幻想魔動人形記

ノベルバユーザー189431

ー巡りー38ー

「ふぅさてどうしようかな?これ」
(再生出来るか?魔力の流れは、以外に落ち着いてる。漏れも無い焼けたから傷口が塞がっているのか。)
「足りるのか?魔力。空気だけじゃ足りない。何か物体を・・・」
「霊夜さん!!!!!!」
「ありゃバレちゃったか。」
さとりと皐月、お燐が走ってくる。
「大丈夫ですか?!!!私のせいで私のせいーーー」
「大丈夫だから条件さえ揃えば元に戻るよ」
「本当・・・ですか?」
「本当だって俺人間じゃないし。」
「「え?」」
「皐月、お空は?」
「あのまま力尽きて眠ってます。しばらくは起きないんじゃないんですか?」
「そうか・・・よっと」
すると霊夜の両足の焼け跡からワイヤーが伸び軽い足を作る。
「後でゆっくり新しいの創るか、どうせなら少し性能を上げるか。」
「気おつけてくださいね。」
「ほら二人共戻らないと。残っている奴がいるんだろ?心配させないように早く行こう。」
「「・・・・・え?」」
「本当に大丈夫なんですね。」
「すごい・・・」
「お空は、まかせていいか?流石に今の足に耐えれるか不安で」
「それならあたいが運ぶよ。」
「さとりさんは大丈夫か?肩ぐらいなら貸すよ?」
「じゃ、じゃあお願い」
「・・・普通に話せてる・・・あのさとり様が」

「幻想魔動人形記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く