幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー巡りー21-

ー巡りー21ー

「色々ありがとな妖夢」
「そんなことないみょん・・・・幽々子様そろそろ皐月ちゃん離してあげましょうみょん。」
「え~・・・・霊夜~~皐月ちゃん置いてって~~」
「えっと・・・」
「・・・・・・・(フルフルフルフルフルフルフルフルフルフルフルフルフル)」
「ほらこんなに私と居れる事喜んでいるんだし」
「!!!!!!!!!!(ガーン)」
「あ、いや俺のじゃなくて一応レミィ達のなんで預かってる?だけですし・・・」
「ほら幽々子様離してあげましょうみょん。」
「ぶーーー」パッ
「霊夜さーーーーん!!!!」
解放された皐月は、猛スピードで定置に入り込んだ。
「おっと」
「すみません。うちの主人がみょん」
「いえこっちも好きにして良いと言った訳ですし。」
「そう言ってもらえるとありがたいですみょん。そう言えばこの後は、どうするんだみょん?」
「知り合いに地底に来て欲しいって言われててね。そこに行くつもり。」
「それでしたら一度博麗神社に行って下さいみょん」
「博麗神社?結界の管理をしている?」
「そこの霊夢・・あ、博麗の巫女のことですみょんそこで許可を貰わないと地底には、入れないんだみょん。」
「え?そうなのか??」
「勝手に入れるけど天然迷路で結界が貼ってある所からじゃ無いとたどり着くのは、無理だみょん。」
「マジか・・・・なら早く行かないとな。ありがとうな妖夢もう行くよ」
「気おつけるんだみょん。」
「歓迎するから皐月ちゃんと来てね〜〜」
「か、考えときます。」
「・・・・・(ヒーーーーー)!!!」
あの時のスケボーを再度作り、今度は、ゆっくりと降りてった。


「・・・・・・あれ??」
「どうしたの妖夢」
「なんか魂が少ないような・・・・・」
「そりゃ十万三千二百九もの魂が消えたもの」
「そんなにみょん!!!?いきなりどうしてそんなに消えたみょん??!!!」
「食べちゃった」
「へ?」
「お肌の調子が悪かったから五千ほど食べたらやめられなくて・・・・」
「何してるですみょんか〜〜〜〜〜〜〜!!!!」
「だって〜〜」
(彼らの願いだったもの。霊夜の魂と混ざり合ってた彼らは人格が無くて完全に同一していたあんな綺麗に混ざるなんてお互いの同意が無いと無理なのよ。それに最後の感情が皆幸せ、達成感で満たされていたしね。)
「聞いてるみょんか??!!」
「聞いてるわよ〜〜〜」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く