでしかない。確かに彼女が何かし、害を生んだのならこうなっても俺は、助けないし見捨てる。」
その言葉を聞き後ろでビクついた音が聞こえる。
「その反対で君たちが害を生んだのなら同じことをする。なぜなら彼女も君達も生きてる事には、変わりは、無いからだ。」
「妖怪と人間が平等の立場にいるとでも思ってるのか!!」
「それは無い、実際人間は、2割も行かない人数だろそれに対して妖怪は、5割圧倒的な差だ。」
「そうだ、それに加えて圧倒的な実力の差がある。危険なんだよ、妖怪がな」
「確かに人間は妖怪に簡単に殺されてしまう。それがどうした」
「「「「はぁ??」」」」
「誰もが生きるので精いっぱいなんだから。それが人間でも妖怪でも、」
「てめぇ・・・どんな頭してやがる」
「知らない、見たことないもん」
「狂ってるぞ」
「・・・それが俺らの生きる世界だからな、それが俺らの常識。それが俺らの・・・生き方だ。」
「クッ」
「お互いにお互いの正義があり、お互いが悪に見える。どちらも正しいのにどちらも正しくないと思っている。お互いの考えが合わない、だから争いが起きるお互いの正義を信じて・・・」
「駄目だ!!こいつ恐らくだが妖怪に操られてやがる!!」
「・・・・マジか・・はぁこりゃ聞く耳持たないな。」コクリ
「やっちまえ!!」
「《幽鬼剣 妖童餓鬼の断食》」「《魔法 紫雲のオーメン》」「《流電 ショック》」  ドドン ガンガン  バチィ
「うっ」「がぁ」「ごはぁ」「アバババ」    ドサササササ
霊夜が首を縦に振った後路地の入り口から二人の人影が入り一人は、刀でもう一人は、身体強化の魔法で、落とした。
「ふぅあ、ありがとね加入してくれて、」
「いえいえ当然のことですから。」
「そうです。それに私もあの人間たちは、気に食わなかったので、」
「それ、同感。偏った考えだったしな。っと立てる?」
手を伸ばし、少女に貸す。
「あ、ありが・・と・・・う・・・・ござ・・・・・・います。」
「どうも、さてと、念の為はいこれ、」
霊夜は先ほどの薬を渡す。
「俺らには、必要ないから貰っといてくれ。それじゃ今度は、気おつけれよ」
「あ、そのま、ま、・・・・・・はぁ」
霊夜は、人ごみに消えて行った

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く