幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー巡りー23-

「「「ズズッズッ・・・うまし」」」
現在神社の縁側でお茶をいただいている。
「そうでしょ?このお菓子もおいしいわよ」
序にさっきからこの少女は、この調子である。まぁ俺のせいだが・・・
実は、ここのお金の価値明治時代と同じなのである。つまり一円が、二万円五百円札二枚で・・・察しろあの爺さん何者だ?てか、お金で困ったら来いって言われたし。
「それは、そうとここって博麗神社で当たってるよな?」
「そうよそして私が博麗の巫女、博麗霊夢よ!!」
「あぁ良かった・・少しお願いがあるんだけどいいか?」
「良いわ、聞いてあげる」
「地底への許可証が欲しんだ。」
「・・・・・・・・」
瞬間ピシッと空気が切れるような感覚がした。
「理由・・理由を聞いても?」
「ちょっと知り合いに来てほしいって言われててね。約束を果たしに」
「そう・・・」
「出してくれるか?」
「・・・・・・良いわ」
「良かったなら「ただし!!」・・・」
霊夜は、距離をゆっくりと取る
「私と戦うことが条件よ。てか分かった様ね、」
「あぁゆう空気は、慣れていてね、そうゆう空気ばっかの所にもいたしね、」
「それが本当なら中々出来るわね貴方・・・・名前は?」
「言って無かったな、霊夜だ・・・・始める前に理由を聞いても良いか?」
「あそこはね、幻想郷でも気性の荒い妖怪・・喧嘩好きの妖怪が集まるとこなの、集まるだけあってそれなりに強い。そんな所に人間を送り込んで死なれちゃ私に責任が回ってくるのよ」
「つまり面倒と、」
「そうゆう事ね、だから割とガチで貴方を潰すわ」
「幻想郷人間最強か、来い!《製造 双鎖盾》!!!」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く